読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    723: 名無しの読書家さん 2018/05/03(木) 03:10:30.37
    スレイヤーズは一応敵強かったろ、偶然拾った勝利みたいな展開多かったし
    なろうの多くはザコ敵に似非ピンチだし
    中には、ここらで負けイベントいれときますねってまえがきだかに書くようなのすらあるし

    ❝チートなしの地に足のついたファンタジーを知らないか?❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/11(金) 18:52:16.87 _USER
    2018/5/11 NEWS, アニメ
    2013年に放送されたスニーカー文庫発のTVアニメ『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』全10話のニコ生一挙配信が、2018年5月12日(土)に実施されることが決定した。
    問題児シリーズを手掛ける竜ノ湖太郎氏の最新刊となる『ラストエンブリオ』第5巻、そして『ミリオン・クラウン』第2巻が6月1日に同時発売することを記念したもの。
    本作を視聴したことがある方もそうでない方も、あらためて振り返ることのできる貴重な機会となっているので忘れずに視聴してもらいたい。

    no title


    【イントロダクション】
    世界に飽きていた逆廻十六夜(さかまき いざよい)に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を開けた瞬間――完全無欠な異世界にいました!
    そこには猫を連れた無口な少女・春日部耀(かすかべ よう)と、高飛車なお嬢さまの久遠飛鳥(くどう あすか)、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。彼女が箱庭世界のルールを説明しようとしたら
    「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!? そんなこと黒ウサギは頼んでないのですがっ!! 弱小コミュニティ“ノーネーム”再建のため、3人の問題児たちが魔王に挑む!


    TVアニメ『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』全10話ニコ生一挙放送

    配信日時: 2018年5月12日(土) 18:00~



    また、発売となる『ラストエンブリオ』第5巻、そして『ミリオン・クラウン』第2巻にはそれぞれ購入特典として、『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』の主人公である十六夜が過去と「親友」について語るオーディオドラマ(前・後編)
    が付属することも決定している。『ラストエンブリオ』に前編、『ミリオン・クラウン』に後編が付属する。アニメシリーズを視聴して、オーディオドラマもぜひ聴いてもらいたい。
    『ラストエンブリオ』最新5巻と竜ノ湖太郎氏の新シリーズ『ミリオン・クラウン』最新2巻は、スニーカー文庫より2018年6月1日同時発売。『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』も全12巻で発売中。

    http://ln-news.com/archives/73336/post-73336/
    ©2013 竜ノ湖太郎・天之有/角川書店/プロジェクト「ノーネーム」


    ❝『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』ニコ生一挙配信決定❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/04(金) 23:08:18.51 _USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/

    5月4日 18時36分
    ことしのノーベル文学賞の発表が見送られたことについて、村上春樹さんがデビュー当時、よく訪れていた東京・渋谷区にある神社では落胆する声が聞かれました。

    村上春樹さんがデビュー当時を過ごした渋谷区千駄ヶ谷の、よく足を運んだという「鳩森八幡神社」では、毎年、ノーベル文学賞の発表の日になると大型のスクリーンが設置され、発表の瞬間を見守るイベントが開かれます。

    神社の禰宜を務める平野英二さんはことしのノーベル文学賞の発表が見送られたことについて、「ことしこそはと村上先生の受賞を期待していたので非常に残念です。イベントを訪れる人は年々増えており、ことしもさらに増えるのではと期待していました。地域全体で村上先生の受賞を待ち望んでいたので、本当に残念です」と話し、来年の発表に期待を寄せていました。

    書店の反応は

    ことしのノーベル文学賞の発表が見送られたことについて東京・豊島区の書店では、残念だという声が聞かれました。

    この書店ではノーベル文学賞の発表が近づくと受賞が期待される作品のコーナーを設けたり、受賞作が発表されると特設のコーナーを設けたりしています。

    書店の店員は「毎年、大きな反響がある賞なので書店としてはコーナーを作れないのが大変残念です。でも、来年は逆に受賞作への注目が集まっていつもより盛り上がると思うので来年に期待したいです」と話していました。

    書店を訪れていた20代の女性は「そういうことがあるのかとびっくりした。話題作があれば、その本を買いたいと思うし、残念だが、来年に期待したい」と話していました。
    また50代の男性は「ことしの発表の見送りは賢明な判断だと思う。信頼が損なわれないようにしてもらいたい」と話していました。

    ❝ラノベが好きなら村上春樹を読んでみるといいかもしれない❞の続きを読む

    hair_barcode

    652: 名無しの読書家さん 2018/05/03(木) 00:39:31.19
    おっさんが追放されたけど実は有能でしたって展開は無理がありすぎて俺には無理だわ
    そもそも追放される無能と思われてる時点で有能とは言えない気もするし

    ❝ガチ無能な主人公で面白い話を書くのは無理だろうか❞の続きを読む

    このページのトップヘ