読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/1/18】けのんさんが『あな突き部へようこそ』を更新したそうです。
    【2018/11/30】PC版のコメント欄にIDが表示されるようになりました。

    23: 名無しの読書家さん 2018/09/02(日) 07:48:45.63
    セブンス 【完結済み】 
    ttps://ncode.syosetu.com/n3250cl/ 

    実家から追い出された主人公が冒険者となり、最後は皇帝まで成り上がるお話 
    異世界転生やステータスなど、なろうのお約束要素はゼロな、純粋ファンタジー 
    この世界は誰もが経験を積んで成長(LVUP)した際に、しばらくの間だけ普段とは違った 
    ハイテンションな人間性が現れるのだが、主人公のフィーバータイムは毎度面白い 
    あと構ってちゃんなメイドのモニカとヴァルキリーシリーズのやりとりがとても好き 
    ヒロインは10人を超えるが、みんなチョロすぎて誰一人萌えなかった 
    7巻まで書籍化されてるし、アマレビューも高評価、個人的オススメ度は7.5/10 
    最後の戦いの内容の酷さと、戦後のエピローグの物足りなさだけが残念だった 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)

    ❝なろう小説のオススメ・評価スレ【2018年9月版】❞の続きを読む

    shinpai_haha_man_middle

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/30(木) 19:54:56.15 BE:328765197-2BP(1669)
    https://anond.hatelabo.jp/20180830181714
    ■独身四十代の孤独は凄まじい。

    いい一日でも悪い一日でも、

    朝から晩まで孤独なことは同じ。

    いくら収入があっても何を持ってても

    誰とつるんでも虚しいだけ。


    家族持ちの奴らは、何年も俺に会わなくても何の支障もない。

    けど、独身の俺はひたすら動き回ってないと孤独に追い回される。

    趣味の集まりに行っても、その趣味のことしか話題のない自分が浮く。


    なんてつまらない人間なんだろうと泣けてくる。

    そのくせ、年だけとるから周りも気を遣う。


    なんのために生きてるんだ?

    生産性もない、人間性も幼稚、

    給料は余計に取るのに若者や世帯持ちほど真剣に働きもしない。


    なんのために生きてるんだ?

    世帯持ちに比べて、

    独身でいることだけだ心の拠り所だったのに、

    それすら足かせと認めてしまったら

    俺はどうしたらいいの。

    ❝独身40代は休みの日何してんの?❞の続きを読む

    camp_tent_man

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/20(月) 17:55:48.14 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000004-jij-bus_all

    1990年代半ばに団塊世代がけん引したキャンプ人気が、再び高まっている。
    親子連れ中心の一般的なキャンプに加え、近年は手ぶらでの豪華なテント泊、
    1人でのキャンプなど、さまざまな楽しみ方が登場。市場拡大を見込み、
    関連商品の製造販売に新規参入する企業も増え始めた。

    日本オートキャンプ協会(東京)の推計によると、車を利用したオートキャンプの
    2017年の参加人口は840万人と5年連続で増加。このうち約2割が経験1年未満の初心者という。
    かつてキャンプ人気を支えた人たちの子どもで「団塊ジュニア」と呼ばれる世代が、
    最近のブームのけん引役だ。

    同協会関係者は「インターネット交流サイト(SNS)でキャンプ中のおしゃれな情景を発信したり、
    冬場にキャンプをしたり、楽しみ方が多様化している」と指摘。90年代とは違った愛好者の
    裾野の広がりが、キャンプ人気の定着につながればと期待する。

    初心者層を中心に人気なのは、近年急速に増えている「グランピング」と呼ばれるキャンプ形式だ。
    あらかじめ設営されたテントに家具などが用意され、ホテルに泊まる感覚で気軽に楽しめる。
    アウトドア用品販売のスノーピーク(新潟県三条市)は昨年6月、京浜急行電鉄と組んで
    神奈川県横須賀市に常設のグランピング施設をオープン。今後は専用商品の開発にも力を入れる。

    関連商品の製造販売に新規参入する動きも目立つ。老舗アパレル企業の三陽商会は今春、
    初のアウトドア向け衣料ブランド「5LAKES&MT」を立ち上げた。またスポーツ用品販売のアルペンは
    4月末、新業態のアウトドア専門店を愛知県春日井市にオープン。他県から訪れる顧客も多いという。
    水野敦之社長は「非常に好調」と自信を見せており、今後も同様の店舗を増やす方針だ。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534739417/
    1が建った時刻:2018/08/20(月) 10:07:50.87

    ❝キャンプ人気が再燃しているらしい△❞の続きを読む

    このページのトップヘ