読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    325: 名無しの読書家さん 2017/12/17(日) 16:37:46.40
    オンマイオウン編の情報きた

    TVアニメ「フルメタル・パニック!IV」‏ @fullmeta_iv
    『フルメタル・パニック!IV』より2種類の最新ビジュアルを公開いたしました! まずはメカビジュアルのご紹介です! #フルメタ #fmpiv
    no title

    no title


    TVアニメ「フルメタル・パニック!IV」‏ @fullmeta_iv
    そして『フルメタル・パニック!IV』新キャスト情報! リー・ファウラー:杉田智和、ヴィルヘルム・カスパー:てらそままさき、サビーナ・レフニオ:井上麻里奈、サチ・シノハラ:内田彩、ナミ:茅原実里、ミシェル・レモン:津田健次郎(敬称略)。 #fmpiv #フルメタ

    ❝TVアニメ『フルメタル・パニック!IV』最新ビジュアルへの反応❞の続きを読む


    ea4829c10754326b483f1de6ccb190ec_s

    優れた散文作品に贈られる第44回大佛(おさらぎ)次郎賞は、作家の高村薫さんの長編小説『土の記』(新潮社)に決まった。
    『土の記』は奈良県山間部の集落を舞台に、農業と人の営みを重層的かつ綿密に描く。72歳の主人公は独り稲を育てながら、介護の後に死去した妻を追想し、不実を疑うなど、夢か現(うつつ)か判然としない日常を生きる。

    一方、読者は著者の土壌や農業の知識に圧倒されながら、誰もが避けられない老いや死を考えさせられる。現代人の技術過信や自然に対する畏怖(いふ)心の欠如など、著者ならではのメッセージも感受するはずだ。



    ❝第44回大佛次郎賞は高村薫さん『土の記』❞の続きを読む

    544ea2e5ab759189ac00f2c191f16c2f_s

    12月15日、安井健太郎さんの『ラグナロク』第一章 11が投稿されました。
    1998年に角川スニーカー文庫で刊行、2006年に未完のまま終了した後、今年8月から「小説化になろう」でリブートが開始された作品です。

    2000年前後のスニーカー文庫の看板を張った人気ファンタジー『ラグナロク』が小説家になろうでリブートされて話題になりました。
    すみません、昔のも今のも読んでないのでそれ以上の感想はないのですが、プロ作家が「なろう」や「カクヨム」に投稿するのも、もはや珍しくなくなりましたね。

    人外の化け物“闇の種族”が跋扈する世界を相棒のラグナロクとともに旅するフリーランスの傭兵リロイ・シュヴァルツァーは、南部辺境地域の大都市ヴァイデンの領主から仕事の依頼をされる。
    だがそれは、ヴァイデンを牛耳る暗殺ギルド“深紅の絶望”による罠だった。暗殺者、獣人、そして“闇の種族”たちが次々とリロイに襲いかかる。

    664: 名無しの読書家さん 2017/12/15(金) 19:05:22.93
    更新きたぞ


    ❝安井健太郎さん『ラグナロク』(リブート)の感想❞の続きを読む

    819888

    昨今、絵本業界では、過激な表現をやわらかにした「マイルド絵本」が多くなっているという。おばあさんが狸に殺されない『かちかちやま』。最後は鬼と仲良くなる『ももたろう』。悪さをしたオオカミが子ブタから報復されない『三匹の子ブタ』など、最後は仲良く大団円という誰も傷つかない内容がそれだ。一方で、マイルド化への“アンチテーゼ”かのように、昔ながらの絵本表現を重視している出版社もある。そこで、過激な表現をあえて残す絵本編集者に、その“編集意図”と“子どもたちへの想”いを聞いた。

    ❝インタビュー「“マイルド化する絵本”への警鐘」への反応❞の続きを読む

    このページのトップヘ