読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    1: 名無しの読書家さん 2018/04/09(月) 22:39:39.19 _USER
    キャンプ好きの女子高生の日常を描いた漫画「ゆるキャン△」(あfろ作)がキャンプ人気に火をつけている。とりわけ主な舞台になっている山梨県のキャンプ場は利用者数が一気に前年同期の3倍以上に増え、アニメの“聖地”不足に悩んでいた同県からは歓迎の声があがっている。

    ■キャンプ初心者にも話題

     「ゆるキャン△」は、平成27年から「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のアウトドア系漫画。山梨県在住の女子高生たちが、キャンプや仲間との日常生活を通じて友情を育み、成長していく作品だ。今年1~3月にはアニメ版が放送された。

     野外の解放感や食事のおいしさ、星空の美しさ-といったキャンプの楽しさを忠実に再現しているのが、なんといっても魅力だ。
     また、「キャンプ場に合わせたたき火の方法」など実践的な知識を学べる点が、アウトドア経験のない漫画・アニメファンも引きつけた。

     作中には実際のキャンプ場・観光地をモデルにした場所が多く登場。ゆかりの地を訪ねるいわゆる「聖地巡礼」でキャンプを行うファンが急増。中でも恩恵に浴しているのが山梨県だ。

    ■全国地からファン集結

     「初キャンプでしたがとても楽しかったです」「本当に原作と何一つ変わらぬ景観を楽しめました!」

     漫画・アニメの1話に登場した、富士五湖の1つ、本栖湖畔にある「浩庵(こうあん)キャンプ場」(山梨県身延町)の管理棟の情報ノートには、九州や東北など全国各地から訪れたファンによる初キャンプの感想や、同作への思いがつづられている。韓国や台湾の人の書き込みもあった。

     オーナーの赤池宏文さんによると、この辺りは冷え込みが厳しく、冬季の利用者は他の季節と比べ少ないが、アニメが放送されたこの冬は例年の3倍以上の集客を記録したという。

     「ここで撮影した写真をSNS(会員制交流サービス)にアップし、それを見た別のファンが訪れ、『ゆるキャン△』のファンの輪が広がっているみたいですね」と赤池さん。

     本栖湖の北西に位置し、桜や紅葉など四季折々の風情が楽しめる四尾連(しびれ)湖畔の宿泊施設・キャンプ場「水明荘」(同県市川三郷町)も、「例年、冬場はキャンプ客がゼロの日もありましたが、この冬は週末ごとに多くのお客さんに来ていただきました」と、やはり「ゆるキャン△」効果を強調する。

    続きはソースで

    画像:漫画『ゆるキャン△』1巻
    no title


    産経ニュース
    https://www.sankei.com/premium/news/180409/prm1804090003-n1.html

    ❝【朗報】ゆるキャン△効果で山梨のキャンプ場利用者が3倍に❞の続きを読む

    638: 名無しの読書家さん 2018/04/07(土) 16:30:57.86
    男主人公 鬱展開や過度なシリアスがあって読むとイライラする(少年誌的主人公成長ストーリーみたいなやつ)
    女主人公 鬱展開も過度なシリアスが無くて安心して読める
    最近のおっさん主人公  鬱展開も過度なシリアスが無くて安心して読める

    こんなのが多い気がする

    ❝「さすご主」する奴隷ヒロインも恋愛の一種なのでは?❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/04/11(水) 21:25:01.08 _USER9
    「漫画村」がGoogleの検索結果から排除、削除申請者はハーレクイン

     著作者や出版社に無断で漫画作品をアップロードして閲覧可能にしていると大きな問題になっていた違法サイト「漫画村」がGoogleの検索結果から排除された。米国のデジタルミレニアム著作権法(DMCA:Digital Millennium Copyright Act)に基づく著作権侵害申請によるもの。申請者は日本の出版社ではなく、カナダの女性向け恋愛小説大手であるハーレクイン・エンタープライズと、同グループの日本支社であるハーパーコリンズ・ジャパンである。

     ハーパーコリンズ・ジャパンはソフトバンククリエイティブと共同で、恋愛小説のコミカライズを行っており、それらを「漫画村」が違法にアップロードしていたと見られる。ただし、4月11日18時現在、漫画村はアクセスできない状態になっており、申請されたURLがどの作品に該当するかは確認できない。


    漫画村は現在Bad Gateway表示になっている

     漫画村はユーザーの9割がスマホ経由で、中高生など若年層によるカジュアルな利用が多いとみられている。DMCA著作権侵害申請によるGoogle検索からの排除の成功はこうした利用者を漫画村から遠ざける効果が見込まれる。


     今回の申請の成功は、漫画村のような著作権侵害サイトの無力化に向けて大きな一歩となる可能性がある。
    http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/00830/

    ❝漫画村をGoogleの検索結果から排除させたのはカナダのハークレイン社❞の続きを読む

    このページのトップヘ