読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/21】山林イチョウさんが『悪は滅びた。正義も死んだ。〜正義のヒーローと悪のヒロインによる奇妙な異世界冒険譚〜』を更新したそうです。
    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/20(日) 03:06:32.34 _USER
    日本で制作されたアニメのとあるシーンが、世界中で論争を巻き起こした。
    問題となったのは女子高生たちがキャンプやアウトドアを楽しむ「ゆるキャン」の第5話で、
    スープパスタを作っている時にスパゲティを半分に折るシーンだ。
    この描写に対し「野蛮なやり方」「作者のTwitterに折った蕎麦の写真を送りつけよう」など強い非難が集まった。

    冒頭からなんのこっちゃと思っている人も多いだろう。そもそもスパゲティを半分に折るなんて、
    日本では珍しくもなんともないやり方だ。
    しかし、一部では(特にイタリア中心に)スパゲティを折ってはいけないと考える人は多く、
    今回のアニメのシーンは彼らの逆鱗に触れた形となる。

    ところで、そもそもスパゲティって折ってはいけないんだろうか?

    ■スパゲティ折ってもOK派の主張は?

    今回の話を進めるにあたり、まずはなぜスパゲティを折るのか、その理由を整理しておきたい。
    「食べ物なんて好きに食べればいい」という感情論はさて置くとして、合理的な理由としては以下のようなものがある。

    ・小さい鍋でも茹でやすい
    ・汁が飛び散らないから食べやすい
    ・袋を半分に折れるから保存しやすい

    なるほど、いずれも納得できる理由ではある。このほかネットで調べてみると「調理時間の短縮になる」という意見もあった。
    なぜ半分に折ることで調理時間が短くなるのか不思議ではあるが、
    おそらく「用意するお湯が少なくていい」
    「鍋に入れたときにスパゲティ全体が湯に浸かるので余計な茹で時間がかからない」あたりがその理由ではないかと思う。

    ■折らないパスタ原理主義者の主張は?

    さて、パスタを折ることを容認する人々がいる一方で、パスタを折ることに対してヒステリックに拒絶反応を示す人達もいる。
    彼らの主張をまとめてみたい。

    ・フォークに巻き付かないから食べにくい

    以上である。「それだけかい」と感じる人も多いだろうが、いろいろと調べてみても合理的といえる理由はこれくらいしかない。
    その他には「冒涜だ」「ふざけている」「不合理だ」「絶対にダメだ」などの理由があったが……
    とりあえず今回はカットしておこう。パスタを折ることで食べやすくなる/食べにくくなるという両方の意見があるのは、
    その人の食べ方によるといったところか。

    ちなみに、イタリア人でスパゲティを折る人もいて「自分も折って茹でたことがある」
    「自分は嫌だけど、好きにすればいい」などの意見も少数派ながら存在したことを記しておきたい。
    自分の友人でも1人だけ、イタリア人だけどスパゲティを折って茹でる人がいるので、そんな人も本当にいるんだと思います。

    関連ソース画像
    no title


    https://www.excite.co.jp/News/bit/E1525859094471.html
    続く)

    ❝ゆるキャン△第5話のスパゲティを折るシーンにイタリア人がお怒り❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/21(月) 10:15:48.91 _USER9
    小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める「銀魂2(仮題)」に、長澤まさみ演じる志村妙、岡田将生扮する桂小太郎、そして桂のペットである
    エリザベスが再び登場するとわかった。

    空知英秋のマンガをもとにした「銀魂」シリーズは、パラレルワールドの江戸が舞台のアクションエンタテインメント。2017年に公開された第1弾は、
    興行収入38.4億円という同年の実写邦画トップの成績を記録した。続く「銀魂2(仮題)」でも小栗が主人公の万事屋・坂田銀時を演じるほか、
    志村新八役で菅田将暉、神楽役で橋本環奈が続投し、役柄は明かされていないが佐藤二朗も出演する。

    長澤演じる妙は新八の姉。前作で変顔など振り切った演技を見せた長澤は「前作にくらべて銀さん、新八、神楽ちゃん3人と一緒に過ごすシーンが
    長かったので、より『銀魂』の世界観に浸れました。弟とのシーンが前回は少なかったので、姉さんができてとてもうれしい気持ちになりました」と
    続投への喜びを伝えた。銀時の幼なじみであり、かつての盟友である桂役の岡田は「前作では、アクションシーンなど桂のかっこいいシーンが
    沢山ありましたが、今作では、180度異なる桂を見せられると思います」と期待を煽っている。なお本作には桂とエリザベスの“想像の範疇を超えた”
    シーンも用意されているという。

    続投決定の発表にあわせ、妙、桂、エリザベスがピースサインを決めるビジュアルも解禁に。また明日5月22日より、公式Twitter、公式Instagram、
    公式サイトにて一部のキャスト情報が連日発表されていく。26日までの間に5名のキャストが明らかになる予定だ。

    「銀魂2(仮題)」は、8月17日より全国ロードショー。

    映画ナタリー 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000004-nataliee-movi
    no title

    ❝映画「銀魂2」エリザベスのキャストは山田孝之らしい❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/23(水) 12:54:40.92 _USER9
    「うつヌケ」ドラマ化!ココリコ田中直樹が田中圭一役を演じ、今秋配信
    2018年5月23日 12:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/283318

    ドラマ「うつヌケ」メインビジュアル
    no title

    田中圭一「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」の実写ドラマ化が決定した。今秋配信される予定で、配信媒体は未定。

    ドラマ「うつヌケ」では、サラリーマン、専業主婦、フリーターなどさまざまなバックグランドを持つ登場人物が鬱から抜け出す”うつヌケ”成功体験を1話完結型で再現。
    鬱に苦しむ人々の気持ちに寄り添いながら、その体験をレポートする主役・田中圭一役はお笑いコンビ・ココリコの田中直樹が演じる。
    また視聴者と同じ目線で鬱について学ぶアシスタント・カネコ役は大後寿々花に決定。監督は、乃木坂46・衛藤美彩の個人PV「衛藤美彩×畔柳恵輔」を手がけた畔柳恵輔が行う。
    原作者の田中圭一は、ドラマ化を祝してイラストを執筆。
    また5月24日にはKADOKAWAの文芸サイト・カドブンで、カプセルトイシリーズ「コップのフチ子」で鬱病から脱出した人を紹介する「うつヌケ」新エピソードが披露される。

    ◆主演・田中直樹(田中圭一役)コメント

    こうじゃなきゃいけない。ああじゃなきゃいけない。とあまり決め過ぎない様に生きようと僕は思いました。
    このドラマから僕はそんなヒントを頂きました。

    ◆田中圭一(原作者)コメント

    うつに苦しむ人の助けになれば…という思いで描き始めたマンガが、まさかドラマになる日が来るなんて、本当にありがたい限りです。
    あらためてスタッフ&キャストの皆様に心より御礼申し上げます。そして、このドラマもまた、うつに苦しむ方を救う一助になれば幸いです。

    ◆ドラマ「うつヌケ」
    主演:田中直樹
    原作:田中圭一「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊)
    監督:畔柳恵輔

    ❝漫画『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』ココリコ田中直樹さんが主演でドラマ化❞の続きを読む

    このページのトップヘ