読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/21】山林イチョウさんが『悪は滅びた。正義も死んだ。〜正義のヒーローと悪のヒロインによる奇妙な異世界冒険譚〜』を更新したそうです。
    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。

    1: 名無しの読者さん 2019/02/20(水) 13:53:24.41 _USER
    CHIROLUによる小説「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」のアニメ化が決定。公式サイトがオープンし、キービジュアルとキャスト情報が公開された。

    「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は、若き凄腕冒険者の青年・デイルが幼い魔人族の少女・ラティナと出会ったことから始まるアットホームなファンタジー。罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になったデイルだったが、ラティナのかわいさから次第に親バカになっていく。投稿サイト・小説家になろうにて発表され、HJ文庫より単行本が7巻まで刊行されているほか、ほた。によるコミカライズ版がComic Walkerにて連載されている。

    キャストにはラティナ役に高尾奏音、デイル役に岡本信彦が名を連ねた。高尾は自身の役について「ラティナは幼いながらもしっかり者で、賢くて本当にいい子です。でも弱い部分もあって、守ってあげたくなっちゃうようなピュアで可愛らしい女の子です」とコメント。岡本は「タイトルだけみてハーレムものだと勘違いしました」と作品への最初の印象を話し、「みんなを際立たせられればと臨んでいたのですが、娘を溺愛するクレイジーな男が出来上がりました」とアピールした。

    また原作者のCHIROLUからのコメントと原作のイラストを手がける景からのアニメ化を記念したイラストも到着した。なお本作はホビージャパンの50周年記念アニメ化作品として制作される。放送時期などは続報を待とう。
    no title


    ■原作者・CHIROLUコメント

    過去の自分にこんな事態が起こりうるのだよと告げることが出来ても、うさん臭い物を見る目で見られるだけだろうと思う今日この頃です。全てはありがたい御縁と読者をはじめとした皆さまのお蔭と存じます。心より深く御礼申し上げます。そして、『うちの娘の為ならば、俺はもしか したら魔王も倒せるかもしれない。』という、関係各所の皆さまの頭を抱えさせた矢鱈長いタイトルを勢いとノリで付けてしまったことについては、深く反省したい所存であります。

    no title


    https://natalie.mu/comic/news/320669

    ❝なろう小説『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』アニメ化❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2019/02/21(木) 01:29:46.26
    赤坂アカ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の実写映画化が決定した。白銀御行役を平野紫耀(King & Prince)、四宮かぐや役を橋本環奈が担当する。
    「かぐや様は告らせたい」は、由緒正しき名門高校を舞台に、学年トップの成績を誇る生徒会長の男子・白銀御行と、副会長で大財閥の令嬢・四宮かぐやの恋愛模様を描いたラブコメディ。互いに好意を寄せ合っているものの、なんとかして相手から自分に告白させようと目論むプライドの高い2人の、頭脳戦さながらのやりとりが展開される。本作は週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載されており、単行本は13巻まで発売中。現在TVアニメも放送されている。
    映画化にあたり赤坂は「イケメン代表として作中でも少し触れさせて頂いた平野紫耀さんに、説明不要の美少女、橋本環奈さん。凄い。夢みがちな人の妄想キャスティングでももう少し遠慮すると思います。お二人の忙しなく変わる色んな表情を見れると思うと、今から楽しみです」とコメント。平野は「僕が演じる白銀御行は天才という役柄ですが、僕自身はメンバーやファンの方々からよく天然と言われることが多いので、自分で大丈夫なのかなという不安があります(笑)が、これから監督さんやスタッフさんと相談しながら、天才とはどのような感じか、細かい仕草などを勉強して撮影に挑みたいと思います」と語っており、橋本はそんな平野を「平野さんは、テレビで拝見する限り、ある意味『天才』、そして素晴らしい『逸材』だと思っていました。天才は少し変わっているので、色んな意味で平野さんみたいな方はいないと思っていましたし、ピッタリだと思います」と評した。
    映画は平野の単独主演作品として、3月から4月にかけて撮影を行い9月6日に公開。監督を「ニセコイ」の河合勇人、脚本を「翔んで埼玉」の徳永友一が担当する。



    ❝『かぐや様は告らせたい』実写映画化! かぐや役はハシカン❞の続きを読む

    藤原・インスパイア・十四六さんより

    生き返りチートで世界最強~人生初の全クリはリアル異世界でした~

    読者さんへのメッセージ:
    チートとしては疑わしい能力とハーレムにもならない展開ですが、主人公が成長していきます。
    多くの方からのご意見頂ければ幸いです。


    小説の晒し行為について

    読み速晒し作品まとめ

    トップページ(ホーム)へ
    publicdomainq-0001395qijmqh


    このページのトップヘ