読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。
    【2019/2/16】作者さんからの要請により、【晒し】丘を越えろ、神託の王《Over the hell,Arthor the King》を2/19に削除します。

    SnapCrab_NoName_2018-1-10_15-12-19_No-00
    出典 YouTube

    1: 名無しの読書家さん 2018/01/09(火) 13:17:52.97 _USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0097429
    2018年1月9日

    映画『アバター』(2009)『タイタニック』(1997)のジェームズ・キャメロンがプロデュースを手掛け、日本の人気漫画「銃夢」を実写化した『アリタ:バトル・エンジェル』が、今年の夏に日本公開されることが決定し、日本版予告編と特別映像が公開された。

    本作の舞台は数百年先の未来。クズ鉄だらけの「アイアン・シティ」に打ち捨てられたサイボーグの少女アリタは、サイバー・ドクターのイドによって救出される。全ての記憶を失ったアリタだが、ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。

    原作は、漫画家・木城ゆきとが、1990年代に「ビジネスジャンプ」(集英社)で連載したSFバトルアクション。キャメロンは15年以上にわたってこの作品の実写化を企画していたが、『アバター』続編の製作にかかりきりになることから、『シン・シティ』『スパイキッズ』のロバート・ロドリゲス監督にメガホンをたくした。


    ❝木城ゆきとさんの漫画『銃夢』がハリウッドで映画化!❞の続きを読む

    このページのトップヘ