読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    544ea2e5ab759189ac00f2c191f16c2f_s

    12月15日、安井健太郎さんの『ラグナロク』第一章 11が投稿されました。
    1998年に角川スニーカー文庫で刊行、2006年に未完のまま終了した後、今年8月から「小説化になろう」でリブートが開始された作品です。

    2000年前後のスニーカー文庫の看板を張った人気ファンタジー『ラグナロク』が小説家になろうでリブートされて話題になりました。
    すみません、昔のも今のも読んでないのでそれ以上の感想はないのですが、プロ作家が「なろう」や「カクヨム」に投稿するのも、もはや珍しくなくなりましたね。

    人外の化け物“闇の種族”が跋扈する世界を相棒のラグナロクとともに旅するフリーランスの傭兵リロイ・シュヴァルツァーは、南部辺境地域の大都市ヴァイデンの領主から仕事の依頼をされる。
    だがそれは、ヴァイデンを牛耳る暗殺ギルド“深紅の絶望”による罠だった。暗殺者、獣人、そして“闇の種族”たちが次々とリロイに襲いかかる。

    664: 名無しの読書家さん 2017/12/15(金) 19:05:22.93
    更新きたぞ


    ❝安井健太郎さん『ラグナロク』(リブート)の感想❞の続きを読む

    819888

    昨今、絵本業界では、過激な表現をやわらかにした「マイルド絵本」が多くなっているという。おばあさんが狸に殺されない『かちかちやま』。最後は鬼と仲良くなる『ももたろう』。悪さをしたオオカミが子ブタから報復されない『三匹の子ブタ』など、最後は仲良く大団円という誰も傷つかない内容がそれだ。一方で、マイルド化への“アンチテーゼ”かのように、昔ながらの絵本表現を重視している出版社もある。そこで、過激な表現をあえて残す絵本編集者に、その“編集意図”と“子どもたちへの想”いを聞いた。

    ❝インタビュー「“マイルド化する絵本”への警鐘」への反応❞の続きを読む

    0a9cc1aa8949333caee8e2fe73d2928a_s

    岩手県の「さわや書店」では、2004年から独自に「さわベス」を選出しています。


    「さわベス2018」文庫編の1位は高田大介さんの『図書館の魔女』、そして書籍編の1位は柚月裕子さんの『盤上の向日葵』でした。



    1: 名無しの読書家さん 2014/11/30(日) 19:00:27.85
    美人だけど、硬派で正義感漂う作品に感銘を受けたよ。

    『このミス大賞』の「臨床真理 上下」「検事の本懐」など
    秀逸な作品も多い。  

    是非一読を勧める。
    ❝「さわベス2018」書籍編1位に美人作家の柚月裕子さん❞の続きを読む

    3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    12月12日、『ハリー・ポッター』シリーズの作者J・K・ローリング氏がウィリアム王子から「コンパニオンズ・オブ・オナー勲章」を授与されました。



    1: 名無しの読書家さん 2017/10/02(月) 12:18:52.320
    貧乏過ぎて自殺も考えたとか
    それがイギリスで100位内に入る大富豪だもんなぁ

    ❝「自殺を考えたことがある」J・K・ローリング氏に勲章❞の続きを読む

    このページのトップヘ