読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    0a9cc1aa8949333caee8e2fe73d2928a_s

    岩手県の「さわや書店」では、2004年から独自に「さわベス」を選出しています。


    「さわベス2018」文庫編の1位は高田大介さんの『図書館の魔女』、そして書籍編の1位は柚月裕子さんの『盤上の向日葵』でした。



    1: 名無しの読書家さん 2014/11/30(日) 19:00:27.85
    美人だけど、硬派で正義感漂う作品に感銘を受けたよ。

    『このミス大賞』の「臨床真理 上下」「検事の本懐」など
    秀逸な作品も多い。  

    是非一読を勧める。
    ❝「さわベス2018」書籍編1位に美人作家の柚月裕子さん❞の続きを読む

    3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    12月12日、『ハリー・ポッター』シリーズの作者J・K・ローリング氏がウィリアム王子から「コンパニオンズ・オブ・オナー勲章」を授与されました。



    1: 名無しの読書家さん 2017/10/02(月) 12:18:52.320
    貧乏過ぎて自殺も考えたとか
    それがイギリスで100位内に入る大富豪だもんなぁ

    ❝「自殺を考えたことがある」J・K・ローリング氏に勲章❞の続きを読む

    ポプラ社による「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」が開催されています。



    投票資格 2017年10月1日時点で、小学生であること
    投票締切 2018年2月16日(金)(締切日当日消印有効)

    同イベントのアンバサダーに芥川賞受賞作家でありお笑いタレントとして活躍する又吉直樹の就任が決定。又吉は、2018年5月5日(土)の「こどもの日」に実施される予定の「こどもの本総選挙」結果発表会に出演する。通算3,000冊以上の読書歴を持つという又吉は、自身が小学生だったら『えんとつ町のプぺル』に投票するそうだ。

    又吉直樹さんが小学生なら西野亮廣さんの『えんとつ町のプペル』に投票する――ということで、2chの『えんとつ町のプペル』のスレをまとめてみました。

    c35f46d59bed101126f7ebc275edbd45_s
    ❝「こどもの本総選挙」開催記念『えんとつ町のプペル』の感想❞の続きを読む

    847051

    Web小説投稿サイト「カクヨム」にて、12月1日から1月31日までの期間、「第3回カクヨムWeb小説コンテスト」が開催されています。



    10: この名無しがすごい! 2017/12/12(火) 18:26:56.95 ID:K8eN0ZQh0
    WEBコンって読者人気の足切りある方のコンテストだっけ?
    ❝【足切り】第3回カクヨムWeb小説コンテストの挑戦者たち❞の続きを読む

    小説投稿サイト「小説化になろう」から書籍化されたdy冷凍さんの『ライブダンジョン!』が3巻で終了となるそうです。


    ライダンのレビュー新たに二件もありがとうございます! 削除されてた分盛り返しててテンション上がりました。
    あと書籍版のライダンは残念ながら三巻で終わりです。自分の力が及ばず、申し訳ない。その他雑感などは完結後に活動報告で書こうと思います。
    取りあえず現状の更新頻度は二作品とも二日に一度更新で、休む時はツイッターで告知します。そんな感じで今後ともお願いしまーす。
    ↑へのコメント
    うーん、ホント意味がわからん。
    最近は、ライダンとは比べ物にもならないくらい微妙(個人の感想です)な小説が、書籍5巻だの6巻だの出てるし、それこそコミカライズしてるのに。
    嫁増殖するアレとか、クラス転移から逃れたアレとか。……具体的な名前は伏せますが、恐らく大半の人にはバレバレだろうなぁσ( ̄∇ ̄;)
    取り敢えず、こんな良作がこんな目に合うなんて納得がいかない。出版社が悪かったんですかねぇ?
    鷹崎朔耶  [ 2017/12/03 02:50 ]
    3巻後書きでそうではないかと思っていたのですが、やはり作者様自らハッキリ言われると凹みますね……。個人的な意見としては少しお値段高目のレーベルであったこと、1巻の表紙にアピール力が足らなかったこと、明確なヒロインが不在でツトムがヒロイン候補にも淡白であったことなどが売上に繋がらなかった一因かな。私としてはかなり面白い作品だと思うので、とても残念です。
    ホウキボシ  [ 2017/12/03 08:32 ]

    72f618490ad9e0eda43bc3e83fe7bc59_s


    ❝なろう書籍化作品『ライブダンジョン!』の感想❞の続きを読む

    このページのトップヘ