読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    2018年5月30日、中国紙・環球時報は「中国人が見たら怒り心頭の日本のライトノベルが、なんと中国に上陸していた」とする記事を掲載した。

    記事が取り上げたのは日本のライトノベル「二度目の人生を異世界で」だ。

    記事はまず、剣客である主人公の設定が「15歳で中国大陸へ渡り黒社会で活動。5年後に日本の『世界戦争』に従軍し、4年間の従軍期間中に3000人以上を殺害。94歳で亡くなった後に異世界で二度目の人生を送り、『人生の勝ち組』となり美女にちやほやされる」というものだと紹介した。

    その上で「この小説が2014年に連載された時点で主人公の年齢が94歳という設定なら、1920年生まれということになる。15歳で中国大陸へ渡ったのが1935年のことで、5年後に従軍した『世界戦争』とは1940年の第二次大戦だ。4年間に3000人以上の殺害とは、日本軍が中国を侵略した時期に成し遂げられたことになる」と指摘した。


    255: 名無しの読書家さん 2018/05/31(木) 13:00:19.27
    日中戦争で3000人を斬り殺した主人公が異世界転生先でまた殺戮を繰り返すというなろう小説原作アニメが制作される模様 [449241915]
    http://leia.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1527734165/

    ❝【ヘイトラノベ】『二度目の人生を異世界で』が中国で炎上!!→作者が謝罪、アニメ化は中止❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/30(水)23:11:55 ID:Td0
    あれつまり自分の存在がさらに高次元の存在によって管理されてるってことやろ
    よくそんな世界でハーレムつくろうとか思うよな
    自分の思考とかも覗かれてるかもしれんしワイやったら発狂するわ

    ❝なろう小説でステータスが数字で表示されるシーンよくあるやん?❞の続きを読む

    このページのトップヘ