【悲報】働いてない24歳さん、小説家を目指すか迷う

2019年11月20日

syusyoku_nayamu_neet_man

1: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:16:13.675 ID:7Beq3sxn0
働いてない

2: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:17:07.339 ID:tOKB88Ly0
絶対になりたくない
理由、ダサいから

3: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:17:43.401 ID:7Beq3sxn0
俺はなりたいの
面白い話を作ってお金もらいたいの

4: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:20:26.012 ID:7Beq3sxn0
どうすればいいの俺は
夢に懸けた人生を選択すればいいのか
24歳だし夢は諦めて別の仕事を頑張るべきなのか

5: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:20:45.483 ID:TFLIfS/s0
小説家がダサいって言う奴も珍しい

6: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:23:09.395 ID:tOKB88Ly0
俺は水嶋ヒロや又吉ですらダサいと思ってるから

7: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:23:37.457 ID:7Beq3sxn0
お前がどう思うのか何て聞いてない

8: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:24:35.265
なろうでトップ取ればなれるんじゃないのか

10: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:26:07.397
夢を追いかけろ
一度きりの人生だぞ

12: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:29:45.456 ID:7Beq3sxn0
小説家になる手段はいいんだ
いろいろあるから

でもその前の段階の話があるんよ
まず正社員にならないといけないんだ
で、興味があるのは塾講師か派遣SE
時間が取れそうなのは塾講師よな
でも給料がいいのはSEだろ
もし夢が叶わなかった場合、俺は給料低めの塾講師としてずっと働くことになる
それでいいのかなって

29: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:33:02.306
>>12
いいんだよ

14: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:32:31.980 ID:7Beq3sxn0
いいのかな

15: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:34:46.689 ID:7Beq3sxn0
だれかー

16: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:35:04.657
そんなくだらない打算してるぐらいなら諦めたほうがいいだろ
作家はすべてなげうってプロになってんだから

17: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:35:49.725 ID:7Beq3sxn0
でも現実として働きながら作家デビューする人いるし

18: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:36:05.739
安定望むなら諦めろ

19: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:41:51.482 ID:TFLIfS/s0
諦める必要はないでしょ
文章を書くんだぞ
一生できる

20: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 01:44:06.170 ID:7Beq3sxn0
時間とれるのは塾講師だよね
塾講師の生活って経済的にどんな感じなんだろ

21: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:08:22.639
プロ目指すなら書きたいジャンル毎に千冊読むんだってさ
石田衣良が言ってた

25: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:12:16.882 ID:7Beq3sxn0
たぶんそれは最低限のアウトプットができるようになってからの話だと思う
まずは自分の感性をしっかり表現することが最初のステップ
まあ同時平行で進めればいいんだけど

24: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:12:16.547
スティーブンキングはキャリーが売れるまで高校の国語の非常勤講師をしていた
結婚していて子供も居てトレーラーハウスに住んでおり、ボイラー室で執筆した

26: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:14:33.939 ID:7Beq3sxn0
>>24
デビュー前はぱっとしない生活だったんだな
デビューできなかったらどうするつもりだったんだろ

27: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:20:06.762 ID:TFLIfS/s0
逆にはっきり特別と呼べる感性を持ってれば千冊も読んだって変わらないだろうな
人に依るだろうけど、勤勉だから面白い物が書けるとも思えない
実直な努力をするにしても書いて内的に深める方が大事だと思う

28: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:29:01.333 ID:7Beq3sxn0
やっぱ夢を追うにはリスクがいるよなぁ
SEしながら作家を目指すってのもできなくないだろうけど、どっちも中途半端になりそう

30: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:34:13.964
そもそも小説書いたことあんのかよ

32: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:41:33.358 ID:7Beq3sxn0
>>30
短編をいくつか書いてるし、今は長編に挑戦してる
書いたのは例えばこんなの↓

あれは俺がまだ小学生だった頃の話だ。
その日、俺は全裸で街を散歩していた。やわらかい風が肌に直接当たるのが心地よかった。日々蒸れがちな股間はすっきりとして俺は解放感にあふれていた。

しばらく歩いていると、歩道に1匹の海老が落ちているのを見つけた。俺は驚いた。なぜこんなところに海老がいるのか。にわかには目の前の光景が信じられなかった。

一方で嬉しくも感じていた。海老が大好物だったんだ。俺はその海老を持ち上げて手のひらに載せた。そうすると頭としっぽが手のひらからはみ出るくらいの大きさだった。海老は死んでいた。

俺は家に帰ることにした。母ちゃんにその海老を海老フライにしてもらうためだ。俺は海老を落とさないように気を付けながら、急ぎ足で歩いた。チンコは急かすように俺の太ももにペチペチと当たっていた。

家に帰るには、途中にある神社を通ると近道なんだ。家や商店が並ぶ通りに突然現れる神社なんだが、参拝に来る人なんてめったにいない寂しい神社だ。

だが俺は少し用心しながら神社に入った。そこの神主がとてつもなく怖いオヤジだったからだ。俺はよく友達と神社の境内でいたずらをしたが、それを見つけるとオヤジはすぐ怒鳴った。

俺は海老を両手で包むように大事に持ちながら、できるだけ足音を立てないように静かに歩いた。

ところが神社の裏に回ったあたりでオヤジを見つけた。掃除でもしていたんだろう。オヤジは俺を見つけると近づいてきた。俺は逃げようと思ったのだが、どうにも体が動かない。オヤジという存在に俺はすっかり委縮していたんだ。

オヤジは俺の目の前に来ると、鋭い目で俺をにらみつけた。俺はますます怯えた。オヤジは低い声で言った。

「その恰好はなんだ」

「あの、散歩してて」

「何を持っている」

「海老です」

「見せてみろ」

俺はオヤジに海老を見せた。オヤジはときおり指先で海老をつついたりして真剣に観察していた。突然オヤジは言った。

「この海老は俺のだ。よく届けてくれたな」

オヤジは俺の手から海老を取り上げた。そしてそれ以上何も言わずに、神社の境内から出て行った。

今になって思うんだが、あの海老は車海老だったんじゃないだろうか。

33: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:44:13.103 ID:TFLIfS/s0
説明的になってるからもうちょい視点を主人公に寄せた方がいいと思う

34: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:50:23.032 ID:7Beq3sxn0
俺が書いたやつほとんどそうなんだわ
なんか物語との距離感がわからん
たぶん物語を書くっていう経験がまだ足りないんだよね
どう表現するべきかってのがまだ身に付いてない

36: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 02:57:18.664 ID:TFLIfS/s0
映画的な映像を意識して描写するのが一番手っ取り早くて様になるよなと思ってる
まあそれは俺のインプットが映画ばっかりだからかもしれないけど

37: 名無しの読書家さん 2018/06/18(月) 03:13:12.201
トヨザキ社長だっけ?
小説家にとっての副業の必要性を説いてたのは

漱石が言うように小説家を含めた芸術家は関係性の面白味がわからないといけないから
企業とか集団に属して人間関係で苦労すればそういった経験値はためられる

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1529252173/

s_511452
アウトプットよりインプットのほうが先じゃないですかね……?

関連:【朗報】熟練ニートのなろう作家さん、社会復帰を目指してバイトを探す

シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)