【大草原の小さな家】人種差別でローラ・インガルス・ワイルダー賞の名称変更

1: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:13:58.44 _USER9
「大草原の小さな家」の原作者、ローラ・インガルス・ワイルダー氏=2015年2月に米サウスダコタ州ピア歴史学会提供(AFP時事)
no title

【ワシントン時事】米図書館協会は25日、声明を出し、テレビドラマ「大草原の小さな家」の原作者名を冠した児童文学賞「ローラ・インガルス・ワイルダー賞」の名称を「児童文学遺産賞」に変更することを決めたと発表した。作品内での先住民に対する差別的な言及を理由としている。

1930年代に原作が出版された「大草原の小さな家」は、米西部の開拓民一家を描いたワイルダー氏の半自伝的小説。70年代にドラマ化され、日本でも人気を博した。だが、一連の作品に出てくる「良いインディアンは死んだインディアンだけ」といったせりふなど、先住民を非人間的な存在として扱う姿勢が「賞が目指す価値観と合致しない」と判断した。

(2018/06/26-10:23)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062600446&g=int

69: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:28:59.58
>>1
狂ってるなあ
現代の価値観で過去を図るとか
文学って馬鹿なんじゃないの

71: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:29:15.36
>>1
「大草原」でローラの吹替えの声を演じた佐藤久里子さんは、今はパリ在住の映画記者。

115: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:39:18.75
>>71
へー

123: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:40:36.23
>>71
ローラの妹の声優は富永みーな

216: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:57:19.55
>>123
キャリーな。
ミーナの初声優。

247: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:04:20.94
>>216
そうだった。
今でもはっきり思い出せる。
メアリーの声も素敵だったー

81: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:31:33.43
>>1
今の基準で昔のことをああだ、こうだというなよ。
そんなことを言い出したら、リンカーンやワシントンでさえ差別主義者になるわ。

94: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:34:55.75
>>1
アホ丸出しだな。
時代でかかれていたものをなくすことはできんよ。

102: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:36:51.06
>>94
何も無くすとは言ってないじゃん。賞の名称から外すだけだ。

110: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:38:22.40
>>102
ようするに、黒歴史ということで
消したいという意思と同じだよ。

263: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:07:28.05
>>1
作品の中の時代の世論を忠実に描くことが差別だと?
実際に作品の中の時代に差別があったという事実を隠したいだけなのでは?

271: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:08:55.65
>>1
人を色分けして作った神こそ人種差別主義者

943: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 18:41:59.51
>>271
まさかその程度の事で差別に発展するなんて思っても見なかったんだろ
猫の毛色みたいに、どれも愛されると思ってたに違いない

945: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 18:43:29.18
>>943
なんかほっこりした
博愛主義者ってこういう人のことをいうのかね

277: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:10:32.90
>>1
戦国時代なんか最低じゃね。
集団ヒステリー人殺し人間がちやほやされるなんて大河ドラマおかしいだろ。

508: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:13:19.24
>>1
そんなんありならワシントンもリンカーンもアウトだな
彼らも差別者だったし

522: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:16:33.45
>>508
そうなるとただでさえ短いアメリカの歴史が
さらにさらに短くなるんだよねえ。
みんなが共感できるアメリカの歴史はケネディから。
それ以前は暗黒史。

588: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:32:51.64
>>522
黒歴史にするってことは、それに対する罪悪感が強いってことだけど、
自己否定するがあまり歴史自体を無かったことにしたい力が働くんだよな

人間の歴史なんて、善も悪もない自然現象と同じなんだから
あんまり過去について叩くのもよろしくない、まして科学的態度ではない

617: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:39:59.77
>>588
今やられてもすぐ過去になりますがww

529: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:20:03.51
>>1
作者の差別意識が問題なら
これは賞の名称変更じゃなく、廃止するか放置にして
「第1回 米図書館協会 児童文学遺産賞」を別途立ち上げるべき
選考委員も一新して

900: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 17:58:49.45
>>1
地の文章じゃなくて、台詞だったらいいだろ。
そういう時代だったんだから。

932: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 18:22:38.85
>>1
>1930年代に原作が出版された

当時としては合法的な内容だったはずだし、それを今の価値観や法律で咎めるのはどうなんだろうか。
こんなことを言い出したらたいていの古典は教材に使えなくなるじゃないか。

3: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:14:51.42
現在の価値観で過去を裁くなと何回言えばわかるんだ

19: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:18:39.57
>>3
歴史なんて修正されるもんだ、いま人類が得られる過去の歴史の資料は
全て検閲と修正が入った当時の世相にとって都合の良かったものだけだし
今から未来に残す物も総じて同じものになる

43: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:22:59.08
>>19
確かにそうなんだが、そういう余分な勝者フィルターは無い方が
歴史を見てそこから学びを得る上では有益でしょ
だから少なくとも現代に於いては
わざわざそういう後付け選別をするのは無益、というか有害だと思うんだな

73: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:29:39.95
>>3
過去はそうだったで、正当化するバカが増えてるせい

449: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:57:35.42
>>73
お前の今やってる合法なことも非難されるかも知れないよ

214: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 13:57:03.53
>>3
全くこの結論に尽きるわけで
過去の価値観は価値観で「現在は違いますよ」と注釈を入れるだけで十分だ
いちいち名誉剥奪するようなことをするな

287: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:12:00.95
>>214

過去で終わってるものならね

この賞は、現在も続いています

315: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:18:40.21
>>287
賞の目指すもの、賞としての在り方を明記すればいいだけ

390: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:40:29.40
>>315
賞の目指すもの、賞としてのあり方と賞の名称が違うから、後者を変えるというだけの話だろう。
たとえば芥川賞がラノベにがんがん与えられるようになったら、実際にどうなるかはともかく、
「芥川賞という名前を変えたら?」という意見が出るのは当然だろう。

432: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:51:48.16
>>390
別に、芥川賞という理念・選考基準にふさわしい作品であるなら
ラノベだろうがなんだろうが区別せずに与えればいいだけじゃん。

ラノベが増えてきたから芥川の名前を外そう、とかそれこそ意味不明で
ラノベに対しても芥川に対しても失礼な話。
それは「ラノベはまっとうな文学ではない!」という思想を、賞そのものや
作品自体よりも優先させてるだけ。

453: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 14:59:35.89
>>432
なかなか熱いやつだな笑

まあまじめな話をすると、少なくともある時代には、純文学と大衆小説という垣根があって、
賞の区分けは、この従来の価値観に対応しているのだろう。
で、こういう伝統的な発想を尊重すれば、やっぱりラノベは芥川賞はふさわしくないだろう。
逆に「小説はおもしろい(単純にエンターテイメント性とは限らないが)のが大事なんであって、純文学も大衆小説もラノベもたいした区別ではない」
という価値観に立つなら、芥川賞はもう存在意義を失ったんだろうな、と思う。

476: 名無しの読書家さん 2018/06/26(火) 15:05:03.53
>>3
記事を読めよ
問題視されたのは文学賞の名前であって、作品そのものではない
文学賞は過去ではなく今現在使われ続けているものなので、時代に適した呼称に変更するのは何ら不自然ではない

だいたいアメリカ自体が過去のインディアン大虐殺について全く反省してないだろ
コレラに汚染された衣類を贈り物と称してプレゼントした細菌テロまで行っていた
「過去を裁く」という言葉の正反対を生きている国と言える

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529986438/

s_511452
『二度目の』がアニメ化中止になったことと言い、差別に敏感な世の中になってきましたね。

関連:【ヘイトラノベ】『二度目の人生を異世界で』が中国で炎上!!→作者が謝罪、アニメ化は中止

シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)

文学

Posted by yomisoku