稀代の文学好きだが、「日本文学」は地味でつまらない

2019年5月7日

nigaoe_shimazaki_touson

1: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 08:43:49.802 ID:dfUEcTaFp
地味すぎ
冒険とかしろ

2: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 08:45:43.917
漱石と太宰ぐらいしか読んでなさそう

 

3: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 08:47:49.828 ID:dfUEcTaFp
>>2
なんでそのふたりなの?どこからそのふたりがでてきたの?
むしろそのふたりはまだ面白いほうだろ

 

9: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:05:24.534 ID:dfUEcTaFp

川端康成なんて本当につまらないからな
島崎藤村もくそつまらん、志賀直哉もつまらん
逆に娯楽小説は娯楽小説しすぎておもしろくない

おもしろくてなおかつ文学的ってものがぜんぜんない

 

17: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:12:15.289
具体的なことひとつも言わねぇなこいつ

 

19: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:16:30.234 ID:dfUEcTaFp
>>17
作者の名前並べて「つまらない」と指摘してるんだから具体的だろおまえ馬鹿かよ

 

22: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:19:37.351
>>19
お前の具体的レベル低すぎない?ほんとに文学好き?

 

26: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:27:22.495 ID:dfUEcTaFp
>>22
具体的レベルってなに?
反論があるならそれこそ具体的に反論しろよ
例えば「川端はおもしろい」といいたいならそういえばいいだけ

 

31: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:29:58.814
>>26
「つまらない」の中身を具体的に知りたいってことなんだけど
ここまで説明しないとわからないかな?もう一回聞くけどほんとに文学好きなの?

 

35: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:38:07.974 ID:dfUEcTaFp
>>31
「文学好き」ってスレタイに書いてあるだろ、なんだよその質問笑
というか「川端康成の作品を個別に批評してほしい」って話?そんなめんどくさいことするつもりはない

 

24: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:21:15.631
日本文学はつまらない。具体的には川端がつまらない。←?????

 

32: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:30:51.155
最近のなろう小説だったら派手に俺つえーって感じの冒険してんじゃね

 

33: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:32:52.666 ID:dfUEcTaFp

夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、三島由紀夫、太宰治←このあたりはまあまあおもしろい

ただそれにしても若干刺激がたりない
感情の動きがこまごましていてドカドカこない、良くできてはいるかもしれないが単純に地味なんだよ
例えるなら「京都の料理」みたいなもの(あくまでイメージだが)

 

34: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:33:03.768
海外の小説に憧れて原著読んだ時のラノベ感は異常
翻訳家って老人が好む文章に仕立て直してるんだなすげぇわって思った
映画とかも翻訳されてないほうはくっそ汚い言葉とか使ってるもんなぁ

 

39: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:47:18.889
別に作品ごとに批評しろとは言ってないじゃん
何を持ってしてつまらんって言ってんのかってことよ
「つまらない」って言うだけならアホでもできるし

 

44: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:54:58.705 ID:dfUEcTaFp
>>39
日本文学は地味なの、地味過ぎておもしろくないの
こんなにシンプルな意見がわからないのかおまえは

 

50: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:01:04.829
>>44
「地味」ってのも大雑把すぎてアホでも言える意見だろう
お前の書き込みから文学好きな雰囲気が全く感じられないんだわ

 

40: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:48:05.787
日本の純文学はストーリーが後付けになってる気がする
派手な展開とか大冒険とか求めるなら海外文学のほうがいいのかもな

 

43: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:50:53.918 ID:dfUEcTaFp

簡単にいえば日本文学は地味なんだよ
良くできてるかもしれないけど地味なの
これだけでなんとなく分かるだろ(分からないふりしてる奴等もいるが)

逆にこれだけで伝わらない奴等は日本文学を地味と考えていないってことなのか?
川端康成や志賀直哉や島崎藤村をおもしろいと本気で思うわけか?嘘だろ

 

46: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:58:51.584

>>43
地味だっていうのはわかる
文豪と呼ばれる作家の作品とか特にそう思ってたし
太宰の作品受けてたのだって当時としてはラノベみたいで新しかったからだと思ってる

ただ海外の作品だって似たような風潮はあるよ
それでも古典からラノベみたいなのも多いのは各宗教の聖書による影響だと思ってるわ

 

45: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 09:58:07.157
確かに日本文学は地味だけどそこまで強烈に批判するほどのことか?
なんかお前も別な方向で間違ったこと言ってると思うぞ

 

49: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:00:36.122
紳士服屋に行って上等な仕立てのスーツを見てカジュアルじゃないからつまらないと言ってるようなもんだな

 

57: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:12:24.846 ID:dfUEcTaFp
>>49
まず文学は紳士服屋ではないから
文学の裾野は本来それより広くあるべき
純文学と娯楽小説を明確に区別しようとしたのがそもそもの間違いなんだとおもう
だから「純文学とはこういうもの~」みたいなかんじで(地味服)専門店化したんだよたぶん

 

55: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:08:59.363
仮に日本文学が「地味」だとしてもそれのどこが悪いんだ?
地味って悪い意味じゃないぞ

 

58: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:13:01.522
>>55
それな
ていうかあらゆる表現に個性と楽しさを見いだせないと楽しめる作品絞られてつまんなくない?って思うわ
最近飢えすぎて禁忌としていたポルノにまで手を伸ばし始めたけど意外と面白い作品結構あって楽しい

 

64: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:25:55.741
刺激的であってもいいし、地味であってもいいよな
お前が地味なの嫌いなだけじゃないかと

 

66: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:29:55.628 ID:dfUEcTaFp

というか地味なのはいいかもしれんが地味なものばかりなのはおかしいわ
日本文学というアパレルブランドがあるとしたら店頭に並んでるのが地味服ばかりなわけ、それがおかしいんだよ

で、「日本文学=地味なもの」みたいなつまんないアイデンティティすらあるから
派手なものや面白いものがあらわれると「それは文学ではない」とかいう輩が現れる
こういう輩がいるせいでアパレルブランド日本文学は地味服専門店みたいになってる

 

69: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:33:03.259
>>1はスタンダールとかバルザックとかディケンズみたいのが読みたいんだろ、ドイツロマン派みたいに精神と自然とか、芸術とはみたいのではなく
でも、三島由紀夫好きなんだよな

 

77: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:52:31.023 ID:dfUEcTaFp

>>69
ドイツロマン主義的なものなら地味とはおもわないよ
例えばゲーテにしても内省的だけど同時に感情の爆発みたいなものがあるやん
でも日本文学はそういうのすらほとんどないじゃん、なんかいちいち禁欲的なんだよ

もちろん趣味の問題でもあるし九割位は趣味の問題でしかないかもしれないけど
それにしても「日本文学は地味方向に偏りすぎだろ」っておもう

 

78: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:57:54.342
>>1が好きな海外文学の作家あげてみてよ

 

82: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:08:06.762 ID:dfUEcTaFp

>>78
ドストエフスキー、セバンテス、スウィフトなどなど

というか俺は大冒険したり大恋愛したり大論争したりそういうことしてほしいんだよ(なおかつそれを文学の域に高めてほしい)
こじんまりした職人芸みたいなことばかりみせられても流石に辟易するしそういうことを「日本文学」のアイデンティティにしてほしくない
そういうスケールの小さいものばかりじゃつまらない(実は村上龍とか町田康あたりは好きだけど)

 

103: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:25:33.529

>>82
まあでもスケールをでかくしようとしたら日本舞台じゃ無理だな

日本は狭いし単一的だし話し方がフランクでもないしジョークを気軽に言える人間でもないから日本人でやるとかなり違和感になるから西洋を借りるしかない

 

76: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 10:51:53.155
川端康成は「片腕」とかすごいぞ
若い女の腕と一緒に暮らす話
青空文庫で読めるよ

 

85: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:10:25.024
村上龍なんて業界の事情で純文学扱いされてる娯楽作家の典型じゃないか
いや全作品がとは言わんが

 

87: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:12:25.112
江戸以前の読本とか軍記ものとか読めよ
里見八犬伝はドラゴンボールだし
平家物語とか太平記は日本列島横断のバトルものだぞ

 

92: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:17:53.031 ID:dfUEcTaFp
>>87
まさにそのあたりの系譜で今再び日本文学を再構築してほしい、だれかに

 

98: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:21:00.505
>>92
司馬遼太郎でも読めばいいと思うよ

 

90: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:15:35.531
結局自分が気に入らないからってだけじゃねぇかっていうね

 

96: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:19:33.739
>>90
ここが到達点だった

 

106: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:27:50.937 ID:dfUEcTaFp
個人の趣味でしかないといわれたらそうかもしれないが
俺以外にも「日本文学はつまらない」と感じてるひとは日本全国にたくさんいるだろ
どうしてドラゴンボールやワンピースを生みだせるような国の代表文学が川端康成なんだよって話

 

107: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:29:14.198
>>106
ところで大江健三郎はどう思う?

 

113: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:32:51.471 ID:dfUEcTaFp
>>107
大江健三郎は好きだよ
このスレで披露してる持論とは矛盾するかもしれんが

 

110: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:31:13.153
>>106
おもしろいと感じてる人もいるじゃない
それにマンガはマンガでしょう
このスレタイ好きな小説語ろうぜとかにして
ある程度延びてからその話した方が盛り上がったと思うぞ

 

105: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:25:54.032
司馬の『韃靼疾風録』なんて文体は独特だし冒険するし外人も登場するし
>>1の理想だと思うんだけど

 

115: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:35:29.813 ID:dfUEcTaFp
>>105
きみの意見は正論かもしれん
でも司馬遼太郎は『竜馬がゆく』しか読んだことないからあれだけどあれはあれでエンタメに徹しすぎてる感がある
日本はいわゆる娯楽小説は娯楽小説で割切りすぎで純文学は純文学で割切りすぎにかんじる

 

117: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:39:46.945
>>1の意見読み直したが正直一理ある
海外文学に比較して日本文学は圧倒的にスケールが小さい

 

121: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:49:21.925
セルバンテスとスウィフトは時代が時代だからあれだし、ドストみたいのって彼以外海外文学でもあんまいなくない?
現代文学全然詳しくないけど、今の純文学にくくられる小説って世界を見廻しても>>1の好みのようなものって少ないんじゃね
日本近代文学だけれど、げっつとウェルテル以外のゲーテもいけるなら、ゲッツ、若きウェルテル以外のゲーテがいけるなら、幸田露伴、井上靖、大岡昇平とか辻邦夫とかも楽しめそうな気はする

 

123: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 11:58:04.333 ID:dfUEcTaFp

じゃぁ幸田露伴読む

というかぶっちゃけ日本文学でも好きなのはたくさんあるよ
でもどうしても「海外文学にあり日本文学にないもの」を感じてしまうんだよ
で、この不満を端的に表現すると「日本文学って地味」ということになるわけ

 

126: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 12:01:11.572
>>123
まあ、でも正直>>1の言ってることちょっとわかる。ファウストみたいな作品が日本文学にあったらびっくりだもん

 

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1534463029/

s_511452
クソスレかと思っていましたが意外に考えさせられる内容でした。
鎖国の長かった島国っていう風土が影響してるんですかね。

文学

Posted by yomisoku