【晒し】なろうの作風に沿わないことを重々承知の上で・・・

2019年3月1日

硝酸ファラオさんより

作品のタイトル:I am the villain. ~勇者殺しの勇者は、正義と幸福の夢を見ない~
読者さんへのメッセージ:初めまして、硝酸ファラオと申します。この度は現在執筆中の作品の序盤について意見を頂きたく読み速様に晒しを依頼させていただきました。
 本作品はなろうで展開している物で、つい最近粗筋やタイトルを変更いたしました。毎日数えきれないほどの作品が発表されるなろうにおいて、タイトルと粗筋、そして序盤のインパクトは重要な要素の一つであると私は考えております。
 我儘かつ自惚れた話ですが、なろうの作風に沿わないことを重々承知の上でポイントを得たい、一定の評価を得たいと考えております。どうか、皆様のお知恵をお貸しいただけないでしょうか。

 どんなに些細な点でも構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

icon3
冒頭の二つの節を飛ばして「俺の人生の話をしよう。」で始まってほしかったです。
「異世界転生というジャンルがある。」の節は、主張は理解できますが、小説の中で直接的に書くことではないと思います。

殺陣を細かく描こうという姿勢は好感が持てますが、スピード感に欠けます。
スポーツ中継でたとえると、今は解説しなくていいのに「解説」が喋っていて、「実況」が選手の動きに追いついていないような感じです。

【お知らせ】小説の晒し行為について
※現在、晒し待ちが10件を超えております。
これからお申し込みされる方は気長にお待ちくださいm(_ _)m

 

593851
本日の新着記事(TOPページ)