ラノベしか読まない奴におすすめのラノベチックな一般小説
の、コメント欄まとめです。

book_bibliobattle

1: 名無しの読者さん 2018-10-17 14:50:48
シャーロック・ホームズはラノベだと思ってる。文学?純文学?はラノベじゃないと思ってる(気持ち悪いので嫌い)。こころみたいなのは一般小説。太宰は自分と同じく単なる社会不適合者、本人も分かってるだろうが誉められるべきではない内容もおおい(考える題材としては優秀すぎるし、ある種の理想論だが)。

2: 名無しの読者さん 2018-10-17 15:08:29
テロリストのパラソル
ヒロインのツンデレ子ちゃんかわいい。そのへんのラノベに出しても通る
あとなにげにおっさん×美少女もの


3: 名無しの読者さん 2018-10-17 15:35:03
知念実希人の『天久鷹央の推理カルテ』。いとうのいぢの表紙で、医療ミステリーが好きな人なら絶対におススメ。
コミカライズがバンチから全4巻で出てるので先にそちらを試すのもアリかも。


4: 名無しの読者さん 2018-10-17 16:50:34
米澤穂信、伊坂幸太郎、宮部みゆき、森見登美彦
あたりはラノベっぽく感じた
貴志祐介はホラー作家だけれどラノベ色も濃い

5: 名無しの読者さん 2018-10-17 17:41:10
ウィキペディア見たら、ライトノベルってけっこう定義曖昧らしいね。

読者が読みやすいと感じたら全部ライトかも。

6: 名無しの読者さん 2018-10-17 18:00:36
↑なので基本的にはレーベルで決める

7: 名無しの読者さん 2018-10-17 18:02:25
北村香の日常ミステリ系は読みやすいし主人公かわいいからラノベ民にもいいのではないか

あと言わずもがなのジュブナイル作家・筒井康隆先生の名前が上がっていない件

8: 名無しの読者さん 2018-10-17 18:34:02
貴志祐介の新世界より


9: 名無しの読者さん 2018-10-17 19:27:48
漫画から入ったけど悪の教典は個人的に好き


10: 名無しの読者さん 2018-10-17 19:45:45
胡桃沢耕史の翔んでる警視シリーズとか思いだした
東大主席で金持ちな主人公、住まいは帝国ホテルだっけな

竹島将の野獣舞踏会シリーズはラノベ好きなら結構好きそう
バイオレンスものだけど各国の特殊部隊が人を辞めてる感じ

どちらも昔の作品だけどね

11: 名無しの読者さん 2018-10-17 20:22:20
『虐殺器官』というのがあってだなあ


12: 名無しの読者さん 2018-10-17 20:30:34
「裏世界ピクニック」
裏世界と呼ばれる一種の異世界が舞台の百合冒険ものなのだけれども、裏世界というのがほぼ無人で、超常の罠や怪物でかなり簡単に死ねる世界。
裏世界の謎や、裏世界に消えた近しい人とよく似た怪異など、考察要素もある。
主人公たちが裏世界由来の不思議な力を得るなど少々ラノベチックなところもある。


13: 名無しの読者さん 2018-10-17 20:39:14
突然、すいません。

伊藤計劃さんの「虐殺器官」「ハーモニー」はどうでしょうか?


15: 名無しの読者さん 2018-10-17 22:04:14
純文学でさえ定義が曖昧だしな
太宰治の『畜犬談』と『駆け込み訴え』はよいぞ
どっちも短編だし読める読める

16: 名無しの読者さん 2018-10-18 00:04:49
有川浩は元々電撃文庫だったし、ラノベ層でも気軽に読めると思ってる

17: 名無しの読者さん 2018-10-18 01:01:03
『6時間後に君は死ぬ』とかどうよ


18: 名無しの読者さん 2018-10-18 12:46:03
「モンテ・クリスト伯」は?
奴隷ヒロイン好きだろ?


19: 名無しの読者さん 2018-10-18 13:51:24
乙一先生の作品全般
冲方丁先生のシュピーゲルシリーズ

20: 名無しの読者さん 2018-10-18 15:43:07
昔のラノベが、ざっくり言って今のなろうに近かった。
そのうち しっかりした文章、しっかりした構成で書く人たちが主流になり出し、
そのしっかりラノベっぽいのが一般小説にも増え出した。
昔ながらの固い文芸が、今は一括りで「純文学」と呼ばれてる みたいな印象。

21: 名無しの読者さん 2018-10-18 16:39:23
念力密室! なんかもラノベっぽい


22: 名無しの読者さん 2018-10-18 17:16:51
似鳥鶏や七尾与史、一般小説で出してる三雲岳斗なんかも読みやすいと思う

23: 名無しの読者さん 2018-10-19 14:32:36
子供の頃はラノベと一般が違ってみたが、よくよく読んでみたら全部ラノベに思えてくるの不思議。

24: 名無しの読者さん 2018-10-19 14:36:22
オタクを純文学の主人公にしたとき、純文学は純文学でいられるのか?!という研究あってもいいと思う。

私の仮説としては、魂は肉体と不可分なのでたぶん無理。つまり、純文学とはただ、舞台となる世界の文化や生活様式がとあるものである場合を指すのでは?と思っている。

25: 名無しの読者さん 2018-10-19 20:34:04
一般小説かと言われればビミョーだが、上橋菜穂子の『獣の奏者』をお薦めする。上橋菜穂子の作品は全部中世だけがファンタジーだと思ってるやつらに読んでもらいたい。あとエリンちゃん可愛いよ。他にも、一応ラノベの範疇に入ると思うんだが、神林長平の『戦闘妖精・雪風』とか、福井晴敏の『機動戦士ガンダムUC』もお薦め。OVAよりも内容が深くて面白いぞ。まあ、読みやすいかと言われれば、本を読み慣れてない人にはどれもキツいかもwww



本日のおすすめ


593851
本日の新着記事(TOPページ)