1: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:25:25
裏側めっちゃボコボコやけどな
moon_usagi_kage

2: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:26:04
すっぽん食べましょうか

3: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:26:16
私、死んでも良いわ

9: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:27:05
>>3
いつも思うけどなんで返しは二葉亭四迷なんやろなぁ…
夏目漱石に掛けた返しはないんやろか

41: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:50:28
>>9
夏目漱石だとどう返すん?

4: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:26:20
君には負けるよ

5: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:26:29
でもワイのほうがもっときれいやろ?

7: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:26:46
でも太陽に照らされてるだけです

8: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:27:00
満月の日素でこれ送ってもーた時あるわ

10: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:27:22
???「私が太陽で●●様は月です」

13: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:28:01
月がきれいってアニメ知ってる?

22: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:29:43
>>13
ワイ東山奈央大好きガイジ、繰り返し視聴する

16: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:28:14
…気づいてしまったのか…私の本当の力に

19: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:28:49
うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ

40: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:49:01
>>19
ええな

21: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:29:05
月夜ばかりと思うなよ

23: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:29:54
みんな知ってるやろけど
月がきれいですねってのはあなたと一緒に居ればいつもと同じような月もとてもきれいに見えるって意味でI love you.の訳なんやで

25: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:31:27
>>23
つまり
私にとってはいつもの月です
と答えればええってこと?

31: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:36:21
>>25
しっかり汲み取られた挙げ句そこまで言われたら向こう二月は引きこもるわ

24: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:30:22
そろそろ日が昇るね

26: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:31:30
月は綺麗なんだけどね…

27: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:31:59
文学的なロマンチックな返しとか考えるの楽しいわね

28: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:34:46
太陽が照らしてるからね

30: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:35:54
手を伸ばしても到底届きそうにないけどな

32: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:36:27
月はずっと綺麗でしたよ

33: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:36:40
せやな

35: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:38:24
陽が昇まであなたと居たい

36: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:39:22
明日の月はより綺麗に見えるでしょう

37: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:40:14
月は出ているか

39: 名無しの読者さん 2018/10/29(月)21:47:31
おっ、そうだな

出典:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540815925//

icon6
「寓意的表現と解釈して差し支えないでしょうか?」


なお、有名なわりにはフワッとした伝説のようです。
夏目漱石が、英語の授業のとき、学生たちに、I love you.を訳させた話は、有名です。学生たちは、「我、汝を愛す」とか、「僕は、そなたを、愛しう思う」とかいう訳を、ひねりだしました。「おまえら、それでも、日本人か?」漱石は、一喝してから、つけくわえたということです。「日本人は、そんな、いけ図々しいことは口にしない。これは、月がとっても青いなあ――と訳すものだ」なるほど、明治時代の男女が、人目をしのんで、ランデブーをしているときなら、「月がとっても青いなあ」と言えば、I love you.の意味になったのでしょう。
(4-5頁)

「あなたもSF作家になれるわけではない」は奇想天外社発行のSF雑誌『奇想天外』1976年4月号から1979年3月号にかけて連載された豊田有恒のSFエッセイである。1977年11月号掲載分では海外作品を日本語へ訳す事が難しい事の例えとして夏目漱石とI love you.の話が引用されている(「月が綺麗ですね」ではなく「月がとっても青いなあ」という形だが)。現時点(2016年5月26日)では豊田有恒のこのテキストが最古の事例である。『有名です』と書かれているだけで誰から聞いたとかどこで読んだとかの説明は無い。



関連記事
夏目漱石「キンキンキンキンキンキン! 」
名作から引用する「小説時計」が面白いと話題に
ラノベ読む奴ってなんで文学小説読まないの? 恥ずかしくないの?

本日のおすすめ


593851
本日の新着記事(TOPページ)