1: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:25:45.138 ID:h9tJ0MAi0
課長「ガミガミガミガミガミガミ…」

先輩「クドクドクドクドクドクド…」

男「すみません、すみません、すみません!」



男「はぁ……今日もずっと怒られっぱなしだった。下っ端はつらいなぁ」

紳士「おおっ……あなたはもしや!」

男「?」

紳士「少し、お時間よろしいですか?」

男「かまいませんけど……」
nigaoe_ryuubigentoku

2: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:30:17.933 ID:h9tJ0MAi0
―喫茶店―

男「俺になにか?」

紳士「私、こういう者です」サッ

男「ペレペーニョ王国の宰相……?」

紳士「はい」

男「ペレペーニョなんて聞いたことないんですけど」

紳士「なにぶん、中央アジアの小国ですので」

男「で、ペレペーニョ王国の人がなんの用?」

紳士「実はあなたの家系が、現在のペレペーニョ王の遠い親戚であることが判明したんです」

男「へえ……?」

紳士「その結果、あなたにもペレペーニョ王国の王位継承権があることが分かったんです」

男「え、俺が!?」

4: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:32:40.722 ID:h9tJ0MAi0
男「ってことは、俺、王様になれるんですか!?」

紳士「ただし、今の継承順位は47位……」

男「47位……ずいぶん下ですね」

紳士「今のままでは到底継承することはかないません」

紳士「しかし! 30万円お支払い下されば、この継承権を……なんと一位にして差し上げます!」

男「えっ、一位にしてもらえるんですか!?」

紳士「いかがいたしましょう?」

男「うーん、ちょっと考えさせて下さい……」

紳士「分かりました。また三日後にお会いしましょう」

5: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:32:53.415
宗教とか壺みたいな

8: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:35:00.933
こんな話でも100人にすれば1人か2人は引っかかるんだろうなあ

9: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:35:40.131 ID:h9tJ0MAi0
―会社―

同僚「やめとけやめとけ!」

男「なんで?」

同僚「んなもんに30万も払うなんてアホのやることだ」

男「だって……王だぞ!? 30万で王になれるんだぞ!?」

男「あの劉備だって、漢の王様の末裔ってとこから蜀の皇帝になったんだ!」

同僚「劉備なんて知らねーよ」

同僚「うまい話には裏がある。詐欺に決まってるだろ、そんなもん」

同僚「30万受け取ってドロン……よくある話さ」

男「そりゃそうだよな……」

12: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:38:31.733 ID:h9tJ0MAi0
―銀行―

男「……といいつつ、30万円下ろしてしまった」

男(99%あいつの話はウソだ……そんなことは分かってる)

男(だけど、もし1%本当だったら……)

男(俺は賭けてみたいんだ! その1%に!)

16: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:41:37.632 ID:h9tJ0MAi0
三日後――

男「30万です」

紳士「たしかに……頂戴いたしました」

男「これで、俺が王になれるんですよね!?」

紳士「はい、間違いなく」

紳士「事態が進捗しましたら、すぐにご連絡差し上げます」

男「お願いします!」

17: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:43:34.584 ID:h9tJ0MAi0
男「……」


男「……」


男「……」


男「……来ない」

男「すぐ連絡するっていったのに……ちーっとも連絡が来ない!」

18: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:45:48.513 ID:h9tJ0MAi0
男「……ん」

TV『昨日、この男が逮捕されました……』

男「……これ、あいつじゃん! あの紳士じゃん!」

男「なんだよ……あいつやっぱり詐欺師だったのかよ!」

男「はぁー……!」ドサッ

男「覚悟してたとはいえ、騙されたと確定しちまうとショック大きいなぁ……」

20: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:46:52.294
あぁ、継承順位上の奴を殺して回ったのか

22: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:49:39.374
>>20
お前………………………

21: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:48:49.063 ID:h9tJ0MAi0
ピンポーン…

男「はい」ガチャッ

兵士「男様ですね?」

男「そうですけど……」

兵士「ただいまより、次代王であるあなたをペレペーニョ王国へとご招待します」

兵士「同行なさって下さい」

男「え!?」

24: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:49:53.378
>>21
自分ちのマンションに迎えに来ると想像するとシュールだな

23: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:49:46.168
ほう…

26: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:51:45.113 ID:h9tJ0MAi0
ブロロロロロ…

男「これからホントにペレペーニョ王国に行くの?」

兵士「はい、成田から直通便が出ております」

男「出てんの!?」

男「ってことは、あの紳士は詐欺師じゃなかったのか。なんで逮捕されたんだろう?」

兵士「あなたを迎えに行く途中、出来心で痴漢をしたそうです」

男「なにやってんだあの人……」



キーン…

27: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:54:05.793
変態紳士め

28: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:55:12.529 ID:h9tJ0MAi0
―ペレペーニョ王国―

国王「おお、おぬしが宰相が申していた日本人か」

男「はいっ!」

国王「宰相の尽力で、王位継承権第一位となったと聞く」

男「仰せの通り……」

国王「王というのは非常に過酷な仕事だ。しっかりと務めてもらいたい」

男「頑張ります!」

30: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:57:34.001
ペレペーニョ王国日本語で大丈夫なんだろうか

31: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:57:54.324 ID:h9tJ0MAi0
国王「ってわけで、バトンタッチ!」パシッ

男「へ?」

国王「これでおぬしが王様ね!」

男「はぁ」

国王「じゃあ、あとは頑張ってねー!」タタタタタッ…

男「えー……行っちゃったよ……」

男「王位継承って、こんな簡単に済むもんなのか……」

32: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 01:58:33.596
どきどき

33: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:00:04.868 ID:h9tJ0MAi0
ワァァァァ… ワァァァァ…

男「ん?」

兵士「大変です、陛下! 反乱軍が宮殿に押し寄せてきました!」

男「なにいいいいいいいい!?」

男「反乱軍ってなんだよ!? どういうことだよ!?」

兵士「この国の王政はすでにボロボロで、今まさにクーデターされてる真っ最中なのです!」

男「なんだってええええええええ!?」

34: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:02:48.718
あちゃー

35: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:03:29.280 ID:h9tJ0MAi0
男「お、俺も逃げる!」

兵士「ダメです! 王が逃げるなど!」ガシッ

男(くっそー……こういうことだったか!)

男(あの国王や宰相、貧乏くじを引き受けてくれるマヌケを探してたんだ!)

男(30万払わせたのは、途中で怪しくなっても辞退されないようにするためか!)

男(このままじゃ、俺の王としての最初の仕事は、殺されることになっちまう!)

男(こういう時、劉備ならどうする……?)

男(きっと孔明を頼るはず! 孔明ならこういう時は――)

38: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:05:55.646 ID:h9tJ0MAi0
男「宮殿の門を全部開け!」

兵士「えっ?」

男「音楽隊なども動員して、さあ入ってらっしゃいと歓迎するのだ!」

兵士「しかし、そんなことしたら敵が宮殿内に――」

男「いいからやれ! 国王命令であるぞ!」

兵士「かしこまりました!」

39: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:07:50.121 ID:h9tJ0MAi0
男「どうだ」

兵士「城門を開けたら、反乱軍が怪しんでかえって入ってきませんね!」

男「そうだろうそうだろう。きっと疑心暗鬼になってるにちがいない」

兵士「あっ、反乱軍が引き上げていきます!」

男「よし、追撃しろ! こちらに背を向けている今がチャンスだ!」

兵士「はいっ!」

41: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:10:49.050 ID:h9tJ0MAi0
パチパチパチ…

兵士「陛下のおかげで、我ら王国軍が大勝できました!」

男「君たちもよくやってくれたよ」

兵士「そういえば、陛下のお名前は?」

男「うむ、そうだな……」

男「劉備と孔明をフュージョンさせて……“リュウメイ”とでも名乗ろうか」

兵士「おおっ、リュウメイ様!」

リュウメイサマバンザーイ… バンザーイ… バンザーイ…

42: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:11:07.070
軽いノリ 好きだわ

46: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:12:51.712
コウビ様!

47: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:13:22.015 ID:h9tJ0MAi0
男「戦況はどうか?」

兵士「王国軍と反乱軍の戦いは、一進一退の攻防が続いております」

兵士「リュウメイ様の指揮は的確ですが、反乱軍の士気も高いので……」

男「これ以上長引かせると、国力がますます低下するばかりだな」

男「よし……ならばいっそ反乱軍のリーダーと一騎打ちしてみるか」

兵士「一騎打ち!?」

男「ああ、一対一でケリをつける」

男「このリュウメイと反乱軍のリーダー……勝った方がこの国の王というわけだ!」

48: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:13:54.245
異世界転生時の描写が抜けてるな

49: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:16:20.109 ID:h9tJ0MAi0
兵士「反乱軍リーダーは一騎打ちに応じました」

兵士「リュウメイ様、剣をお取り下さい」

男「うむ」チャキッ

男「もし俺が敗北した場合、弔い合戦などするでないぞ」

兵士「はい、その場合は反乱軍に降伏いたします」

兵士「あっ、反乱軍リーダーがやってきました!」

男「来たか……」

男「む!?」

50: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:19:10.152
いいじゃん

51: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:19:28.721 ID:h9tJ0MAi0
男「お前は……同僚!?」

同僚「王が代わったと聞いてまさかと思ってたが、やっぱりお前だったか」

男「お前が反乱軍リーダーだったなんて……」

同僚「俺は腐りきったペレペーニョを立て直すために立ち上がった」

同僚「しかし、お前とは戦いたくなかった……」

男「だからあの時、俺の王位継承を止めようとしたのか……」

同僚「その通りだ……だが、こうなってはもう仕方あるまい! 決着をつけよう!」

男「望むところ!」

52: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:20:41.262
マジかよ

53: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:22:05.135
同僚はペレペーニョのなんなんだよw

55: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:22:50.234
ペレペーニョで笑う

56: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:23:43.280 ID:h9tJ0MAi0
男「でやぁぁぁぁぁっ!」

同僚「だあぁぁぁぁぁっ!」

ガキンッ!

キンッ! ギィン! ガキン! ギャリッ! ギィンッ!

男「うりゃぁぁぁぁぁっ!!!」

ドシュッ!

同僚「ぐふっ! さ、さすがだ……。気迫が違ったか……」ドサッ

58: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:25:53.357
戦闘描写が全部キンキンキンでワロタ

60: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:28:09.087 ID:h9tJ0MAi0
男「同僚!」

同僚「これでこの国は……お前の、ものだ……」

同僚「ペレペーニョを……いい国に、してくれよ……」

男「ああ……約束するッ! 世界中から羨ましがられる国にしてみせる!」

同僚「頼んだぜ……リュウメイ……」ガクッ

男「同僚ッ!」

男「同僚ォォォォォォォォォォォッ!!!」

61: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:28:34.768
お前が殺したんだろ!

62: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:30:13.796
同僚じゃなかったら負けて終わってただろ

63: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:31:08.523 ID:h9tJ0MAi0
この後、ペレペーニョ王国は新しい王のもと、数々の画期的な改革を成し遂げ、

飛躍的に成長していくことになる。


治安は万引きすら起こらないほどとなり、GDPは先進諸国を追い越し、

軍隊は勇猛にして最新、大国ですらうかつに手を出せないレベルとなった。

近々常任理事国入りも検討されるという。



もはや、ペレペーニョ王国をアジアの小国と見なす者はいなくなっていった。

65: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:32:01.630
何で同僚までリュウメイって呼んでんだよ

67: 名無しの読者さん 2018/12/23(日) 02:33:04.234 ID:h9tJ0MAi0
後世の人々は、ペレペーニョ王国を語る時、必ずこう言ったという。


“ペレペーニョにリュウメイあり”と――







― 完 ―

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1545495945/

icon_new1
キンキンキンよりは工夫が感じられる描写ですね。



関連記事
【キンキン】『無職の英雄』の作者さん、低評価されて反論
夏目漱石「キンキンキンキンキンキン! 」
キンキンキンキン!←実は優れた文章ちゃうか?



本日のおすすめ
【呪術廻戦】芥見下々先生の年賀イラストが可愛すぎると話題にwwww(画像あり)
「シン・エヴァ動いています」、緒方恵美さんが庵野監督とのツーショットで報告
【朗報】高木さん作者が描いた『将棋のやつ』、クッソ可愛すぎるwwwwwww
【悲報】ジョジョ5部のブチャラティチーム、とんでもない無能が一人だけいるwwwwwww
【朗報】大剣豪のゾロさん、ペローナと同棲してた期間の方が一味との冒険より長いwwwwwww
【復讐】イジメの証拠を学校宛に送った→学校『君もただでは済まない。進学や将来に影響する』→しょうがないので、警察と教育委員会にも証拠を送った結果www



トップページ(ホーム)へ
publicdomainq-0001395qijmqh