第二回モーニングスター大賞の結果発表で長文ニキ降臨「ここの編集はわかってない」

2019年3月30日

小説投稿サイト「小説家になろう」にて開催されていた第二回モーニングスター大賞の最終審査結果の発表が行われた。応募総数3,592作品の中から、「ファンタジー賞」に1作品、「受賞」として1作品の計2作品が選出されることとなった。なお、残念ながら「大賞」の選出はなかった。


pose_mesen_uekara_man

68: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 18:46:01.09
大賞が出なかったのが意外だったなあ
総合評価で3万pt以上の作品が2作品しかなかったことも勘案したんだろうね
受賞作品の『イケメンに転生』とファンタジー賞作品の『逆鱗のハルト』は順当な線かな

個人的には『デブオタと追慕という名の歌姫』の受賞を期待していたけど、一歩及ばずだったようで

69: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 18:46:34.72
受賞した人、おめでとう!
素直に嫉妬しつつ、祝福させていただきます。
もう一度、おめでとう!

70: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 18:47:21.55 ID:y5tigvRe
大賞なしで、ファンタジーと受賞で二作をひろったか。
しかし今回もセールス的には苦しそうだなw

ハルトはファンタジーとしては中途半端なので、まず売れないだろね
内容的にライト層は金を出して買わないし、ハードファンタジーとしてはあまりに稚拙
文章が下手だし、なによりも世界観に魅力がない
よりによって、一番売れそうにない奴を選んだ感じじゃないかな

イケメンは完全にボイント頼みだね
最高ポイントのイケメン落として、ハルトが爆死したらアホだもんな
これもどちらかというと、コアなファンがつく作風なので、才能はありそうなんだけど
正直な所、この作品に金を出してくれる読者は少ないと思う

前回の受賞作もそうだし、今回の二次の結果を見ても、明らかに変なのが残ってるので
ここの編集は、いい文章、悪い文章がわかってないし
売れるものと、売れないものを見極める能力もないんだな

まあ、セールスは数字として結果が出るからね
売れないものは売れないわけで、そこに言い訳はない

71: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:00:59.07
>>ここの編集は、いい文章、悪い文章がわかってないし(キリッ)
>>売れるものと、売れないものを見極める能力もないんだな(キリッキリッ)

うーん、馬鹿が何とか頭がいいフリをしようとしたら馬鹿晒しただけになってますねえ
そんなの分かるやつはどこにもいないって少し考えたら分かるはずなんだよなぁ
馬鹿は調子にのったところで頭が悪いのを晒すだけなんだから、素直に大人しくしとけよ間抜け

75: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:33:34.64 ID:y5tigvRe
>>71
>そんなの分かるやつはどこにもいないって少し考えたら分かるはずなんだよなぁ

いい文章とか、悪い文章というのは感覚ではなく理論的なものとなる(※純文学は除く)
ここがわかってないと、編集者として作家に対する指導ができないし
作家としての才能の有無もわからない
そもそも赤を入れる(原稿の修正指示)もできない

老舗の出版社の編集なら、文章の良し悪しはわかってて当たり前なの
(一般文芸の世界では、ベテラン編集の手で文章を修正して直木賞とかもある)

前回受賞作の投擲も、椅子も文章の質は悪いし、実際に売れてない
今回の二次通過も、なぜこれが? みたいなものが結構な数あったし、
モーニングの編集は、文章の良し悪しを判別する能力はないと思う。

今回のハルトも、文章の質が悪いので売れないと思う。
数カ月後には数字として結果が出ることなので、エキサイトするような話ではない。

76: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:46:57.56 ID:y5tigvRe
>>71
また、売れる売れないは、経験則として売れている要素を分析する能力のこと
ここがわからないと、そもそも企画することができない
(できるんだろうけど、売れないということね)

少なくとも、過去に売れたものとの比較して、優れているか劣っているかは
判別できないと、レッドラみたいにレーベルごと爆散消滅ということになる
(編集が無能だから、売れるものを書籍化できなかったわけだ)

問題は、今回の受賞作、ファンタジーとしてのハルトが、先行作品より優れている
部分があるのどうかってことなんだ

予選は応募作の中での比較なんだけど、
書籍化はこれまで発売された先行作品との比較になるわけ。

先行作品より尖っている部分や、優れている部分がないなら
「売れない」と考えるのが妥当なの

これも数カ月後には数字として結果がでる話。

77: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:54:02.46
盛り上がってるかと思って見に来たけど盛り上がってない上に評論家様の長文マン・・・さようなら

78: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:56:59.71
評論家じゃなくて落選作家の遠吠えじゃね?

72: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:11:01.03
まあまあ、元気だしていこうや

73: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:15:01.78
奇跡と冒険のグレイシアいいと思ったんだがダメだったか

74: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 19:24:10.75
ハルトはここでも名が上がってたし、ファンタジー賞は順当ってところか
後は売り方をどうするかかな

81: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 20:13:02.20
他人を貶めても自分の力は上がらないんだぜ
よせよせ
気持ちは分からんこともないけどさ

83: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 20:14:33.99 ID:y5tigvRe
正規の新人賞ルートだと、基本的にダメそうなのは取らないので
編集が文章の手直しの指導(赤を入れる)とかしてくれるんだけど
なろう経由の場合は、元の文章が酷いし、一作品ごとの使い捨てが前提なので
面倒なことはしないということ
代わりになる高ポイントは、いくらでも湧いてくるから

あと、なろう系の場合は、一般読者ではなく「なろうの読者」に買ってもらえる
システムだったので、一般レベルまで文章を高めないほうがよかったという
面もあったわけや(過去形)

そんな隙間作品だったなろう系も、すでに千作品くらい書籍化されたので
なろうの読者だけでは成り立たない時代に突入したので、爆死が続いてるわけ

84: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 20:35:51.41
長文ニキこわ

88: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 21:30:58.87
そんなに言うなら、自分でその売れる文章とやらを書いて、有能な編集とやらのところに持っていけば良いんじゃないの。
そうすれば売れるんだから。

90: 名無しの読書家さん 2018/01/20(土) 07:33:19.98
嫉妬は次へのエネルギーともなるし、自惚れは自分を見失わないという利点もある

相手があまりに圧倒的なら別ですが、他人から学ぶなどというのは既に活躍している他人から学べばいいので、同期には嫉妬や対抗意識で充分なのです

104: 名無しの読書家さん 2018/01/21(日) 17:59:59.64
コボルドの作者と田中の作者が落選報告してた
落選の報告って珍しい気がする
生真面目な人なんだろうなと感心した

105: 名無しの読書家さん 2018/01/21(日) 23:11:32.57
大賞なしってどういうことだ?
出し惜しみするような賞か?

106: 名無しの読書家さん 2018/01/22(月) 09:43:26.62
書籍化していいのが2作しかなかった

107: 名無しの読書家さん 2018/01/22(月) 09:49:36.45
確約の3巻までいけると感じたのが受賞した二作だったんだろうな。

しかし、受賞作が発表されて、本来なら盛り上がるタイミングなのにな・・・長文ニキの素晴らしい火消しでコメント全然ないやんか。
パーフェクトクローザーかよ。

108: 名無しの読書家さん 2018/01/22(月) 09:53:32.48
確かに待望のファンタジー賞が出たわりには盛り上がらないな

85: 名無しの読書家さん 2018/01/19(金) 20:37:46.21
ハルトはどんな表紙になるのだろう

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bookall/1514254167/

s_511452
受賞した奏さんとみかんゼリーさん、おめでとうございます!

シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)