c1a2ef789d5244e184d43017c6f293c0_s
1月25日に発売された織田信成初めての著書『フィギュアほど泣けるスポーツはない!』が読者の熱い支持を受けて、発売前に2刷、発売後に3刷、4刷と立て続けに重版が決定いたしました。
出典 わずか発売10日で4刷が決定!織田信成初の著書『フィギュアほど泣けるスポーツはない!』続々重版 - music.jpニュース
本は全体で5章+αの構成。第1章では自分の幼少期を自伝的に振り返り、おもに苦労話を。第2章ではフィギュアスケートで得られた人生の充実や達成感を。第3章では平昌五輪出場権争いへの評論を通じて大会への期待感を。第4章では羽生結弦氏はこんなにスゴイんですという賛辞を。そして第5章では浅田真央さんへの感謝を。合間に松岡修造さんとの対談が挟まり、きたる五輪本番での中継者としての意欲などがつづられます。

平昌五輪というきっかけを前にして、普段はフィギュアスケートに興味を持っていない人にも、この大会を見てもらいたい。そんな意図であえてこの時期に刊行したこの本は、小難しいことよりも楽しさを、織田信成という人物がいかにフィギュアスケートが好きで、これはイイものだと思っているかを表現したもの。楽しそうな人を見たら気になってしまう、そんな一冊となっているようでした。


s_511452
読んでおくと平昌五輪がより深く楽しめそうですね!



シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)