1: 名無しの養分さん 2018/02/08(木) 03:29:28.86 _USER
【2月7日 AFP】
今年で死後34年を迎えるフランスの哲学者ミシェル・フーコー(Michel Foucault)が著した
「性の歴史(The History of Sexuality)」シリーズのうち、
未発表だった第4巻「肉体の告白(Confessions of the Flesh)」が今月9日、ついに出版される。

 未完のまま残されていた同著では、「同意」をめぐる繊細な問題についても論じられており、
遺著管理者らはフーコーの考えを世に出す機が熟したと判断。
仏出版社ガリマール(Gallimard)から出版される運びとなった。

 編集者のフレデリック・グロ(Frederic Gros)氏は、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を告発する
「#MeToo(私も)」運動の高まりを受け「この独創的な大作の出版にふさわしい時が訪れた」と説明した。


 フーコーが同書の執筆を開始したのは1980年代初頭。
フーコーはこの時既にAIDS(エイズ、後天性免疫不全症候群)を発症しており、その後1984年6月に亡くなった。

 同著ではまず始めに、アレクサンドリアの聖クレメンス(St Clement of Alexandria)や
ヒッポの聖アウグスティヌス(St Augustine of Hippo)といった初期キリスト教会の神学者らが
どのようにセクシュアリティー(性)を扱ってきたかを考察している。

 フーコーは通説に反し、初期のキリスト教は異教徒以上に性に関して厳格ではなく、
むしろ異教徒の哲学者らと比べかなり寛大だったと指摘。
「これらの(抑圧的な)原理はどういうわけか異教徒の慣行からキリスト教の思想や慣行へと広がった」とつづっている。

 グロ氏によると、フーコーは当初「性の歴史」を6巻に分けて出版するつもりだった。
だが発病により計画を変更。1984年の亡くなる数週間前に第2巻「快楽の活用(The Use of Pleasure)」、
第3巻「自己への配慮(The Care of The Self)」が出版された。(c)AFP

画像:仏哲学者のミシェル・フーコー
no title


AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3161404

9: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 05:56:47.66
>>1 哲学者の語る性の歴史って、読む気がしないし、関わりたくない。

11: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 06:30:29.53
>>9
まあそう言わず読んでみなよ

7: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 05:12:49.44
>フーコーの考えを世に出す機が熟した

どういうことだろう?
遺稿の管理者は出版をあんなにも頑なに拒んでいたのに…

38: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 15:40:56.93
>>7
金なくなった

8: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 05:38:02.66
俺の性の歴史全2行
「誕生」
「何事もなく死亡」

12: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 07:02:46.12
>>8
ある意味羨ましいぞ 俺は六根清浄とは全く無縁だな

10: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 06:28:16.03
ようやくか

26: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 13:20:45.90
構造主義も結局はただの流行でしかなかった

29: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 13:34:46.67
ざっくりフーコーの考え方いうと、権力ってのは禁止や抑圧して支配する王様や法王の専有特権と思われがちだけど、
実は寛容に巧妙に語らせたり行わせたりすることを観察し把握することで、対象を認識の網の中に取り込んでいく過程や動きそのものを権力として捉えてみましょう、という考え方。
フーコーはその肝として、書物や教会の懺悔室で語られた性をとらえて、権力の生成過程を歴史的に見ていこうとした、っていう感じ。

32: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 14:39:25.09
フーコーって、カルスタ系からは始祖あつかいだが、歴史学プロパー(とりわけ実証学派)からは、
全く評価されていない。
社会学系では評価高いのだが、ルーマンは全く評価していない。ルーマン最晩年の、
末期癌で死を意識して、遠慮がなくなった時の仏誌インタビューでは、資料の引用がでたらめすぎて、
評価のしようがない、とまで言っている。
フーコーの「引用」には問題がある、というのが現在の評価の主流。

33: 名無しの読書家さん 2018/02/08(木) 14:41:48.27
>>32
感謝。
出典 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1518028168/

s_511452
同意をめぐる繊細な問題っていうところ、気になりますね。



シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)