『ポプテピピック』効果で忙しくなった矢野正明さんの声優論

2019年3月30日

img_0_m
 
アニメ『ポプテピピック』に出演しているヘルシェイク矢野正明さんは、仕事が増えて嬉しい反面、自分の存在に気づかれたくないとも考えているそうです。

TOKYO MXなどで放送中の人気アニメ『ポプテピピック』に、脇役で出演している声優・矢野正明。アニメは30分の放送中、前半と後半ほぼ同じ内容で、毎回メインキャラクターのポプ子とピピ美を、大御所声優や人気声優が入れ替わり担当することでも話題となっている。矢野はその話題作に第5話以外すべて出演。その影響で現在、仕事の依頼や問い合わせが急増しているという。「平穏な生活に戻りたい」とうれしい悲鳴をあげている彼は、アニメ作品関連のインタビューも今回が初。

今までは海外ドラマや洋画の吹き替えのお仕事をいただくことが多かったのですが『ポプテピピック』に出演してから、アニメ作品の依頼や問い合わせも増えたと聞いています。スケジュールも休みはありますが、ありがたいことに、以前より仕事のお声がけをいただいている気がします。経済面では安定しました。少しずつ親孝行もできるようになりました。 

ただ、わがままに聞こえるかも知れませんが、目立つことは苦手で(笑)アニメや映画を視聴していると「あ、あの声優さんだ。この役もやっているのか」と気付かれる方もいるじゃないですか、個人的にはそれが悔しいんです。持論になりますが、一回現実に戻るじゃないですか。声優さんの名前を知らない小さいころは、ストレートにアニメの作品の世界に入れた。有名になると「あの声優さんだ!」と(視聴者を)素に戻らせて、「作品を100%の気持ちで楽しんでもらえなくなるのでは」と申し訳なくて。なので、エンドロールを見て初めて「あ、矢野さんが演じていたのか」と言われたら「やった!」と思いますね。 

s_914222
今は「あの声優さんが出てるからこの作品を見る」っていう経路もごく当たり前になってますけど、矢野さんの考え方も立派ですね。

関連:『ポプテピピック』コラボカフェに行ってきた人たちのレポートまとめ

シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)