sakubun_dokusyo_kansou

今年冬に映画化される、伊坂幸太郎さん著『アイネクライネナハトムジーク』の感想をまとめました。


俳優の三浦春馬が映画『アイネクライネナハトムジーク』(2018年冬公開)の主演を務めることが11日、わかった。

同作は小説家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説集で、累計42万部を売り上げているベストセラー。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤(三浦)を中心に、様々な登場人物の物語がつながっていく。

もともとは、アーティストの斉藤和義が伊坂へ作詞を依頼し、斎藤ファンの伊坂が「作詞はできませんが、小説を書くことならば」と短編小説を執筆。リアルで新しい恋愛群像を描いてきた“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される、今注目の新鋭監督・今泉力哉が、原作者の伊坂から「映像化できるのは今泉監督しかいない!」とラブコールを受けメガホンを取る。





シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)