『騙し絵の牙』映画化始動への反応「誕生日とダブルでめでたい」

2019年4月29日

SnapCrab_NoName_2018-4-3_22-53-38_No-00

出典 YouTube

塩田武士さん著・大泉洋さん写真(モデル)の小説『騙し絵の牙』が、予定通り大泉洋さん主演で映画化されるそうです。

株式会社KADOKAWAが発行する、塩田武士 著/大泉洋 写真(モデル)の小説『騙し絵の牙』(2017年8月31日発売)の実写映画化が始動しました。

『罪の声』著者・塩田武士が4年間にわたる取材で書き上げた社会派ミステリー!
人を魅了する笑顔の裏に深い陰を持つ主人公を、俳優・大泉洋が演じる。

『騙し絵の牙』は発案当初から映像化も視野に入れ企画され、俳優・大泉洋に関する綿密な分析による“あてがき”(大泉洋を主人公にイメージして執筆)で書かれた、2018年本屋大賞ノミネート作の中でも異色の文芸作品。

発売開始と同時に、多数の映像化のオファーを受けていたが、ついに大泉洋主演による実写映画化が始動!大泉洋が演じるのは、雑誌の廃刊を回避するため奔走する編集長・速水輝也。誰にでも愛される“人たらし”ながら、その笑顔の裏に深い陰を持つ、タイトル通り「騙し絵」のような二面性を持つ男の役どころとなる。
監督、脚本、配給は、続報にて発表。

s_914222
お誕生日に発表とは粋な計らいですね。

シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)