908c4ae936ba708bf14c12b83838aaec_s
台湾人作家・呉明益さんの小説『単車失竊記』がイギリスの「ブッカー国際賞」にノミネートされていますが、中国の講義を受けて、国籍の表記が一時的に「台湾」から「中国・台湾」に変更されたそうです。

 英国文学賞の最高峰・ブッカー賞で、授賞候補の作家の国籍表記が一時「台湾」から「中国・台湾(Taiwan,China)」に変更された。中国側の抗議を受けたものだったが、作家の意思より中国の主張を優先させたことに批判が広がり、元に戻した。

 問題になったのは、著書「単車失窃記」(英題・The Stolen Bicycle、盗まれた自転車)がブッカー賞の国際賞部門の候補13作に入った、台湾の作家・呉明益さん。同賞ウェブサイトは当初、呉さんの国籍を「台湾」と表記。呉さんはフェイスブックに「(候補に選ばれて)非常に光栄。私の国籍が『台湾』と記載されたからなおさらだ」と投稿した。だが後に表記が変更されたことを受けて3月29日、「私の立場ではない」と書き込んだ。同賞のフェイスブックには、同賞の対応を批判するコメントが殺到。4月4日になって表記は「台湾」に戻された。

 同賞の広報担当者は、中国大使館の抗議を受けたことを認めた上で、英外務省に公式な立場を照会中だと釈明。「『中国・台湾』が正しく、政治的に中立な表現との助言を得た」などと説明していたが、表記を戻した4日の声明では「関係者とのやりとりや適切な用語についての外務省からの助言に従い変更する。賞は国籍を定義するものではなく、英国で翻訳が出版されていれば全地球市民に選ばれる資格がある」とした。

 台湾メディアによると、台湾外交部(外務省)は3月末、ブッカー賞側に「重大な懸念」を伝え、呼称を元に戻すよう求めた。



s_914222
担当の人は板挟みで大変でしょうね……

関連:台湾人作家がイギリスの「ブッカー国際賞」に初ノミネート



シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)