244870
芥川賞受賞作家の柳美里さんが福島県南相馬市に「フルハウス」という書店を開いたそうです。


柳さんは東日本大震災後に県内に通うようになり、2015年4月に同市に移住。小高産業技術高の生徒が電車待ちをする場所がないことを聞き、書店開業を思いついた。オープンは同高の入学式(10日)に間に合わせ、この日を選んだ。大入り満員の願いを込めて「フルハウス」と名付けた。

店内は「立ち読み大歓迎」で、長居しやすいよう椅子をたくさん配置。自身の著作の他、歌人の俵万智さんや芥川賞作家の中村文則さんら著名人24人が開店に寄せて推薦した本など、約2000タイトルの本が並ぶ。土曜日には、著名な作家を招き、輪読会などのイベントを開催する。今後は、カフェを併設したり、高校生の学習室を設置したりするなどの構想もあるという。



『フルハウス』は柳美里さんの作品タイトルにもありました。
柳 美里

小説家・劇作家。1968年生まれ。神奈川県出身。
高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」に入団。女優、演出助手を経て、1987年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。1993年、『魚の祭』で、第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1994年、初の小説作品「石に泳ぐ魚」を、文芸誌「新潮」に発表。1996年、『フルハウス』で、第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞。1997年、「家族シネマ」で、第116回芥川賞を受賞。1999年、『ゴールドラッシュ』で、第3回木山捷平文学賞を受賞。2001 年、『命』で、第7回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞。


s_914222
書店「フルハウス」、すごく居心地のよさそうな空間ですね。



シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)