1: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 14:25:55.11 _USER
「七星のスバル」7月放送開始、スバルのメンバー描かれたキービジュも公開
2018年4月18日 11:25 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/278540

アニメ「七星のスバル」キービジュアル
no title


天羽陽翔
no title


空閑旭姫
no title


碓氷咲月
no title


アニメ「七星のスバル」が7月5日よりTBSにて放送開始することが決定。合わせてキービジュアルも公開された。

田尾典丈によるライトノベル「七星のスバル」は、オンラインゲームを通じた幼なじみたちの”約束”の物語。
かつてオンラインゲームで伝説となった小学生パーティ・スバルは、メンバーのひとり・旭姫の死をきっかけにバラバラになってしまう。
それから6年後、スバルのメンバーであった陽翔はログインしたゲーム内で、死んだはずの幼なじみ旭姫と再会するが……。
公開されたキービジュアルではスバルのメンバーの天羽陽翔、空閑旭姫、碓氷咲月の3人と、陽翔たちの前に現れる謎の少女エリシアが描かれた。

またアニメを手がけるスタッフも発表に。
アニメーション制作に「ハクメイとミコチ」などで知られるLerche、監督に仁昌寺義人、シリーズ構成に吉岡たかを、キャラクターデザイン・総作画監督に山本由美子が名を連ねた。

そのほかサイン入りポスターなどをプレゼントするキャンペーンをTwitterで実施。
公式Twitterアカウントをフォローし、該当のツイートをリツイートするとキャンペーンに参加できる。
6月上旬にはニコニコ生放送、中国のbilibili生放送で「七星のスバル ギルメンナイト(仮)」の配信も決定。
メインキャストの発表と、初公開となるプロモーション映像の解禁などが予告されている。

■アニメ「七星のスバル」

◆放送情報
TBS:2018年7月5日(木)より毎週木曜25:58~
BS-TBS:2018年7月7日(土)より毎週土曜25:30~

◆スタッフ
原作:田尾典丈(小学館 ガガガ文庫「七星のスバル」)
キャラクター原案:ぶーた
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:吉岡たかを
キャラクターデザイン・総作画監督:山本由美子
アニメーション制作:Lerche

4: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 14:58:18.06
これは期待

3: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 14:29:30.70
名前読めねえよ

10: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 15:35:38.03
タイトルだけ見て車の話かと思った。

5: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 15:02:04.99
レガシーに乗った谷村新司が7

6: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 15:04:06.02
涙のアルシオーネ誕生秘話アニメです。

8: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 15:08:36.52
スバルは六連星じゃないのか

13: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 15:57:21.97
昴は昔は7星だったが、今は星の寿命が尽きて6星になったらしい
世界中の神話では、7人姉妹の末っ子がどっかへ行ってしまう話が多いな
日本の羽衣伝説も、姉達は帰ったが末っ子は漁師の嫁になって地上に残るんだっけ
 

14: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 16:02:40.98
車がらみのやつは何とかのプレアデスがあっただろ

21: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 19:41:54.95
プレアデスじゃないのか・・・

22: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 19:54:12.94
えーと、何だっけアレ、アレ…!

と思ったら書かれてた
>>14 >>21

15: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 16:19:17.89
杖からエンジン音がするやつか

16: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 16:23:18.29
レオーネとかスバル360等の車の話かと思った。

19: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 18:12:23.45
ピンクかわいい

23: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 20:15:38.83
衣装が学芸会みたいなのはわざとかな?

28: 名無しの読書家さん 2018/04/19(木) 00:11:09.14
日本初のCVT開発の話だな

17: 名無しの読書家さん 2018/04/18(水) 16:36:41.68
あ、クルマ全く関係ないのね

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1524029155/

7月アニメ『七星のスバル』特報

s_511452
「すばる」命名の背景にはなかなか熱いドラマがあったようです。
富士重工業の期待を担って開発されたP-1でしたが、その中でも最も大きな期待を持って見守っていた人の1人に、初代社長の故北謙治がいました。北は自動車に関して一家言持っておりました。 それは、”自動車を作るなら本格的なものを作れ”ということと、”国産自動車には日本語の名前をつけるべきである”ということでした。ですから本格的な乗用車P-1についての関心は人一倍大きかったのです。

P-1の呼称を社内募集しようというのも北の発案でしたが、応募されたものは”坂東太郎””パンサー””フェニックス”などどうも思わしいものがなく、結局北自身が心の中に抱き続けてきた美しい日本語”すばる”と命名したのです。

”すばる”というのは牡牛座にある散開星団、つまり星の名前です。肉眼で見える星の数は6個から7個ですが、望遠鏡で見ると約250個の青白色星の集団です。西洋名プレヤデス、中国名昴(ぼう)、日本ではすばる、六連星(むつらぼし)とも呼ばれ、古事記、万葉集、枕草子などといった古い書籍にもその名前は散見します。富士重工業は五つの会社が一つに統合したことの意味を持つ、なかなかの命名でした。


シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)