job_kenchikuka

8: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 20:13:38.52
杉井光はロクにプロット作ってないっていうし、その友人作家なんかまったくプロット書かないそうだ
書ける人はプロットなくても書けちゃうもんなんだな……

9: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 20:36:02.78
一般の話だけどプロット派が四割、ノープロット派が六割くらいだとか

プロットの話を振っといてなんだけど、ここでこうしてみたいなあらすじのようなものはやってない
ワナビが作るプロットって、試行錯誤の歴史みたいなもんだと思うよ

10: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 20:56:25.65
日常ものならプロットいらんだろ
キャラが何かを思い付く
それに向けて語ったり行動に移す
楽しむ
めでたしめでたし

このルートにいくようにあとはアドリブで書き進めればいいんだから
それが受けるかどうかは知らんが

11: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:01:11.24
自分はミステリとかの要素を入れようとするんでプロットを組みがちになってる
2時間サスペンスの構成が小説一巻分にちょうど良いからなんで別にミステリではないが

15: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:12:14.50
プロット作りで一番時間がかかるのが登場キャラの名前だな
しっくりくる名前を生み出すのが辛い

18: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:21:15.55
>>15
分かる
特にヒロインで毎回悩む
できるだけ可愛い名前にしてあげたいけど、狙い過ぎるとそれはそれで萎えるし

16: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:13:34.27
スティーブン・キングはシナリオやプロットを組まずに書く事で有名だけど、アイデアやシノプスに相当するものは重視してるみたいだね。
そもそも、本人いわく十歳にもならないうちから書き始めてる人だし、過去の作品、特に短編をもとに長編を書き直すような事はやってるそうな。

17: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:18:57.57
大量に作品を見ていると、Aパートはこの作品のあそこらへんを参考にBパートはあっちの作品のあそこみたいに
キャラ設定や場所はそれらと被らないように

このくらいの感覚であとはアドリブ全開のノープロットで書くんだろう
俺もノープロットの時はそんな感じだ
まあこんなのを作る場合、煩わしい設定の構築の必要がない現代ものになるんだがな

20: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:32:38.49
一度書き込むと、癖になるなw

俺の場合は物語を書き始める前に、何をテーマに書きたいのかを考える
次に出だしと、真ん中辺の盛り上がりとエンドを考えて、それを箇条書きにして書き始める
書き始めて、キャラがそこそこ動き出したら必ず脱線するので、その都度軌道修正してテーマとエンドがブレ無いようにする
書いてる最中とか、寝る前とかにいい台詞や展開が浮かんだら書き留めておく
そんな感じだけど、これはプロットと言えるのかな?

23: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 21:34:58.23
自分はガチガチにプロット組む方
どっちかと言うと謎解き要素があったり伏線張る→どんでん返しで回収
みたいな話が多いから書いとかないと漏れてしまう

プロットの段階で特に主要なシーン(謎を解くシーンとか)は
もうある程度本番さながらに書いておいて
そのシーンが来たらプロットのファイルからコピペする

40: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:29:19.39 ID:p+HSf68nd
最近ブレイク・スナイダー・ビート・シートとかいうのに一個一個シーンを割り当てながらプロット作ろうとしてるんだけど、これってやり方として正攻法?
誰か似たようなことやってる人いない?

41: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:30:57.77
>>40
興味あるな。
どんな方式か教えて

43: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:38:26.49 ID:p+HSf68nd
>>41
詳しくはこれ見てくれ
https://kenkyu-labo.com/02/savethecat_3.html
15個に区切られた脚本テンプレートに、登場人物がどこで何をやるのか等を一つ一つ書き込んでいくって方法
まだやり始めたばかりだから、これが上手くいくのかどうか、そもそも正しいのかどうかも分かってない

45: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:42:21.27
>>43
ありがとう
シーンの役割だけじゃなく比率とかもあるのか
興味深いな

47: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:48:10.17
この手の当てはめ方式って、どうしてもワンパターンになっちゃうと思うんだよね
ひとまずちゃんとした形にしようと思った時は役に立つと思うけど

49: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:54:01.66
>>47
自分で作った構成と当てはめ式で書いてみて比較してみても面白いかもって思った

51: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 00:07:53.22
>>47
むしろ、パターンに当てはまらない方が難しい気が

48: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:53:42.68 ID:p+HSf68nd
>>45
どういたしまして
>>47
確かに、ワンパになるかもと危惧してる
でも少なくとも大きなミスのない無難なストーリーにはできるかなと思ってる

58: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 03:31:46.93
>>40
信奉者だけど、まんま使うとダメだわ
少しラノベに合わせられるように改変しないと使えない

59: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 03:51:11.28
>>58
どんなところがラノベに合わない?
俺はページ割り見て間延びしそうだと思ったけど

64: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 12:07:17.15
ところがどっこい
プロットが存在するのか!?って思うようなクソ構成作品でも、キャラが良いってだけで受賞できるのがラノベです
いうて、選評ほどに論理的にキャラが良いとも思えんし、選考委員のセンスが謎すぎる
いや選考委員のセンスは別に構わん。あんなの好みの問題だし。けどなんで、そんなクソ構成で二次、三次を上がっていけたのかという話よ

ここから察するに、やはり新人賞で見られているのはキャラクターの魅力なんだなと
キャラの魅力一点勝負で受賞までこぎつけられるのであれば、俺たちが注力すべきはキャラ作りなのでは?

>>59
元々映画脚本術だから
ハリウッド映画と小説の違い、小説とラノベの違いを理解せずに使うと優れた映画脚本が生まれることになる
どういう風に改変するかはその人次第だけど、実際に使えば理解できるよ

66: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 12:16:45.73
>>64
ラノベに限らんぞ
純文だろうがミステリだろうが時代小説・歴史小説だろうがドラマや映画の脚本賞であろうが、キャラクターが重視されるのは変わらん
SFは一昔前までは設定重視が流行った時代もあるけど、今はキャラが大事

67: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 12:53:10.79
>>64
>俺たちが注力すべきはキャラ作りなのでは?

そういう意見を見るたび、いつも思うんだが。

「かっこいいバトルヒーロー」というキャラを立てるなら、
「強い悪役と迫力あるバトルを繰り広げるストーリー」が必要であり、
「ご都合主義でちっとも盛り上がらないストーリー」では、かっこよく見えない。

「健気に一途に恋する可愛いヒロイン」を見せたいなら、
「逆境にもくじけることなく相手を想い続ける恋愛ストーリー」が必要であり、
「何の困難もなく全てが思うままに進む山も谷もないストーリー」では健気に見えない。

魅力的なキャラは、魅力的なストーリーがないと存在できないんだから、
「ストーリーよりもキャラに力を入れる」って感覚が俺には解らんわ。
カッコいいヒーローを描くことができた=カッコいいストーリーを描くことができた、だろ。

少なくとも俺には、「つまらんストーリーの中にいるカッコいいヒーロー」なんてものを
描ける能力はないな。切り分け不可能。
ストーリーがつまらなければ、必ずヒーローも一緒にカッコ悪くなる。

70: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 13:03:46.67
そもそも「注力」も何も、RPGのステータスポイントじゃないんだから、
ストーリーを落とせばキャラが上がるってものでもないだろ。
むしろ、>>67で言った通り、必ず一緒に落ちると思うよ。

だから俺は、キャラもストーリーも世界観構成も文章力も、
全てに等しく全力を尽くすよ。どこにも手を抜かない。全部100。
繰り返すが、「ストーリー」を80にすれば「キャラ」が120になるなんて
ものではないからな。
キャラを120にできる力があるなら、ストーリーを100のままでそれをやる。
いや、ストーリーも120にする。

出来上がった作品に対して読者が、ストーリーよりもキャラの方を高評価したとしても、
あくまでそれは結果。俺の得意不得意を批評してくれてるだけの話。
陸上と水泳と球技、全てに等しく全力で取り組んでも、全ての成績が同等にはならんだろ。

68: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 12:59:03.94
>>64
具体的な問題点言わないんかい
知ったかぶってるだけじゃないの?

42: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:37:27.48
ブレイク・スナイダーって三幕構成の記事で名前挙がってた気がするな
日本のワナビや作家はあまりそういう理論的なやり方はしないようだけど、他の人がやってるかどうかじゃなくて自分に合うかどうかじゃね、大事なのは

それこそ米映画業界では主流なスタイルに属する方式の一つだろうし

44: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:39:08.75
調べてみたら要するに王道展開を作る時の尺の使い方の黄金比ってことだよね
僕はその方法知らないでいたけど、尺の使い方って結構大事だと思うよ
初めてその物語に触れた人の中にうまく浸透するスピードってあるから

46: 名無しの読書家さん 2018/06/03(日) 23:44:01.62 ID:p+HSf68nd
>>42
>>44
なるほど確かに
とりあえずそれで最後までやってみて、上手くいくかどうか自分で試してみることにするよ

この記事は2ch.scの書き込みをまとめたものです
出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bookall/1527944922/

s_511452
「キャラが重要」っていうのは「ストーリーなんかワンパターンなテンプレでいいからキャラを立てろ」って意味かもしれませんね。



シンプルな家のフリーアイコン素材 6
本日の新着記事(TOPページ)