読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    管理人のオススメ作品

    ダウン症児の母親です!
    ©たちばなかおる『ダウン症児の母親です!』/講談社

    僕には知恵遅れの叔父が一人います。一緒に暮らしていないので、工場で働いているということ以外、詳しいことはほとんど知りません。正確には何という病名で、自治体からどんな支援を受けていて、毎日をどうやって過ごしているか――そういったことは何も知りません。小学生時代に抱いた「おばあちゃん家にはちょっと変なおじちゃんがいる」という認識が今もほとんど変わっていないということだと思います。

    皆さんの身近には、知的障害を持った人がいるでしょうか。
    ❝たちばなかおる『ダウン症児の母親です!』の感想❞の続きを読む

    朽ちていった命
    カバー写真=©David Sacks/Getty Images 発行所=新潮社

    1999年9月、茨城県東海村で臨界事故が起きた当時、僕は15歳でした。もう世の中のことに関心を持ってもいい年齢ですが、大人になってこの本と出会った時、東海村臨界事故のことは一切記憶になかったので、当時の僕がいかに無関心だったかということがよくわかります。

    そんな僕でもさすがに阪神淡路大震災(1995年)や地下鉄サリン事件(同年)のことはずっと覚えていました。東海村臨界事故も極めて重大な事故だったはずですが、僕が忘れてしまったのは、ニュースとしての扱いが小さかったからでしょうか。あるいは、繰り返し報じられなかったからでしょうか。いずれにせよ僕の中では完全に「風化」していたのです。
    ❝NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命』の感想❞の続きを読む

    残像に口紅を
    カバー・扉=舟越桂(協力=西村画廊)/本文イラスト=山内ジョージ/発行所=中央公論社

    漫画『スラムダンク』の高頭監督が言っていたように、「奇策」というものは現実にはなかなか成功しないものです。風変わりな作戦が華麗に決まるのはフィクションの中の出来事で、実際には正攻法が一番強いものです。強いから正攻法だとも言えます。

    それはスポーツや戦争に限らず、創作の世界でも同じことです。奇策を弄するものではありません。「今までにない斬新な手法で作りました!」と言われても、ほとんどの人は真に受けないか、期待しないでしょう。手法になんかこだわっていないで内容で勝負しろ――と思うでしょう。

    「使える五十音を少しずつ減らしていくという奇策を用いて書かれた小説」と聞いて、百人中何人が期待を抱くでしょう? ピュアに「面白そう!」と思う人は稀で、「試みは面白いと思うけど内容は期待できない」とか、「最後までやり切った努力は認めるけど内容は期待できない」と思う人が大半なのではないでしょうか。
    ❝筒井康隆『残像に口紅を』の感想❞の続きを読む

    このページのトップヘ