読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    まとめ

    date_masamune


    1: 名無しの読書家さん 2018/01/04(木) 07:03:10.14 _USER
     若者向けのイラスト付き小説「ライトノベル」で、ここ数年「なろう」の略称で知られる小説投稿サイト「小説家になろう」などネット発の作品が席巻している。昨年の書店の売れ行きの傾向や流行について振り返りながら、今年の展望を探った。

     ◇「なろう」は勢い衰えず

     ライトノベルのコーナーが充実している東京・秋葉原の書店「書泉ブックタワー」。同店の2017年シリーズ別年間ランキング(16年12月1日~17年11月30日)のトップは
    「魔法科高校の劣等生」だった。トップ10のうち8作品がネット発の作品で、トップ3は昨年の上位作品。ネット小説の席巻は、昨年と同じ流れだ。

     ライトノベルに精通する同店の田村恵子さんは「昨年と同じような流れの順位ですね。そして『なろう』の勢いは衰えておらず、 今後も快進撃は継続すると思います。正直、数年前に『なろう』が出たときは、ここまでになるとは思いませんでした」と話す。 売れる「なろう」の書籍化は激戦状態だが、新人作家も続々登場し、書籍の刊行点数も増え、新しいジャンルも生まれるなど活発だ。

     新ジャンルで象徴的なのは歴史もの。織田信長など有名人物ではなくマイナーな武将を題材に、現代から転生した主人公が、現代の知識を武器に活躍する……という特徴がある。
    織田信長の兄信広を主役にした「織田家の長男に生まれました」や、弟信行を主人公にした「信長の弟 織田信行として生きて候」、関ケ原の戦いで西軍を裏切った朽木元綱をモデルにした 「淡海乃海 水面が揺れる時」などだ。出版不況のご時世、普通であればボツ企画だろうが、ウェブで人気となった実績を基に商業誌になり、人気を集めているという。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mantan-web.jp/article/20171230dog00m200050000c.html

    ❝「なろう」の快進撃が続く? もう転生モノ飽きたんだけど…❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/01/05(金) 12:08:19.57
    「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」終了から10年が経ちました

    彼等で描かなければならない事があると思い、再び描くことにしました

    こうして描けるのも、10年経っても変わらず魔法律を愛して下さる皆様のおかげです
    感謝しかありません

    春からの連載の続報、何卒お待ち頂けたらと思います
    https://twitter.com/nishiyoshiyuki/status/948943799543152640

    ❝『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』がジャンプ+で新連載❞の続きを読む

    63e6c9c2947b692d14df69f544d6f13a_s

    小説家・加藤シゲアキが、サラリーマンが主人公のミステリーに挑んだ4作目の長編『チュベローズで待ってる』が好評発売中だ。加藤と親交があり、今まで発表してきた小説はすべて読んでいると語る漫画家の東村アキコ氏も「ずっしり重たい読み応えで、デビューの頃からさらに深く、濃くなっています」と太鼓判を押す。
    歌舞伎町が舞台の小説が好きで今までにもいろいろ読んできたんですけど、思った以上に歌舞伎町でした。重厚だし、生々しい描写もあるし。かといって、本物の歌舞伎町とはどこか違う。『チュベローズ』もいわゆる普通のホストクラブとは違いますよね。髪を立てたお兄さんがウェイウェイ言うわけではなく、『笑ゥせぇるすまん』に出てくるバー〈魔の巣〉みたいな知的な感じがするというか。実在する場所なんだけど、本物とはどこか違うという世界観のセンスがすごくいい。
    ❝加藤シゲアキさん『チュベローズで待ってる』の感想❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/01/08(月) 00:43:15.37 ● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    2018年1月7日から放送をスタートさせたアニメ作品「ポプテピピック」。

    あまりにもカオスすぎて意味不明な点が多い漫画が原作で、その漫画に負けないくらい意味不明な出来に仕上がり、「面白いのだが何が面白いのか説明できない」との声も出ている。

    ・ハッキリと「好きじゃない」
    しかし酷評している人も少なくなく、アニメーターでありアニメーション監督としても活躍している げそいくお氏 はハッキリと「好きじゃない」とTwitterに書き込みしている。以下は、げそいくお氏のTwitterコメントである。

    ・げそいくお氏のコメント
    「もっと攻めれるし面白くできるだろうに放棄してるのでは? 感が本当に好きじゃないですね やっただけ感がすごい しかもそれをやってるじゃなくてやらせてる感だから制作側としては凄い好きじゃない 好きじゃない」

    「クソって言葉すらも褒め言葉らしいですね また僕を鬱にしてくれる作品が増えたので頭抱えてます」

    ・クソでも好きだから文句言いつつ毎週見てしまう
    賛否両論すぎるアニメ版のポプテピピックだが、皆さんは視聴しただろうか? もしすでに観たのであれば、どのような評価を与えろだろうか?

    この件に関してポプテピピック好きに話を聞いたところ、「クソでも好きだから文句言いつつ毎週見てしまうだろうな」と話していた。

    アニメ本編と全文は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/01/08/pop-team-epic-anime-gesoikuo/
    no title

    ❝クソアニメ「ポプテピピック」第1話感想まとめ❞の続きを読む

    このページのトップヘ