読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    小説

    3c5b5f240b6586efc1bf13a76b35f72c_s

    1: 名無しの読書家さん 2018/03/28(水) 14:45:16.09 _USER9
     長崎県議会は28日、ノーベル文学賞を受賞した地元出身の英国人作家、カズオ・イシグロ氏を名誉県民とする県提出議案を全会一致で可決した。長崎市はすでに名誉市民としており、県と市は称号の贈呈の方法を検討する。

     「長崎のことを大切に思いながら世界的に活躍し、県の名声を高めるとともに郷土の発展に大きく貢献している」というのが、県の贈呈理由。イシグロ氏側へ2月に称号の受け入れを打診したところ「光栄に思う」との返事だったという。

     県知事や県議会議長が授賞式を前に送った祝福のメッセージに、イシグロ氏は「長崎での記憶は、キャリアの基礎」「子どもの頃、長崎で過ごした思い出は、ずっと、私の中に残っている」などとつづった礼状を返していた。

     イシグロ氏は1954年11月生まれ。5歳で両親と共に渡英した。82年発表の長編第1作「遠い山なみの光」は、原爆投下から数年後の長崎を舞台にしている。〔共同〕

    2018/3/28 10:44
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28673610Y8A320C1ACX000/

    ❝【賛否】カズオ・イシグロさんを長崎名誉県民にするのってどうなの?❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/03/21(水) 15:23:19.29 _USER9
    文藝春秋は21日、「週刊文春」3月29日号(22日発売)でタレントのビートたけし(71)の書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」を一挙掲載すると発表した。

    同作は、昨年話題を呼んだ恋愛小説「アナログ」以来の新作の書き下ろしで枚数は400字詰め原稿用紙80枚相当という。
    さらに掲載にあたり、たけし自ら描いた挿絵2点が入る。

    たけしは今回の作品について「書くきっかけは、ガキの頃、初めて飼った野良犬のチビの思い出があったからですね。お袋から棄ててこいと言われて、棄てるんだけど必ずウチへ帰ってくる。最後に町外れまで連れてくと、俺が迷子になっちゃった(笑)。チビが家まで無事に案内してくれたんで、お袋も『なんて頭のいい犬だ』なんてね。結局、飼い方も知らなかったんで満足に世話できなかった。犬の思い出と現代人の孤独が繋がった時に作品が生まれたと思う。こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んで貰えたらありがたいな」とのコメントを寄せていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000119-sph-ent

    ビートたけし
    no title


    ❝ビートたけしが新作小説『ゴンちゃん、またね。』を文春に掲載❞の続きを読む

    このページのトップヘ