読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/21】山林イチョウさんが『悪は滅びた。正義も死んだ。〜正義のヒーローと悪のヒロインによる奇妙な異世界冒険譚〜』を更新したそうです。
    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。

    文学

    e9df00f201cd723dccdd15d6a971a201_s

    学校生活とクラブ活動をテーマにしたアイドルグループ・さくら学院が、『校閲ガール』シリーズを書いた宮木あや子さんを講師に招き、公開イベント「小説の授業」を開催しました。 ❝アイドルグループ・さくら学院が公開イベント「小説の授業」を開催❞の続きを読む

    undoukai_trophy_gold
    日本文学振興会は16日、『第158回芥川賞・直木賞(平成29年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、直木三十五賞に門井慶喜氏『銀河鉄道の父』、芥川龍之介賞に石井遊佳氏の『百年泥』と若竹千佐子氏の『おらおらでひとりいぐも』を選出した。初小説『ふたご』で直木賞にノミネートされた人気バンド・SEKAI NO OWARIのSaoriこと藤崎彩織は受賞を逃した。
    セカオワなんか無理に決まってんだろw

    ❝【速報】第158回芥川賞・直木賞決定! セカオワSaoriさん受賞ならず❞の続きを読む

    1月12日、日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では「冬もジブリ」と題し『ゲド戦記』が地上波放送となる。アーシュラ・K・ル=グウィン原作の同名大作ファンタジー小説を宮崎吾朗が初監督を務めて映画化した本作。映画公開当時、原作者のル=グウィンはブログにて「映画について質問してくれた日本のファンと興味をお持ちのそれ以外のファンの方たちに向けて」とメッセージを発信しているのだが…。

    「映画は原作とは違うべき」と明言しながらも、「原作の筋を追ってしまった私にとって、映画は支離滅裂な話でした。登場人物は同じ名前でも、気質も違えば、背景や運命までも全く異なったもの」と脚本についても原作の改変に苦言を呈している。

    なかでも、ル=グウィンは主人公アレンの父親殺しについて疑問を呈している。

    「例えば、映画中で描かれる“アレンの父親殺し”には動機がみえません。『ダークシャドウ、分身がやったんだ』って説明が後から出てくるけど、それも納得いきません。じゃあ、なんでアレンは2つに分かれちゃったの? なんの手がかりもありませんでした。このアイデアはアースシー(原作世界)の大賢人(ゲド)からとったと思われますが、原作のなかでは、いかにしてゲドに影が付きまとうようになるのか分かるように書いてますし、終わりには、影が何者であるのかわかる理由も描かれます」
    ❝『ゲド戦記』がクソすぎて原作者のル=グウィンさんも酷評❞の続きを読む

    このページのトップヘ