読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/21】山林イチョウさんが『悪は滅びた。正義も死んだ。〜正義のヒーローと悪のヒロインによる奇妙な異世界冒険譚〜』を更新したそうです。
    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。

    文学

    1: 名無しの読者さん 2019/01/03(木) 17:26:28.09 BE:618588461-PLT(35669)
    児童書がエ□い!?「萌え絵」本は教育に悪影響を及ぼすのか

    子どもの絵本がだんだんエ□くなってきた──。
    河出書房新社の『せかいめいさくアニメえほん』シリーズで『にんぎょひめ』や『シンデレラ』といった姫系絵本が「萌え過ぎ!?」と、
    2013年の発行当時から話題になっていたが、最近また子どもの本の「萌え絵」論争が再燃している。一体、何が起こっているのか?

    ● 加速する児童書の「萌え絵」化は 古典名作の世界観を壊すのか

     「萌え絵」論争への導火線は、2017年から角川つばさ文庫が出した『新訳ナルニア国物語』シリーズだった。

     『ナルニア国物語』といえば1950年から1956年にかけてC・S・ルイスが書き上げた名作だ。
    邦訳は1966年に岩波書店から瀬田貞二の訳で発行され、日本で50年以上読み継がれている。

    この『ナルニア国物語』の原書が著作権切れになり、他出版社から新訳が出るようになった。
    実は2016年にも、光文社の古典新訳文庫から新しいイラストの『新訳ナルニア国』シリーズが出ている。
    だが、萌えを全面的に表紙に出した角川つばさ文庫の大変身はインパクトが強烈で、最近増えている児童書の「萌え絵」化、
    特に古典名作との違和感を訴える往年のファンの間では、子どもに悪影響を与えるという論争にまで発展した。

    img_4854615b064527903eeb64f254cb2af0160698
    「萌え絵」の児童書に眉をひそめる大人も多いが、子どもを引きつけるパワーは抜群。この現実をどう考えるべきだろうか?(写真はイメージです)

    https://diamond.jp/articles/-/187553

    ❝児童書の「萌え絵」化が教育に悪影響を及ぼす?❞の続きを読む



    ijime_boy

    ❝クラスメイトに小説サイトがバレた結果❞の続きを読む

    このページのトップヘ