読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    小説

    1: 名無しの読書家さん 2018/07/04(水) 14:02:44.68 _USER9
    山本周五郎の小説77年ぶり発見 命を惜しむ武士の物語
    2018年7月4日09時46分 朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASL735T1QL73UCLV00R.html

    欄外に「冨士」の印や山本周五郎の名前が入った「死處」の手書き原稿(講談社提供)
    no title

    「さぶ」や「樅(もみ)ノ木は残った」など、無実の罪や貧困などで辛酸をなめながらも懸命に生きる人々に光をあてた歴史小説の大家、山本周五郎(1903~67)が戦時中に書いた未発表の小説が見つかった。

    「死處(ししょ)」と題された短編で、「命は惜しい」と言う戦国武士を描き、
    戦時の風潮と距離を置く姿勢がうかがえる。
    13日発売の「戦国武士道物語 死處」(講談社文庫)に収録される。

    「死處」は山本周五郎の名入りの200字詰め原稿用紙に書かれている。
    欄外に雑誌「冨士」の印と昭和16年(1941年)10月25日の日付がある。
    「中一彌畫」とあり、人気挿絵家の中氏とのコンビが決まっていたようだ。
    赤鉛筆の校正も入っており、翌年1月号の掲載予定だったらしい。

    講談社文庫出版部の柴崎淑郎副部長によると、「冨士」は30万部超を誇ったが、戦時中の紙不足で休刊。
    「死處」はお蔵入りに。
    当時は原稿を返す習慣がなく、同社の資料室に保管されていた。


    「死處」の主人公は徳川家康の家臣で、武田信玄との戦を前に誰もが先陣を切りたがるなか、留守城の守りを買って出る。
    理由を問い詰める息子に、「人間のはたらきには名と実がある」と語り、命を惜しむことの大切さを説き、虚名に惑わされるなと諭す。
    しかし、最後は味方を守るために討ち死にする。

    山本は「死處」の半年後、似た設定の「城を守る者」(同文庫所収)を別の雑誌に発表。
    上杉謙信の家来が悪評に甘んじて守備に徹し、死者も出ない。

    文芸評論家の末國善己さんは「両作とも、生きて守るという方向性。
    戦地で死ぬのが誉れという時代に、命を惜しむ物語を書くのは勇気がいること。
    客観的に、熱狂してはいけないと伝えようとしたのだろう。

    偉い人が嫌いで、歴史的に評価が低い人を再評価する態度も山本周五郎らしい。
    その路線は藤沢周平に引き継がれた」と話す。

    ❝【朗報】山本周五郎の未発表原稿を発見(ネタバレあり)❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/07/04(水)18:37:31 ID:eZ8
    小説スレを立ててみたら、結構な数が現れる
    中には小説を全く読んだ事ないけど小説を書きたい、とほざく奴もいる

    ちょっと小説を舐めてませんかね?

    文章を書く事はほとんどの日本人に出来る
    学習障害などの特別な事情がない限りはね
    しかし、「読ませる文章」「巧い文章」となると話は別だ

    最近の遺伝学の研究では
    執筆に関する能力
    一般に文章力と呼ばれる能力、具体的には文章を論理的に構成する能力
    これは遺伝の影響が8割だと言われている
    つまり、文才は生まれつきの才能なのだ
    現に作家やライターになった人物は
    幼少期より読み書きに優れていたり、子どもの頃から文才を発揮しているケースが多い
    外国語を覚えたり、知識や語彙を得たり、文章の表現力を得たり
    こういう言語性知能と呼ばれる事柄は、生育環境によって左右される
    幼少期からの環境で差がつくわけだ
    つまり、小説家になれる人間は、ガキの頃から決まってるという事だな

    一方、漫画のほうが成人してからの努力でなんとかなる部分が大きい
    進撃の巨人なんて初期の頃に比べるとかなり絵が巧くなってるでしょ
    あと、画力がなくても通用する漫画もある
    カイジとかドラゴン桜が良い例だけど
    漫画のほうが努力でなんとかなる世界だといえる
    pose_doyagao_man


    ❝作文コンクールでの優勝経験があるワナビさん(30代)の主張www❞の続きを読む

    bijutsu_kaiga_mosya_gansauku

    1: 名無しの読書家さん 2018/07/04(水) 19:48:55.81 _USER9
    2018年7月3日 16時11分
     講談社は3日、芥川賞の候補になっている北条裕子さんの小説「美しい顔」について、同社のホームページで近く全文無料公開すると発表した。同社は、文芸誌「群像」6月号に掲載された同作について参考文献が未表示だったなどとしておわびの文章を同誌8月号に掲載する方針だが、このことが明らかになって以来、インターネットなどで中傷や誹謗が見られるため、同作の評価を広く読者と社会に問いたいという。

    https://www.yomiuri.co.jp/culture/20180703-OYT1T50081.html

    ❝パクリ疑惑を受けて「社会に問う」、講談社が芥川賞候補作を全文無料公開❞の続きを読む

    このページのトップヘ