読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    漫画

    SnapCrab_NoName_2018-5-15_18-1-59_No-00
    出典 YouTube

    862: 名無しの読書家さん 2018/04/26(木) 07:55:07.87
    今でもたまにブルーレイ見返してるけど、こんなにハマったアニメだから風化してほしくない

    逆に、もしもきらら系列で連載されていたら爆発的な人気だったのだろうか
    アーススターの売り込みは悪くはなかったけど雑誌そのものが無名すぎた

    ❝てーきゅうの再放送は10期への布石かもしれない❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/15(火) 07:18:14.08 _USER9
    2018年05月15日
    銀河鉄道999:初の実写ドラマ化 メーテルは栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 異例の生放送

     松本零士さんの人気SFマンガ「銀河鉄道999」が、スカパー!で実写ドラマ化され、メーテルを栗山千明さん、星野鉄郎をお笑いコンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎さんが演じることが15日、明らかになった。同作が実写ドラマ化されるのは初めて。ドラマを生放送する生ドラマという異例の形式で、6月18日午後8時からBSスカパー!で放送される。栗山さんがメーテルに扮(ふん)し、前田さんが鉄郎に扮したビジュアルも公開された。

     ほかに、凰稀かなめさんがクイーン・エメラルダス役、染谷俊之さんが機械伯爵役、橋本じゅんさんが大山トチロー役、宇梶剛士さんがアンタレス役で出演する。

     このほど開かれた会見で栗山さんは、憧れのメーテルを演じることに「正直、驚きました。そういう役をいただけて本当に光栄です。恐縮、うれしさと一緒に、多くのファンがいる作品ですので、期待にそえるように頑張りたい」と話した。同作については「小さい時に再放送を見ていて、好きでした。切なくて憂いがあるストーリーに引きつけられたという印象があります」といい「私自身、挑戦となる作品。999という作品の醍醐味(だいごみ)を実写になっても楽しんでいただけるように作っていきたいと思います」と意気込んだ。

     鉄郎役の前田さんは「(オファーに)驚きました。誰もが知っている作品の実写化を、まさか自分がやらせていただけると思っていなかったので、生半可なことはできないと思いました。 皆の中にそれぞれの鉄郎がいると思うので、その期待を裏切らないように頑張りたいです」と声を弾ませた。

     役衣装について栗山さんは「(部屋に入ったら)ハンガーに、想像通りのメーテルの衣装がかかっていました」と笑い、「年齢も年齢ですし、単純にビジュアルが成り立つのか不安でした。でも、ウイッグを付けたり、メークさんのおかげでよい形にしていただきました」と振り返った。栗山さんがメーテルに扮した姿を見た前田さんは「すごかったです! 超メーテルでした」と絶賛した。

     また栗山さん、前田さんとも生ドラマという形式に初挑戦。栗山さんは「決定の台本ではないが(台本を)見させていただいて『これを生でどうやってやるの』って思いました」と苦笑い。「未知数ですね、正直、不安の方が(大きい)。けいこを重ねたいと思います」と表情を引き締めていた。前田さんは「舞台経験もなく緊張、不安、怖いですね。アドリブは動揺しちゃうと思います。普通の撮り方と違うので、生らしさを出していければと思います」と力を込めた。

     生ドラマは60分で、生放送される30分のトークコーナーと合わせて「銀河鉄道 999 40周年記念生ドラマ『銀河鉄道 999 Galaxy Live Drama』」と題して放送される。生ドラマでは壮大な世界観を表現するためCGが多用される。トークコーナーのMCは、舞台「銀河鉄道 999 ~GALAXY OPERA~」で星野鉄郎を演じる中川晃教さんが務める。


    「銀河鉄道 999 Galaxy Live Drama」のビジュアル(C)松本零士・東映アニメーション/スカパー!
    no title

    ❝『銀河鉄道999』実写ドラマ化! メーテルは栗山千明、鉄郎は前田旺志郎❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/12(土) 21:16:22.17 _USER
    ニュース 2018.5.12 Sat 20:00
    TVアニメ『ヒナまつり』公式Twitterのフォロワーが1万人を突破した。それを記念してヒナたちが「あいったー」と痛がっているシーンをセレクトした「あいったー」アイコンをプレゼント中だ。

    『ヒナまつり』では登場人物が痛い目にあったときには、「あいったー」というセリフを口にすることがお約束となっている。このたび、公式Twitterのフォロワー1万人突破を記念し、公式サイトで「あいったー」アイコンのプレゼントを開始した。
    キャラクターたちが痛がっているシーンが詰め込まれており、見ているだけで「あいったー」と叫びだしてしまいたくなるほど。自分のTwitterを「あいったー」で飾れるユニークな企画となった。

    「あいったーアイコン」(c)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会
    no title

    村川梨衣が歌うオープニングテーマ「Distance」の店舗別特典も公開。さらにBlu-ray&DVD第1巻の予約・購入者に、キャスト直筆サイン入り台本が抽選で当たる企画もスタートした。詳細は公式サイトを確認してほしい。

    TVアニメ『ヒナまつり』
    https://animeanime.jp/article/2018/05/12/37743.html
    (C)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会
    《高橋克則》

    ❝『ヒナまつり』フォロワー1万人突破を記念して「あいったー」アイコン配布❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/11(金) 17:02:30.23 _USER9
    1970年代の漫画「愛と誠」(梶原一騎原作・ながやす巧作画)の紛失原画が、インターネットオークションに無断出品され、400万円で落札された。

    他にも行方がわからなくなっている原画があることから、版元の講談社は10日、「原画を発見した場合には、購入せずに編集部に一報を」とHPで告知した。

    「愛と誠」は1973~76年に「週刊少年マガジン」に連載された純愛漫画で、映画やテレビドラマで何度も実写化された人気作品。
    週刊少年マガジン編集部によると、74年ごろ、実写化に向けてテレビ局やレコード会社に原画を貸し出した際、カラー10枚とモノクロ5枚の原画が行方不明になった。
    当時、警察にも紛失届を出したという。
    その他の原画はながやすさんが管理しており、外部へ譲渡・売却されたことはないとしている。

    紛失した15枚のうち、カラー原画1枚が、今年4月20日に漫画古書店大手「まんだらけ」が運営するネットオークションに出品された。
    400万円で落札されたのは5月6日だった。
    週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長は「40年以上不明だったものがいきなり出品され、驚いた。オークションの中止を求めたが、まんだらけ側は『出品した以上は取り下げはできない』との対応だった。残念だ」と話す。
    まんだらけ広報部は「対応を協議中だが、担当者が休みのため回答は後日になる」としている。

    他の14枚の原画は今も不明のまま。
    ながやすさんとマガジン編集部は「もしネットや店頭にあれば、紛失原画なので購入せず、編集部に連絡してほしい」と呼びかけている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14700523/

    「愛と誠」の紛失原画が400万円で落札
    no title

    ❝【悲報】紛失していた『愛と誠』の原画、まんだらけにて400万円で落札❞の続きを読む

    このページのトップヘ