読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    その他

    歌人の俵万智さん(55)が12日放送のTBS系「サタデープラス」(土曜・前8時)にVTR出演し、1987年にベストセラーとなった歌集「サラダ記念日」には2つの“ウソ”があることを明かした。

     「『この味がいいね』と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日」などの短歌で、当時の女性の恋愛や生活を表現した「サラダ記念日」は、発売から半年で200万部を超えるベストセラーに。発売された年の流行語大賞にも選ばれ、ドラマ化もされた。

     しかし、この短歌にはウソが2つ含まれているという。俵さんは「ウソかホントかと言われると難しいんですけど、1番大きいのはサラダではなかった」と驚きの告白をした。

     「サラダではなくて鶏のから揚げカレー味。シチュエーションのきっかけとなったのは、当時の彼氏と野球を見に行ったときにお弁当に鶏のから揚げカレー味を作って持って行ったらすごく気に入ってくれた。その時に、『受けた! じゃあ、今日は記念日だな』と思って歌にしました」と振り返った。なぜ鶏のから揚げからサラダに表現が変わったのかという質問には「鶏のから揚げではヘビー過ぎるし、おいしいフランス料理を食べに行ったらおいしいのは当たり前ですよね。メインがおいしいより、サブがおいしい方がより記念日にすることに意義があると思いました。ささやかなものをおいしいと言ってくれたことが記念日になるという方が、より効果があるような気がして。で、“サラダ記念日”にしました」と理由を語った。

     実は7月6日の日付も違うのだという。「サラダ記念日を何月何日にするかという作業の中で、サラダがおいしい季節は初夏だなと思ったから。“しちがつ”と“サラダ”という音の響きがさわやかなので決めました。7月7日の七夕だと恋人のイベントになってしまう。そうじゃなくて何でもない日が記念日になることに意味があると思いました」と笑った。

    food_vegetable_sald

    663: 名無しの読書家さん 2018/05/12(土) 09:14:45.73
    サラダと唐揚げじゃ
    全然違うじゃんw

    ❝俵万智さんが『サラダ記念日』のウソを激白「サラダではなく唐揚げだった」❞の続きを読む

    このページのトップヘ