読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    その他


    「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」。こんなキャッチコピーの新聞広告をもとに道徳の授業が生まれた。多様な価値観がぶつかり合う時代に、異なる視点を持つことの大切さを考える。

    12月上旬、岡山県津山市の市立西中学校。2年生の道徳の授業で、担任教諭の谷本薫彦(くにひこ)さん(39)が生徒へ問いかけた。
    「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったら、どうしたいと思うだろう」


    370: 名無しの読書家さん 2017/12/25(月) 19:23:01.11
    >>1
    攻殻機動隊S.A.C.2GIG
    第18話「天使の詩 TRANS PARENT」
    バトーの無差別爆破テロリストへの台詞

    自分勝手な思想の為に大勢の人の命を奪っても
    娘の父親ではありたいのか?
    お前が爆破し、ガラス片を降らせたあの場所にも
    プレゼントを待っている子供や母親がいた筈だ!
    そういった人達の命を奪ったお前だけが、
    何食わぬ顔で娘に会えると思ったら大間違いだ

    ❝道徳の授業「ボクのおとうさんは桃太郎に殺されました」反応まとめ❞の続きを読む

    819888

    昨今、絵本業界では、過激な表現をやわらかにした「マイルド絵本」が多くなっているという。おばあさんが狸に殺されない『かちかちやま』。最後は鬼と仲良くなる『ももたろう』。悪さをしたオオカミが子ブタから報復されない『三匹の子ブタ』など、最後は仲良く大団円という誰も傷つかない内容がそれだ。一方で、マイルド化への“アンチテーゼ”かのように、昔ながらの絵本表現を重視している出版社もある。そこで、過激な表現をあえて残す絵本編集者に、その“編集意図”と“子どもたちへの想”いを聞いた。

    ❝インタビュー「“マイルド化する絵本”への警鐘」への反応❞の続きを読む

    このページのトップヘ