読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/1/11】けのんさんが『あな突き部へようこそ』を更新したそうです。
    【2018/11/30】PC版のコメント欄にIDが表示されるようになりました。

    ニュース・時事ネタ

    【社会】日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由


    1: 名無しの読者さん 2018/12/10(月) 06:21:26.53 _USER9
    多くの人が実感しているだろうが、日本にある書店の数は、この20年ほどで半数以下に減った。かつては駅前や商店街に必ずといってよいほど存在していた「本屋さん」が、人々の生活空間から消えつつあるのだ。なぜ、これほど書店がなくなっているのか。今後、書店という業態はわれわれの前から姿を消してしまうのだろうか。
    まず、書店が大幅に減少している背景には、単に本が売れなくなっているという要因だけではなく、日本独特の出版産業の構造がある。
    書店調査会社のアルメディアによると、1990年代の終わりに2万3000店ほどあった書店は、2018年には1万2026店にまで減少した。さらに、この数字には売り場のない事務所や雑誌スタンドなども含まれているため、書籍をそれなりに販売している店舗としては、図書カードの端末機を設置している約8800店(日本図書普及の発表による)が実態に近い数字だと思われる。
    ※続きは元記事

    kaisya_tousan

    ❝【悲報】日本の書店、この20年で半数以下に減少❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/12/10(月) 09:00:14.22 _USER9
     マイクロソフトの「Word for Office 365」の新機能が、あまりにも便利過ぎると一部で話題になっています。“暴れ回るティラノサウルス”をページやスライド上に表示できるというもので、マイクロソフトの公式サイトにもバッチリ書かれています。そうそう、ちょうどページ上でティラノサウルスを暴れ回らせたかったのですよねってコラ。



    no title

     この“暴れまわるティラノサウルス”は、3Dアニメーション挿入の1つとして追加されたもの。しかし、公式サイトの「アニメーション3d グラフィックスを挿入する」のページではティラノサウルスがギロッとこちらを見てくるアニメーションが表示されることなどから“暴れまわるティラノサウルス”こそがこの機能の主役であることは間違いありません。

    no title

     さらに3Dアニメーションは360度回転や拡大縮小ができるため、1ページ進むたびにどんどんこちらに向かってくるティラノサウルスといった演出も自由自在。プロジェクトのプレゼン、大学のレポート、暑中見舞い、遺言書などなど、いたるところでティラノサウルスを暴れ回らせ、軟弱な人類に白亜紀の厳しさをたたき込んでやりましょう。

     Twitter上ではこの新機能に、「Word文章にティラノサウルスを配置せずに提出するのはマナー違反」「『暴れ回るティラノサウルスを表示する機能』を実装するにあたって会議とかしたのかな…」「一体この世の誰が望んだ機能なのか意味不明すぎて虚構かと思った」「文章作業している時に暴れ回るティラノサウルスが必要になる局面ってあるの?」「どんなもんかと見てみたら本当にただのティラノサウルスで笑った」といった声が上がっていました。

    Wordに謎の新機能「暴れまわるティラノサウルス」が追加されネット騒然
    https://www.youtube.com/watch?v=XRJelUGOzBU



    2018年12月09日 12時45分
    ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/09/news021.html

    ❝Wordに謎の新機能「暴れ回るティラノサウルス」追加❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/12/05(水) 06:51:13.69 ● BE:201615239-2BP(2000)
    テレビや映画、動画配信などアニメ産業の市場規模は、去年1年間で2兆1500億円余りと過去最高を更新したことがわかりました。

    アニメーションの制作会社などで作る「日本動画協会」は、国内にある制作会社およそ150社を対象に、テレビや映画、動画配信、海外展開など9つの項目ごとに売り上げを算出し、毎年、アニメ産業に関する市場規模の調査結果をまとめています。

    それによりますと、去年の市場規模は、おととしを1600億円ほど上回って2兆1527億円となり、過去最高を更新しました。

    日本動画協会は去年10月に、おととしの市場規模が2兆9億円と発表していましたが、一部の企業の集計に誤りがあったとして1兆9924億円余りに金額を訂正し、去年の段階で初めて2兆円を突破したいうことです。

    9つの項目のうち、去年、売り上げが最も多かったのは、映画の上映やアニメ関連のゲーム販売など「海外展開」の9948億円で、次いでキャラクターグッズなどの「商品化」が5232億円となっています。

    市場規模が過去最高となった要因としては、海外、特に中国でアニメに関連するゲームが流行していることや、国内外でアニメの配信が活況となっていることなどが挙げられるということです。


    調査結果をまとめた「アニメ産業レポート」の増田弘道編集統括は「海外の市場が圧倒的に伸びていることが原動力になっていると思うが、政治状況などで市場が下がる可能性もあるので、配信事業などの部門で国内のプラットフォームをしっかりと築くことが重要になってくる」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181205/k10011734961000.html
    boueki_yusyutsu

    ❝アニメ産業の市場規模 、海外展開がおよそ半分を占める❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/12/04(火) 20:10:58.03 _USER9
    乃木坂46の高山一実の小説家デビュー作『トラペジウム』(11月28日発売、KADOKAWA)が反響を集めている。

    高山一実小説家デビュー作が異例の反響
    『トラペジウム』は、売れ筋ランキング日本文学部門(Amazon、2018年11月29日調べ)ほか書店各種ランキングで1位を獲得。
    初版数千部からスタートする本も多い文芸書としては異例の発売前重版1万部を行ったが、完売店が続出。
    Twitter内では「トラペジウムない」とザワつく状況に。

    急遽、発売日翌日に3刷3万部が決定。
    累計6万部に到達したが、店舗に届くクリスマス前までは商品が店頭になく、営業担当者も「過去に例がない」と言う状況だという。

    芥川賞作家の羽田圭介氏も「時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い」、乃木坂46の西野七瀬も「どの人物にも乃木坂メンバーの面影がにじんでいる」と絶賛のコメントを寄せており、写真集のヒットが相次いでいる乃木坂46メンバーの中で、個人で創作した小説が支持を集めているという稀有な現役女性アイドルが誕生した。

    あらすじ
    高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。
    「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。
    努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、己のすべてをかけて追いかけた夢の結末とは!?
    現役トップアイドルが、アイドルを目指す女の子の10年間を描いた、感動の青春小説。

    高山一実(たかやま・かずみ)プロフィール
    1994年2月8日生まれ、 千葉県南房総市出身。
    2011年8月、 乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。
    16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。
    同年9月、ファースト写真集『高山一実写真集 恋かもしれない』を刊行。
    本書が小説デビュー作となる。

    http://mdpr.jp/news/detail/1808432

    高山一実
    no title

    高山一実著『トラペジウム』(KADOKAWA/11月28日発売)
    no title

    ❝【朗報】乃木坂46高山一実さんの小説デビュー作『トラペジウム』爆売れ❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/11/25(日) 15:55:44.24 _USER
    電撃文庫の小説『錆喰いビスコ』が、宝島社のガイドブック「このライトノベルがすごい! 2019」文庫部門の総合・新作で1位を獲得した。総合と新作で同時にトップに輝くのは史上初の快挙である。

    『錆喰いビスコ』は人類を死の脅威に陥れる錆び風が吹き荒れる日本が舞台。最強のキノコ守り・赤星ビスコと美貌の少年医師・猫柳ミロが、いかなる錆も溶かし健康を取り戻すという伝説の霊薬キノコ・錆喰いを探し求める冒険ストーリーだ。
    第24回電撃小説大賞の応募作の中で「一番ぶっとんでいる」と評されて銀賞を受賞。2018年3月に第1巻、同年8月に2巻が刊行された。2019年1月には第3巻の刊行を予定しており、今冬からマンガアプリ「マンガUP!」にてコミカライズの連載もスタートする。

    「このライトノベルがすごい! 2019」でのダブル1位獲得を受けて、著者の瘤久保慎司は「『錆喰いビスコ』は、ものごとのセオリーを差し置き"こうしたら楽しかろう!"という灼熱の精神で日々進んでおります。
    熱風に転がされるように僕も原稿を書いてまいりましたが、チームで築き上げたその熱を読者様にご支持頂けたこと、大変に嬉しく、感動しきりです。ウォーやったぞ! 制作チームの皆様、 読者の皆々様に深く御礼申し上げつつ、今後とも何卒『錆喰いビスコ』を宜しくお願い申し上げ奉りまするーッ!」とコメントを発表した。

    なおイラスト・赤岸Kによる受賞記念イラストも発表された。さらに11月24日からはテレビCMの放送がスタート。ナレーションは声優の大塚明夫が務めている。

    電撃文庫『錆喰いビスコ』
    著者:瘤久保慎司
    イラスト:赤岸K
    世界観イラスト:mocha

    no title

    https://animeanime.jp/article/2018/11/25/41655.html

    ❝『錆喰いビスコ』このラノ2019で史上初の総合・新作ダブル1位❞の続きを読む

    このページのトップヘ