読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    雑談

    【画像】小学生「ニートやフリーターみたいな甘ったれた大人にならないよう頑張ろうって思った」


    1: 名無しの読書家さん 2018/09/10(月) 13:55:31.88 BE:509143435-PLT(12000)
    「一生アルバイトをした人と正社員と、給料の差はどれくらいになるか?二百万、二千万、二億。一つ選んで」。
    答えは平均で約二億円と告げられると「えーっ、そんなに!?」。子どもたちから驚きの声が上がった。


    川崎市立小倉小学校の六年生の教室。先月中旬、ビジネス専門学校講師の鳥居徹也さん(40)が、総合学習の時間に講義した。
    内容は「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」。
    クイズ形式で積極的な発言を促し、テンポの良い語りで子どもらを引き込んでいく。

    文部科学省の委託事業として、鳥居さんは昨夏から全国八十以上の中学校と高校を回った。
    「小学生でも理解できる」と助言され、今年から小学高学年に枠を広げた。

    「フリーターにはボーナスがない」「退職金がない」。鳥居さんは次々と“損”な例を示した。
    ニートについても「親の甘やかし」や「失敗や挫折」などの背景を挙げ、
    自立に向けた精神的な支えの大切さや、失敗を恐れず努力することの意義を訴えた。

    http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20060702/ftu_____kur_____000.shtml
    no title

    ❝小学生向け「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/09/09(日) 19:20:45.19 _USER
     Twitterに投稿された「男子のモテ属性遷移」の図が注目を集めています。なんだこの謎の説得力は……!

     悪あがき退助(@lack_commu)さんが投稿したその図では、主な男子のモテ属性である「足が速い」「不良」「ウェイ(※ノリが良い若者。パリピ)」「リーダー」「イケメン」「金持ち」の6つのモテ度が、歳を重ねるごとにどう変わっていくのかを示しています。



    謎の説得力ある……(画像提供: @lack_commuさん)

     小学生の頃から見ていくと、この頃は「足が速い」男子の単独モテ期。そのたぐいまれなる運動神経で他を圧倒しますが、中学生になるとその影は消え、「不良」男子の時代がやってきます。大人になって振り返ると謎ですが、確かにこの頃は不良なタイプがモテていた気がします。これは現代でもそうなのかどうか……?

     そして高校生になると、それまでなりを潜めていた「イケメン」が登場。先に言っておきますが、図ではここからイケメン男子はモテ続けます。もちろん、何の異議もありません……。また「ウェイ」系男子も勢いを強めますが、彼らは30代で減少します。次に「リーダー」は中学生からコツコツとモテ度をキープしつつ、30代で花開く感じ。最後に「金持ち」は、社会人になった20代から安定してモテるという内容が表されています。人によっては異論も上がりそうですが、大体こんな感じかもしれない。

     Twitterでは「中学生不良最強伝説わかりみ深すぎる」と納得する声や、わかりやすくまとめた図に「よくできてる」「面白い!」と話題に。また「勉強できる男子」がモテ属性にないことに気づいて「あ、そうか、何でもないです!」となにかを察する人の声や、どれにも当てはまらない人からは悲鳴が、他にも「足が速い人は、別な意味であしが早い」とうまいこという人の声もみられます。なんか切なくなってきた……。

     なお、小学生の頃に面白い男子は恋愛的な“モテる”というより“人気者”だったと振り返る声から、関西では小学生時代に「笑いが取れる男子がモテる上位を占めていました」といった声もあり、さまざまな意見が上がっています。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1809/09/news016.html

    ❝Twitterに投稿された「男子のモテ属性遷移」に反響多数❞の続きを読む

    このページのトップヘ