読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2019/2/21】山林イチョウさんが『悪は滅びた。正義も死んだ。〜正義のヒーローと悪のヒロインによる奇妙な異世界冒険譚〜』を更新したそうです。
    【2019/2/12】現在、晒し待ちが20件を超えております。お申し込みから掲載まで間が空くことをご了承ください。

    ゲーム

    1: 名無しの読者さん 2019/02/14(木) 06:35:43.74
    ゲーム「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案とする3DCGアニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が、8月2日に全国公開されることがわかった。

    これは2月13日に日本テレビ系で放送された「news zero」にて、総監督と脚本を担当する山崎貴が発表したもの。2014年公開作「STAND BY ME ドラえもん」のスタッフが再結集しており、
    八木竜一と花房真が監督を務める。また「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二が監修し、すぎやまこういちが音楽を手がけることも明らかになった。

    「news zero」の放送後に行われたストリーミング配信にも登場した山崎は、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」で導入されたモンスターを仲間にできるシステムが映画にも反映されていることを発表。
    「スライムはゼリー状のぷるんとしたCGになっていて、かわいいです」と語った。さらに「ヘンリーは出ますか?」という視聴者からの質問には、「ヘンリー、カッコいいですよ」と
    登場を匂わせた。

    発表に際する堀井と山崎のコメントは下記に掲載。キャラクタービジュアルやキャストなどの詳細は追って発表される。

    ■ 堀井雄二 コメント
    いまから30年前に「ドラゴンクエストIII」が社会現象を巻き起こしたとき、漫画化や映画化のお話がいくつか来ましたが、ゲームとしてのお話をそのまま別の形で表現しても面白さに欠けるだろうと
    思って断ったことがありました。それから時間が経ち、ゲームの表現も増え、「ドラゴンクエストIV」以降はキャラクターを立てストーリー性をさらに重視したことで気持ちに変化が現れました。
    作品に対して思い出もいっぱいあるので、追体験が出来る映画化もアリかもしれないと思っていた頃にこのお話が来たのですが、山崎総監督率いるチームの方々に作ってもらえると聞いて凄く
    期待しました。最近ラッシュと呼ばれる完成前の映像を視聴しましたが、しっかりとポイントポイントを押さえているし、山崎総監督自身の捉え方もあってすごく見応えのある映画になったと思います。
    「ドラゴンクエストV」では、“親子三代にわたって魔王を倒す”ということと“結婚相手を選ぶ”というゲームなのに本気で悩んでもらうという二つを物語の柱にしていました。一人の人間が
    子どもから青年へと成長し、そして親となり、自分の子どもが魔王を倒すという人生そのものを描きました。映画とゲームでは違っている部分もあるけれど、それがこの「ユア・ストーリー」という
    タイトルにハマっていると思います。昔からドラゴンクエストを愛してくれているファンの方にも観てもらいたいですし、まだドラゴンクエストを知らない人にも観てもらってゲームに触れてもらえたら
    嬉しいですね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000003-nataliee-movi
    no title

    ❝【朗報】ドラクエ5が3DCGアニメ映画化❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2019/02/09(土) 14:37:37.50 ID:zZkdGeiq0
    現実にあったギルドから直接発想されたものではないのは明らか
    しかしrpg的世界観の多くの元ネタであるドラクエ・FFには基本的にギルドはない
    どこから引っ張ったんだろ
    pravabelonline501

    ❝なろう小説によく出てくる「冒険者ギルド」という謎の存在の元ネタは何?❞の続きを読む

    このページのトップヘ