読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    【2018/11/30】PC版のコメント欄にIDが表示されるようになりました。

    アニメ

    【悲報】アニメ業界「ビックリするかもしれませんが深夜アニメはもうすぐなくなります」   


    1: 名無しの読者さん 2018/12/11(火) 16:22:12.667
       
    「当初予定していたスタッフの確保が厳しく」制作発表しても人手不足で作れない! 
    アニメ業界は地獄への片道列車か
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1211/ncz_181211_4574265466.html
    11月末、テレビアニメ『ガーリッシュ ナンバー 修羅』の制作中止が公式サイトで告知され、注目を集めた。

     この作品は、渡航(原案)QP:flapper(キャラクター原案)によるアニメ『ガーリッシュ ナンバー』(2016年TBSにてテレビアニメ化)を池澤真・津留崎優が4コマ漫画化したスピンオフ作品。

    公式ながら、半ば二次創作のような展開が話題となり2017年にアニメ化が発表された作品であった。

     アニメ化の発表から1年半あまりを経ての制作中止宣言ということもあってか、アニメファンの間でも大きな批判は見られない。むしろ、作品そのものが大して注目を集めていなかったことが冷笑的に捉えられているようだ。

     公式発表では、制作中止の理由として「当初予定していたスタッフの確保が厳しくなり、クオリティ、スケジュールについての保証が難しいと判断致しました」という説明を行っている。

     事実、アニメ業界は深刻な人手不足に陥っている。

    「すでに知られているように、アニメ業界は低賃金・長時間労働の極めてブラックな業界です。とりわけ、近年はそうした話題がネットでも頻繁に見られるようになったので、優秀な人材はどんどん離れていっています。

    よほどアニメへの愛が強い人を除けば、ゲームだとかよりマシな業界のほうを選択するのです。もはや、アニメ業界は限られた優秀な人材をお互いに引き抜き合うような状態になっています。

    そんな状態で、スケジュール通りに、クオリティも確保された作品をつくるのは、かなり難しいことなんです」
    (アニメ制作会社社員)

     アニメ業界で輝く未来を夢見て入ってきた人材も、10人いて1人残ればよいといわれる現状。当たり前のように存在する深夜アニメも、いつまでも続くものではない。
    business_black_kigyou

    ❝【悲報】優秀な人材はアニメ業界からどんどん離れている❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/11/27(火) 19:19:42.50 _USER
    no title


    ■堅実に伸びている訪日外国人数

    日本政府観光局は毎月、前月の訪日外国人の数を集計し、発表しています。

    2018年11月21日発表された訪日外客統計の集計・発表によると、2018年10月は264万人となり、10月としては過去最高を記録しました。2018年1月から10月までの訪日外国人の数を累計すると2610万人となり、年間累計が初めて3000万人を突破することは、まず確実となっています。国の目標である2020年の4000万人に向けて順調に伸びているといってよいでしょう。

    ■訪日外国人のお通し問題

    <訪日外国人にもトラブルになっている居酒屋のお通しは本当に悪なのか?>では、日本のお通し文化に馴染みのない訪日外国人客が飲食店に訪れ、お通し料金の計上でトラブルになっていることを取り上げました。

    日本でしか体験できないとあって、新宿ゴールデン街や新橋のガード下にある日本の古き良き居酒屋は、引き続き訪日外国人で賑わっています。

    ますます訪日外国人が増えていく状況で、このお通し問題が解決される糸口は何かあるのでしょうか。

    私は先の記事で、日本人がお通し文化を知り、それをしっかり伝えていくことが大切であると述べましたが、実は既に日本の居酒屋文化が世界へと発信されているのです。

    ■異世界居酒屋

    蝉川夏哉氏によるライトノベル『異世界居酒屋「のぶ」』は、京都の寂れた通りに店を構える居酒屋「のぶ」の正面入口がなぜかヨーロッパを思わせる城壁の古都アイテーリアとつながっており、様々な物語が展開される異世界グルメ小説です。

    訪れる客は、中世のアイテーリアに住む昔の人々なので、日本料理はもちろん近代的な料理を食べたことがなく、洗練されたお酒も飲んだことがありません。おいしい未知の料理の数々に驚嘆するアイテーリアの人々と、「のぶ」の板前であるタイショーやサービススタッフのシノブさんとの間で物語が展開されていきます。

    異世界グルメファンタジーという面白い設定が好評を博し、『異世界居酒屋「のぶ」』は2015年に漫画化されました。さらには、サンライズが制作して「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」というアニメになり、2018年4月13日から9月14日にかけてインターネットで配信されたのです。

    海外の動画配信サイトでの包装では英語や中国語の字幕が加えられ、累計視聴数3000万回を突破するなど、世界中の人々に発信されました。2018年10月2日からはBS11で、3日からはJ:COMテレビで放送が開始されています。

    日本の食文化を伝える物語なので、もちろん、お通しも何度となく登場します。世界で注目される日本のアニメを通して、日本の食文化を伝えることは非常に効果的ではないでしょうか。

    ■リアル店舗でのコラボレーション

    居酒屋「のぶ」/ぐるなび提供
    no title


    ライトノベル、漫画、アニメでの反響を受けて、面白い試みも行われました。

    2018年7月26日から8月26日にかけて「養老乃瀧」とコラボレーションし、池袋近辺にある7店舗でアニメに登場したメニューが提供されたのです。

    さらには、2018年11月16日から11月30日にかけて、日頃から訪日外国人がよく宿泊している浅草の「Samurai Hostel(サムライ ホステル)」とコラボレーションしています。1階にあるヴィーガン・ムスリム対応した『レストラン浅草「侍」屋台』がコラボレーション期間中は『居酒屋「のぶ」 』に改装され、営業しているのです。

    西麻布の個室料理店「くすもと」シェフである楠本勝三氏が監修し、ベジタリアンやムスリムに配慮したアレンジを加えながら、「のぶ」のメニューをブッフェや弁当で提供しています。

    居酒屋「のぶ」 唐揚げ/ぐるなび提供
    no title


    アニメに登場する料理が忠実においしく再現されていることから、早速話題となっており、開催期間も12月16日まで延長されることが決定しました。

    訪日外国人によく利用されるホテルと海外でも人気となっているアニメがコラボレーションすることによって、日本の食の魅力がより伝わりやすくなっているのではないでしょうか。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20181123-00105121/

    ❝異世界居酒屋「のぶ」が訪日外国人のお通し問題を解決?❞の続きを読む

    このページのトップヘ