雑学・雑談

雑学・雑談

雑学・雑談

1: 名無しの読者さん 2020/08/26(水) 23:15:33.49 _USER9

妻とは理解し合えず、離婚の2文字がよぎる

Aさんは互いに納得するかたちで決着したが、折り合いがつかず、関係が悪くなることもある。30代の男性会社員・Bさんは、最近ハマったバーチャルYouTuber(VTuber)の配信でチャットメッセージを目立たせる投げ銭「スーパーチャット」が、妻に見つかってしまった。

「VTuberが、自分の名前を呼んでくれるのが本当に嬉しかったのがきっかけでした。とにかくかわいい。でも、あるとき月5万円くらいのスパチャが妻に見つかり、『お金がもったいないし、ある意味浮気』『なんで私にはお金かけてくれないの?』とマジギレされました」

それまで、これといった趣味がなかったBさんだけに、コロナ禍で見つけたVTuberは“救世主”に近い存在で、「毎日が楽しくなった」という。だが、事態は「離婚」の2文字がよぎるほど深刻化している。

配信の雑談は楽しいし、歌も歌ってくれて、どんどんうまくなって、成長も感じられて本当に泣ける。感謝の気持ちでお金を投げることの何が悪いのか、いまだにわかりません。

妻には『普段、私との外食費とかはケチるクセに、得体の知れない女にはお金出せるの?』と泣かれて以来、あまり口をきいていません。このまま暮らしていても雰囲気が悪くなるだけ。離婚も頭をよぎっています」(Bさん)

全文はソース元で
https://www.moneypost.jp/697647

雑学・雑談

1: 名無しの読者さん 2020/08/10(月) 15:48:39.76 ID:Mu2g1ZAp0
底辺高校卒業
手取り17万円ボーナス1ヶ月分
こどおじ友達1
貯金30万円!パチンカス

雑学・雑談

1: 名無しの読者さん 2020/08/19(水) 21:14:52.328 ID:6TfCFG5P0
ただし30歳まで
論破できる奴いる?

雑学・雑談

1: 名無しの読者さん 2020/08/18(火) 10:41:12.92 _USER9

「人気だから4文字に略されるのか、4文字に略せるからヒットするのか、どっちなんでしょうね」と話すのは、テレビ誌編集者。

多部未華子(31)主演のドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系=火曜夜10時)もそうだ。

「わたナギ」と略されているが、第6話(11日放送)の世帯平均視聴率は16.0%(ビデリサーチ調べ=関東地区)と、番組最高を更新した。

「“ドリカム”とか“ミスチル”とか、もともと日本人は4文字に略すのが大好きですからねえ」と、芸能ライターのエリザベス松本氏は苦笑いしながら、こう続ける。

「ドラマでいえば、過去をたどれば『渡鬼(渡る世間は鬼ばかり)』もありますが、視聴者だけでなく、制作サイドも4文字の“略称”を強く意識するようになったのは、2016年放送の『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』のヒットからだと思います」

逃げ恥は初回視聴率こそ10.2%だったが、その後は右肩上がりで数字を伸ばし、最終11話では20.8%を記録。

最近なら、今年1月期放送の『恋つづ(恋はつづくよどこまでも)』も、初回9.9%から、最終10話で15.4%まで伸ばしている。

「ドラマの初回から見ているコアなファンにとってみれば、自分が一番最初に“キャッチー”な4文字の略称を作って、ハッシュタグ(#)を付けてSNS上で拡散したいわけです。熱烈なファン同士の“隠語”みたいなもので、ドラマについて熱く語り合いたい。それがジワジワとSNS上で拡散され、ドラマの数字も上がっていくという図式が出来上がっています。昨今のドラマのヒットは、SNS抜きには語れませんね」(前出のエリザベス松本氏)

熱烈な支持者がいるから4文字に略されるし、ハッシュタグを付けて打ち込みやすい4文字に略せるからヒットもしやすい……どちらも当てはまるというわけだ。

「確かに番組の企画会議でも、4文字にできるかどうかでタイトルが左右されることも、結構あるような……」(制作会社スタッフ)

もちろん、いくら4文字に略せても、肝心の中身がスカスカではヒットはおぼつかない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f846e691228e683e35724e14f9290cc76a15329