ゲーム

1: 名無しの読者さん 2018/12/27(木) 05:04:51.740 ID:SBtP70Yd0
どうしたらいいか教えてくれ
ちなニート

ゲーム

1: 名無しの読者さん 2019/05/19(日) 23:22:11.573 ID:+Na6eJhPa
笑えねえ

ゲーム

1: 名無しの読者さん 2019/04/13(土) 15:51:57.073 ID:GGiq6suX0
部下の転売騒動でギルドの頭が謝罪することになったり、ギルド間で市場戦争したりするあの空気が好きだったのだが?

ゲーム, ニュース・時事ネタ

ゲーム

1: 名無しの読者さん 2019/05/28(火) 16:52:50.47
名前 ケイシー・キング
年齢 34歳
職業 無職兼引きこもり
趣味 ゲーム
好きな食べ物 ピザ、チキン、寿司

http://japan.techinsight.jp/2019/01/ellis08360105.html

ゲーム, ニュース・時事ネタ

ゲーム, ニュース・時事ネタ

1: 名無しの読者さん 2019/06/01(土) 21:47:29.43 BE:971283288-PLT(13000)

元農水事務次官 殺人未遂で逮捕 被害者は息子か 死亡確認 警視庁
毎日新聞 2019年6月1日 20時10分

1日午後3時半ごろ、東京都練馬区早宮4の民家で「息子を刺し殺した」と男から110番があった。
警視庁練馬署員が駆けつけたところ、40歳くらいの男性が胸などから血を流して倒れており、まもなく死亡が確認された。
同署は男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

同署などによると、逮捕されたのは元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)。
屋内にあった包丁で刺したとみられる。亡くなったのは熊沢容疑者の息子とみて確認を進めている。
妻と息子の3人暮らしだったという。

熊沢容疑者は農水省畜産局長や農水審議官を経て、2001年1月に事務次官に就任した。

https://mainichi.jp/articles/20190601/k00/00m/040/224000c

ゲーム, ニュース・時事ネタ

1: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 22:54:52.82 ● BE:472367308-PLT(16000)

フジテレビを筆頭としてFNN28局がインターネットニュースを配信している「FNN PRIME」が、川崎殺傷事件に関するニュース記事を配信したものの、その内容が情報操作的、偏向報道的であるとして、猛烈なバッシングを受けて大炎上している。

・最悪の結果となった卑劣な事件
川崎殺傷事件は、岩崎隆一容疑者(51歳)が包丁で次々と小学生らを切り付け、女児1人、大人1人、そして岩崎隆一容疑者が自殺するという最悪の結果となった卑劣な事件。警察は岩崎隆一容疑者の自宅を家宅捜索した。

・「部屋にテレビとゲーム機」と報じる
その家宅捜索に関し FNN PRIME は「部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅」と題して記事を掲載。あえてゲーム機に焦点を当てた記事を掲載し、内容も「ゲーム機が部屋にあった」というだけのもので、特に犯行に関係がありそうなものではなかった。

(中略)

・ゲーム機を悪者にしようという流れ
特に内容がない記事ではあるが、このような事件ではあえてゲーム機に焦点を当てた記事を書くことにより、ゲーム機を悪者にしようという流れが作られることがあるため、今回の FNN PRIME の報道は情報操作的(偏向報道的)であると猛烈な批判を受けているのである。

たとえば、前参議院議員の山田太郎氏は以下のように語っている。

・山田太郎氏のTwitterコメント
「川崎殺傷事件の報道。あえてゲームとテレビのみを切り出し、記事ではゲーム機をことさら強調し、あたかも犯罪と紐付けるような報道は認めるわけにはいきません。抗議します(テレビの世帯保有率は98%以上、ゲームも3割以上)」

・どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか
警察の家宅捜索を報じるにあたり、「岩崎隆一容疑者の部屋に何があったのか」を視聴者に伝えるにしても、テレビとゲーム機は多くの家庭にあるもの。

コップ、雑誌、本、布団、枕、お菓子、パンなどは部屋になかったのか。たとえばパンがあったならば、「岩崎容疑者の部屋にテレビとゲーム機とパン」と報じず、どうしてテレビとゲーム機だけをとりあげて報じたのか。

(以下略)

全画像と全文は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2019/05/30/kawasaki-jiken-game-news/
no title

 

ゲーム

1: 名無しの読者さん 2019/05/21(火) 22:21:35.68 BE:618588461-PLT(35669)

日常生活を壊すゲーム依存が脳にもたらす影響や予防策について、最前線で治療と研究に取り組む国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の樋口進院長(65)に聞いた。

-ゲーム依存が怖いのは。

「日常生活の中心がゲームになり、現実世界がしぼんでいく。
ゲーム仲間と競争や協力をするうちに、自分の役割ができ、ゲームの中での人間関係が強くなる。
現実の生活に戻ろうとしても、勉強に付いていけず、友達もいないなど、ハードルが高すぎて簡単ではない。
さらにゲームに逃げ込むしかなくなる」

「中高生の場合、昼夜が逆転し学校に行けなくなる。成人では高額をゲームにつぎ込む人が多い。
さらに進むと、学校や仕事をやめるなどして将来に大きな影響を及ぼす。
単なる『ゲームのやり過ぎ』で済まされる話ではない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00010002-nishinpc-sci