文学, 管理人の感想

晒し経験者、黒崎江治さんの書籍化作品『滴水古書堂の名状しがたき事件簿』を読みました。以下、軽いネタバレを含みます。

ノンフィクション・エッセイ, 管理人の感想

ダウン症児の母親です!
©たちばなかおる『ダウン症児の母親です!』/講談社

僕には知恵遅れの叔父が一人います。一緒に暮らしていないので、工場で働いているということ以外、詳しいことはほとんど知りません。正確には何という病名で、自治体からどんな支援を受けていて、毎日をどうやって過ごしているか――そういったことは何も知りません。小学生時代に抱いた「おばあちゃん家にはちょっと変なおじちゃんがいる」という認識が今もほとんど変わっていないということだと思います。

皆さんの身近には、知的障害を持った人がいるでしょうか。

漫画, 管理人の感想

寄生獣
©岩明均『寄生獣』p.69/発行所=講談社

タイトルはホラーとか猟奇物っぽく見えるかもしれません。実際、恐ろしい絵やスプラッタなシーンも出てきますが、ジャンルとしてはバトル漫画だと思います。

文学, 管理人の感想

魔術
カバーデザイン=工藤強勝/発行所=偕成社

偕成社の『杜子春・くもの糸』には12の短編が収められており、この中で僕は『魔術』が最高傑作だと思っています。大変よくできた一枚の風刺画のようです。※以下、ネタバレを含みます。

ノンフィクション・エッセイ, 管理人の感想

朽ちていった命
カバー写真=©David Sacks/Getty Images 発行所=新潮社

1999年9月、茨城県東海村で臨界事故が起きた当時、僕は15歳でした。もう世の中のことに関心を持ってもいい年齢ですが、大人になってこの本と出会った時、東海村臨界事故のことは一切記憶になかったので、当時の僕がいかに無関心だったかということがよくわかります。

そんな僕でもさすがに阪神淡路大震災(1995年)や地下鉄サリン事件(同年)のことはずっと覚えていました。東海村臨界事故も極めて重大な事故だったはずですが、僕が忘れてしまったのは、ニュースとしての扱いが小さかったからでしょうか。あるいは、繰り返し報じられなかったからでしょうか。いずれにせよ僕の中では完全に「風化」していたのです。

文学, 管理人の感想

残像に口紅を
カバー・扉=舟越桂(協力=西村画廊)/本文イラスト=山内ジョージ/発行所=中央公論社

漫画『スラムダンク』の高頭監督が言っていたように、「奇策」というものは現実にはなかなか成功しないものです。風変わりな作戦が華麗に決まるのはフィクションの中の出来事で、実際には正攻法が一番強いものです。強いから正攻法だとも言えます。

それはスポーツや戦争に限らず、創作の世界でも同じことです。奇策を弄するものではありません。「今までにない斬新な手法で作りました!」と言われても、ほとんどの人は真に受けないか、期待しないでしょう。手法になんかこだわっていないで内容で勝負しろ――と思うでしょう。

「使える五十音を少しずつ減らしていくという奇策を用いて書かれた小説」と聞いて、百人中何人が期待を抱くでしょう? ピュアに「面白そう!」と思う人は稀で、「試みは面白いと思うけど内容は期待できない」とか、「最後までやり切った努力は認めるけど内容は期待できない」と思う人が大半なのではないでしょうか。

文学, 管理人の感想

劇場
装画=大竹伸朗「路上1」1990年/装幀=新潮社装幀室/発行所=新潮社

『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さんの二作目の小説です。劇団の脚本・演出としてくすぶり続けている主人公が、神様のように優しい女の子と出会って、くすぶりを延長してしまう話です。

ノンフィクション・エッセイ, 管理人の感想

剣術修行の旅日記
装幀=芦澤泰偉/発行所=朝日新聞出版

佐賀藩の牟田文之助という武士が嘉永6年(1853年)から2年間にわたって武者修行をした日記『諸国廻歴日録』に基づき、その足取りを追いながら、当時の「武者修行」の実態に迫る研究書です。

文学, 管理人の感想

コンビニ人間
装丁=関口聖司/発行所=文藝春秋

2016年に芥川賞を受賞した作品です。れっきとした文学作品なのに、ほとんどマンガみたいなスピードで読むことができます。一ページあたりの文字数が比較的少ないせいでもあるでしょうが、「視点が主人公に統一されていること」、「思考の明快さ」、「コンビニという誰もが知っている場所が舞台になっていること」、そして何より「面白さ」のためでしょう。