管理人の作品と感想文

第1話「進言」

第2話「協会」

第3話「決意」

第4話「交渉」

第5話「視線」

第6話「鉄則」

第7話「理由」

第8話「模倣」

第9話「技能」

第10話「予想」

第11話「談判」

 なるほど、言われてみれば確かに似ている。目付き、鷲鼻、他者を突き放すような話し方。

「安心しろ、腹違いだ」
「そうかい。何が安心なのか知らんけど」

 にしても、あの人格破綻者が二度も結婚できたとは……世の中何があるかわからない。

管理人の作品と感想文

第1話「進言」

第2話「協会」

第3話「決意」

第4話「交渉」

第5話「視線」

第6話「鉄則」

第7話「理由」

第8話「模倣」

第9話「技能」

「あっはっはっはっは!」

 カールスの笑い声が闇夜に溶けていく。

「冗談冗談。バドもそんな顔するんだね。収穫が多いなァ今回は」
「冗談……って」

 騙された、くそ。
 顔が熱い。焚き火の光に紛れていればいいが。

管理人の作品と感想文

第1話はこちら

第2話はこちら

第3話はこちら

第4話はこちら

第5話はこちら

第6話はこちら

第7話はこちら

第8話はこちら

「じゃあ、ぼちぼち出発しようかね~」
「よろしく、カールス。こっちは一年ぶりだから、足手まといになったらごめん」
「まぁ、ゆるゆる行こうよ。開拓ってほどでもないし。楽しい楽しいキノコ狩り」

管理人の作品と感想文

第1話はこちら

第2話はこちら

第3話はこちら

第4話はこちら

第5話はこちら

第6話はこちら

第7話はこちら

 店に戻ると、客はおらず、ハイネが店頭の刀を険しい表情で見つめていた。

「ただいま」
「おかえりなさい。どうだった?」
「いい知らせを悪い知らせがある」

管理人の作品と感想文

第1話はこちら

第2話はこちら

第3話はこちら

第4話はこちら

第5話はこちら

第6話はこちら

 ここに来るのも久々だ。
 店頭方向からの光がなくなって、工房は少し暗くなった。主な光源は炉の炎で、あとは換気のための小さな窓から差し込む細い光のみ。
 暗く、狭くなった。