文学, 国語・日本語, 漫画

文学, 創作論・執筆談義

ライトノベル, 文学, 創作論・執筆談義

1: 名無しの読者さん 2022/05/31(火) 17:04:58.52 ID:qd2ID0lA0
原稿用紙30枚以内で

ライトノベル, 文学, 創作論・執筆談義

1: 名無しの読者さん 2022/06/05(日) 15:55:13.192 ID:B+lKBXGPa
A…面白い小説をたくさん読んだけど、自分で小説を書いたことが無い人

B…他人の小説は読んでないけど、自分で小説をたくさん書いた人

文学, 絵本・詩歌・その他, 国語・日本語

文学

ライトノベル, 文学, 創作論・執筆談義

ライトノベル, 文学, 創作論・執筆談義

1: 名無しの読者さん 2022/05/25(水) 02:10:16.731 ID:tqImClnz0
一作品も書き上げたことがないのに自分の筆力に自信を持っているやつ

文学

1: 名無しの読者さん 2022/05/27(金) 19:18:42.92 ID:CAP_USER9
2022年5月27日 12時52分
https://www.cinematoday.jp/news/N0130356
https://img.cinematoday.jp/a/SsWXRBZ-uYF6/_size_1000x/_v_1653627524/main.jpg

 今年パブリックドメインとなった「クマのプーさん」(A・A・ミルン著)のホラー実写映画化が早速進行中だ。タイトルは『ウィニー・ザ・プー:ブラッド・アンド・ハニー(原題) / Winnie the Pooh: Blood and Honey』で、プーさんとピグレットはメインの悪役として凶行に及ぶことになる。

 監督、脚本、共同製作を務めたリース・ウォーターフィールドがVarietyに語ったところによると、本作はプーさんの「100エーカーの森」のモデルになったイングランド・アッシュダウンの森からそう遠くないところで10日間で撮影されたとのこと。大学進学を目指すクリストファー・ロビンから引き離され、自ら食べ物を狩らなければならなくなったプーさんとピグレットの姿が描かれる。

 ウォーターフィールド監督は「彼らは動物のルーツに戻ったんです。彼らはもはや飼い慣らされてはいません。獲物を探し回りたいと望む、獰猛なクマとブタのようなものなんです」と説明。ロバのイーヨーは、飢えたプーさんとピグレットにすでに食べられてしまっていることも明かした。

 唯一の心配事はディズニーから何かを言われること(※ミルンの「クマのプーさん」はパブリックドメインになったが、それを基にしたディズニー版の使用権はディズニーが保持している)であり、ウォーターフィールド監督は本作をオリジナルの1926年版のみに基づいたものにするよう細心の注意を払っているのだという。そのため、本作のプーさんは赤いTシャツは着ていない。製作のジャギド・エッジ・プロダクションズは年内の公開を目指しているとしている。(編集部・市川遥)