文学, 過去記事

9f099109ca243474add6ffa920058e9c_s

1: 名無しの読書家さん 2018/02/02(金) 15:42:28.06 _USER9

作家、栗本薫さんの未発表原稿発見 「ぼくらシリーズ」“幻の第2作” 電子書籍で配信へ
2018.2.2 15:30 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/180202/lif1802020030-n1.html

小学館は2日、平成21年に死去した作家、栗本薫さんの未発表作「ぼくらの事情」(未完)の自筆原稿を発見したことを明らかにした。同作は当初、江戸川乱歩賞を受賞した長編ミステリー「ぼくらの時代」に続く「ぼくらシリーズ」の第2作として執筆されたが、未発表になっていたという。

この“幻の第2作”は電子書籍「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」(全30巻)の第3巻に収録され、9日から配信される。

「ぼくらシリーズ」は、作者と同名の探偵の活躍を描いた作品。今回発見された「ぼくらの事情」は、主人公らの大学入学後、学生運動の中で起きた内ゲバ殺人などが描かれているという。

栗本さんは、「中島梓」名で評論でも活躍。長編ファンタジー「グイン・サーガ」などの代表作がある。

文学, 過去記事

859420
東山彰良さんの『僕が殺した人と僕を殺した人』が第69回読売文学賞の小説部門に選ばれました。

文学, 過去記事

240545
KADOKAWAが「横溝正史ミステリ大賞」と「ホラー小説大賞」を統合して、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」という一つの賞にするそうです。

文学, 過去記事

b6aea9d61a331fa636d4fa64f320879f_s

鉄道小説家の豊田巧さんは43歳で作家デビュー。

当初、編集者の石川順恵さんから厳しい指導を受けたそうです。

文学, 過去記事

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s

桜庭一樹と辻村深月さんが昨年(2017年)10月、山形市遊学館でトークショーを行いました。


文学, 過去記事

今年11月、人気推理小説家・東野圭吾のサスペンス小説「白夜行」がミュージカル化され、上海文化広場で披露される。

小説は日本のバブル時代を舞台に、絶望を伴う酷く切ない恋愛と冷静沈着なサスペンスが見事に組み合わされ、1999年に日本で発売されると、東野圭吾は一気に人気作家となった。中国でも「白夜行」をはじめとする東野圭吾の作品は大人気だ。

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_s

19: 名無しの読書家さん 2010/11/03(水) 04:19:13
読み終わって、タイトルが素晴らしいと思った

文学, 過去記事

2fc0b486a56fd60ea3478780e85b6936_s

今年の大学入試センター試験の国語で小説『キャベツ炒めに捧ぐ』を採用された井上荒野さんが、自ら問題を解いてみたそうです。
 

文学

SnapCrab_NoName_2018-1-24_12-35-34_No-00

出典 YouTube

1: 名無しの読書家さん 2018/01/24(水) 09:02:31.82 _USER9

アーシュラ・K・ル=グウィン氏が22日、オレゴン州ポートランドの自宅で死去した。米メディアが報じた。

死因は不明。故人の息子は「数カ月、健康状態が悪かった」と話した。

代表作にヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞した「闇の左手」や「所有せざる人々」などがあり「SF界の女王」と称された。
名作ファンタジー小説「ゲド戦記」は1968年から2001年にかけて出版された。

 アニメ映画「ゲド戦記」は宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(83年)を原案に製作。今月12日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送されたばかり。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000077-spnannex-ent

文学

パチスロで有名な(笑)『バジリスク~甲賀忍法帖~』は、山田風太郎さんの小説『甲賀忍法帖』を原作とした漫画・アニメです。
その二次創作として山田正紀さんが書いた小説『桜花忍法帖バジリスク新章』が2018年1月にアニメ化されました。

SnapCrab_NoName_2018-1-22_12-57-6_No-00

出典 YouTube

1: 名無しの読書家さん 2017/12/29(金) 07:24:03.13
最終回で心中したはずの弦之介と朧が実は生きていて、
子作りしてそれぞれの能力を受け継いだ双子を生んでから改めて死んだ

と物語の前提からして蛇足の極みの醜態を晒し、
放送前から既に前作のファンに三行半を叩き付けられているにも関わらず、
厚顔無恥にも甲賀忍法帖の公式続編を名乗っている汚物、
バジリスク~桜花忍法帖~のアンチスレです。

アニメ公式サイト:http://basilisk-ouka.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/basiliskouka

文学, 過去記事

1: 名無しの読書家さん 2018/01/16(火) 21:05:28.10 _USER9
直木賞選考委員・伊集院静氏、Saoriの才能を評価「作家だったら『世界が終わる』いうことはありません」
2018年1月16日20時55分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20180116-OHT1T50212.html

藤崎彩織
no title

第158回直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員を務めた作家・伊集院静氏は、「ふたご」で同賞の候補作となった人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のSaoriとして活動する藤崎彩織さん(31)について講評した。

―藤崎さんについて

「才能がある。感性もある。小説の形としては完成度が足りないんじゃないか。事実であるようなことが書かれている。物語はきれいにみえる、真実を書くと物事があいまいになって見えなくなる。あるものをそのまま書くと。最初に書かれた作品としては非常に才能がある」

「これまでに素晴らしい楽曲と出会ってきたように、素晴らしい小説と出会うと、もっと素晴らしい作家になれると思う。作家のほうが(音楽家より)解散がないから楽ですから。作家だったら『世界が終わる』いうことはありません(笑い)」

―候補に入ったことについて

「どういうことなんだというの(議論)はありましたけど、そんなことを争っていたら長くなりますからね。何かがあるから(候補に)残したというのは斟酌しないと。音楽業界よりも芸人(又吉)よりも純粋だったということでしょうね」

―藤崎さんが優れている点は?

「ものの見方。斜めにならず、まっすぐ見ようという前向きなところが感じられるのがよかったと思う。文学を高尚という発想はしない。いろな人が入ってくる、違う世界の人が入ってくるのは素晴らしいことだと思う。我々はそういうものを非常に期待しています。プロ野球選手が入ってくれてもかまわない。あり得ないでしょうけど」

4: 名無しの読書家さん 2018/01/16(火) 21:07:26.12
物腰は丁寧だが小馬鹿にしてね?