文学, SS

computer_side_man

1: 名無しの読者さん 2019/01/22(火) 12:38:28.81 ID:setmfYLOr

キーンコーンカーンコーン・・・

滓本「おい、転入生が来るらしいぜ。」

屑野「おえっ!?マジかッ!?」

清水「あの須藤が退学したからその間を埋める為じゃない?」

滓本「そうかもな。まあ俺的にはあいつが消えてくれて良かったけどな。俺はああいう何もできねぇくせに出しゃばってる輩がウザくて仕方ねぇんだ。つい精神的に追い詰めてやりたくなるぜ。ハッハッハ!」

屑野「将来、あんな野郎はニートだな!ダハハハハハハッ!!」

滓本「ああ、違ぇねぇ。ハッハッハ!」

清水「ねぇ、そう言えば今日は中村がいないんじゃないの?」

文学, 創作論・執筆談義

芥川賞・高橋弘希さん「小説と将棋は似てるかも」

1: 名無しの読者さん 2018/07/23(月) 19:17:13.03

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180723-00008250-bunshun-ent
全文はリンク先参照

では最近の興味の対象は?

「直近は将棋ですね。というか将棋は定期的にハマってます。
今は観る専門なんですけど、一時期はプロを目指そうかというくらいハマりました。
でも調べてみたら、小学生のころには奨励会に入ったりしないとプロになれないらしいのであきらめましたが。
そのときすでに大学生だったので。

将棋って、小説を書いていく過程と似ているところがあるんです。『なんとなく』で進んでいくところが。

羽生善治さんが、この局面はこんな形だからなんとなくこの手がいいんじゃないか、
といった具合で対局が進んでいく、みたいなことを、どこかで言ってたんですよね。

小説も似たとこがあって、この場面はこんな形だから、なんとなくこんな文章がいいんじゃないかな、
というふうにして物語が進んでいく。
ある場面ができると、そこからまたなんとなくこんな形がいいんじゃないか、と進んでいく。

棋士の方々が本当はどう考えているのかはわかりませんが。そのあたりは興味深いですね」

ならば次は将棋をテーマにした小説を執筆なさる?

「いや、いまのところ将棋小説を書く予定はないです(笑)」

syougi_shidou

文学

1: 名無しの読者さん 2019/01/14(月) 23:42:02.60
津軽

dazai_osamu

文学, ニュース・時事ネタ

1: 名無しの読者さん 2019/01/03(木) 17:26:28.09 BE:618588461-PLT(35669)
児童書がエ□い!?「萌え絵」本は教育に悪影響を及ぼすのか

子どもの絵本がだんだんエ□くなってきた──。
河出書房新社の『せかいめいさくアニメえほん』シリーズで『にんぎょひめ』や『シンデレラ』といった姫系絵本が「萌え過ぎ!?」と、
2013年の発行当時から話題になっていたが、最近また子どもの本の「萌え絵」論争が再燃している。一体、何が起こっているのか?

● 加速する児童書の「萌え絵」化は 古典名作の世界観を壊すのか

 「萌え絵」論争への導火線は、2017年から角川つばさ文庫が出した『新訳ナルニア国物語』シリーズだった。

 『ナルニア国物語』といえば1950年から1956年にかけてC・S・ルイスが書き上げた名作だ。
邦訳は1966年に岩波書店から瀬田貞二の訳で発行され、日本で50年以上読み継がれている。

この『ナルニア国物語』の原書が著作権切れになり、他出版社から新訳が出るようになった。
実は2016年にも、光文社の古典新訳文庫から新しいイラストの『新訳ナルニア国』シリーズが出ている。
だが、萌えを全面的に表紙に出した角川つばさ文庫の大変身はインパクトが強烈で、最近増えている児童書の「萌え絵」化、
特に古典名作との違和感を訴える往年のファンの間では、子どもに悪影響を与えるという論争にまで発展した。

img_4854615b064527903eeb64f254cb2af0160698
「萌え絵」の児童書に眉をひそめる大人も多いが、子どもを引きつけるパワーは抜群。この現実をどう考えるべきだろうか?(写真はイメージです)

https://diamond.jp/articles/-/187553

文学, 創作論・執筆談義

ijime_boy


文学, 漫画

1: 名無しの読者さん 2019/01/07(月) 15:25:01.242 ID:YxMAaDwg0
よし作家なるわ!
漫画家でもええ

E_3Ifwk4_400x400

文学, 漫画

1: 名無しの読者さん 2019/01/03(木) 15:38:31.879 ID:6HIZm6Gx0
お前ら作品の準備しなさすぎ
なんにもないところから作品乱発しすぎ

job_kenchikuka

ライトノベル, 文学

1: 名無しの読者さん 2019/01/01(火) 23:15:09.82 ID:R3mShBcE0
ゲームと何が違う

darui_man

文学, 創作論・執筆談義

1: 名無しの読者さん 2018/10/23(火)18:05:31 ID:rx5

ワイ「そんなんいちいち考えるより描く方が重要やろ」

ワナビくん「中身のない作品は作品とよべない!」

ワイ「創作を特別なもんだと勘違いしてる奴はいつまでもたっても描けないんやで」

stamp_message4

ライトノベル, 文学, 創作論・執筆談義

1: 名無しの読者さん 2018/08/29(水)22:05:27 ID:Jwy

謎の美少女が出てくる

その謎の美少女は顔か声、もしくはどちらもが「凛として」いる

computer_kurayami_man