ライトノベル, ニュース・時事ネタ, 過去記事

e956ed6484fc7589ba8888dc3090ace7_s

小説投稿サイトのエブリスタが「書きたい気持ちに火がつく」をテーマにしたメディアを創刊しました。

ライトノベル, ニュース・時事ネタ, 過去記事

8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s

2011年から2016年にかけて、ライトノベルの市場規模は右肩上がりだそうです。

ライトノベル, ニュース・時事ネタ, 過去記事

小説版『カゲロウデイズ』完結を記念して、東京の池袋でポップアップストアが開催されているそうです。

2011年にネットに公開された動画から始まり、爆発的な人気を得てアニメやコミックにも幅広く展開中の『カゲロウプロジェクト』。その小説版となる『カゲロウデイズ』の完結を記念して、現在ポップアップストアが開催中です。このポップアップストアでは、小説版のカバー絵や口絵を使ったオリジナルグッズを先行販売しています。

ポップアップストアの開催期間は2018年2月28日(水)~3月14日(水)、場所は東京・池袋パルコ6階のイベントスペースです。なお開催後はKADOKAWA エンターブレイン公式通販「エビテン」で、今回のオリジナルグッズの通信販売を行います。

『カゲロウプロジェクト』と小説版『カゲロウデイズ』について
『カゲロウプロジェクト』は、音楽家・小説家のじん(自然の敵P)氏が2011年に動画投稿サイトで公開した楽曲動画から始まった、ストーリー性の高いマルチメディアミックスプロジェクト。2012年5月にはじん(自然の敵P)氏自らが執筆し、動画のビジュアルを担当したイラストレーター・しづ氏がイラストを描きおろした小説版『カゲロウデイズ』を、KADOKAWA KCG文庫から刊行、発売即重版となる好調な出だしを記録。続々とシリーズを刊行し、すべてが重版を続けている。楽曲も次々と制作・発表され、CDのほか、KADOKAWA コミックジーンでのコミカライズやTVアニメ、劇場版MX4Dアニメなどが展開されている。音楽・小説・コミックすべてに独自の視点が存在し、個性的なキャラクターたちが、ストーリー内に張り巡らされた謎の正体を追い求めていく、その複雑なストーリー展開は、ネット世代の若年層を中心に絶大な支持を集めている。2017年12月、小説版のクライマックスとなる8巻が発売、シリーズ累計900万部を突破した(小説・コミックス・関連書籍含む)。

SnapCrab_NoName_2018-3-3_15-4-30_No-00

出典 YouTube

以下、「カゲロウデイズって神曲だわ」スレより。

1: 名無しの読書家さん 2012/12/18(火) 07:16:02.16
カゲロウデイズは、ホントにかっこいいし、なんか死ぬので切なくなるけど、みんなはどう思う?

小説家になろう, ニュース・時事ネタ, 過去記事

6eca750134af902ffa08f61b191e62e9_s

654: 名無しの読書家さん 2018/03/01(木) 06:44:50.72

昨日本屋行ったら羽生弓弦五輪写真集が3誌出ていた
出版社見たらわりとマイナーな会社
すぐ出せば売れるとみて寝ずに作ったんだろうと思ってほっこりした気持ちになった


ニュース・時事ネタ, 過去記事

523395

1: 名無しの読書家さん 2018/02/26(月) 17:11:37.65 _USER9

全国大学生協連(東京)の調査で、1日の読書時間について大学生の53%が「ゼロ」と回答したことが、26日分かった。半数を超えたのは、調査に読書時間の項目が入った2004年以降初めて。「本離れ」が若い世代で進行している実態が明らかになり、アルバイトをする学生に読書時間ゼロが多いとの結果も出た。

 この調査は「第53回学生生活実態調査」。大学生の1日の読書時間は平均23.6分。ゼロと答えた学生は53.1%で、昨年より4.0ポイント上昇。文系が48.6%、理系が54.5%だった。アルバイトをしている学生のうち読書時間ゼロと答えたのは54.5%だった。

第53回学生生活実態調査の概要報告
http://www.univcoop.or.jp/press/life/report.html

2018/2/26 16:03
共同通信
https://this.kiji.is/340751306162308193

ニュース・時事ネタ, 過去記事

1: 名無しの養分さん 2018/02/08(木) 03:29:28.86 _USER
【2月7日 AFP】
今年で死後34年を迎えるフランスの哲学者ミシェル・フーコー(Michel Foucault)が著した
「性の歴史(The History of Sexuality)」シリーズのうち、
未発表だった第4巻「肉体の告白(Confessions of the Flesh)」が今月9日、ついに出版される。

 未完のまま残されていた同著では、「同意」をめぐる繊細な問題についても論じられており、
遺著管理者らはフーコーの考えを世に出す機が熟したと判断。
仏出版社ガリマール(Gallimard)から出版される運びとなった。

 編集者のフレデリック・グロ(Frederic Gros)氏は、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を告発する
「#MeToo(私も)」運動の高まりを受け「この独創的な大作の出版にふさわしい時が訪れた」と説明した。

 フーコーが同書の執筆を開始したのは1980年代初頭。
フーコーはこの時既にAIDS(エイズ、後天性免疫不全症候群)を発症しており、その後1984年6月に亡くなった。

 同著ではまず始めに、アレクサンドリアの聖クレメンス(St Clement of Alexandria)や
ヒッポの聖アウグスティヌス(St Augustine of Hippo)といった初期キリスト教会の神学者らが
どのようにセクシュアリティー(性)を扱ってきたかを考察している。

 フーコーは通説に反し、初期のキリスト教は異教徒以上に性に関して厳格ではなく、
むしろ異教徒の哲学者らと比べかなり寛大だったと指摘。
「これらの(抑圧的な)原理はどういうわけか異教徒の慣行からキリスト教の思想や慣行へと広がった」とつづっている。

 グロ氏によると、フーコーは当初「性の歴史」を6巻に分けて出版するつもりだった。
だが発病により計画を変更。1984年の亡くなる数週間前に第2巻「快楽の活用(The Use of Pleasure)」、
第3巻「自己への配慮(The Care of The Self)」が出版された。(c)AFP

画像:仏哲学者のミシェル・フーコー
no title

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3161404

小説家になろう, ニュース・時事ネタ, 過去記事

ai_write
SF作家の藤井太洋さんと元S-Fマガジン編集長の今岡清さんが「AIが書いた小説は面白いのか?」というテーマで対談を行いました。
「小説家になろう」にも言及されています。

ニュース・時事ネタ, 過去記事

1: 名無しの読書家さん 2018/02/11(日) 07:03:17.20 _USER9
 図書館にはどこまで「装飾」が必要? 山口県周南市に新設される公立図書館の「アート書架」をめぐり、こんな議論が起こっている。図書館に足を運んでもらうための仕掛けか、税金の無駄づかいか――。

 2月3日にオープンした周南市立徳山駅前図書館は、レンタル大手のTSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が管理を代行している。いわゆる「ツタヤ図書館」で、全国5カ所目だ。スターバックスコーヒーやCCCが展開する蔦屋(つたや)書店も併設し、総事業費は約55億円。机などを含めた内装に8900万円をかけた。CCCには指定管理費として年間約1億5千万円が支払われる。

 新図書館で特に議論になったのが、空間の装飾だ。

 当初は「本に囲まれた空間」の…

残り:935文字/全文:1254文字
中身のない背表紙の装飾
no title

http://www.asahi.com/articles/ASL1Z5QZQL1ZUTIL03W.html

ニュース・時事ネタ, 過去記事

185438

1: 名無しの読書家さん 2018/02/11(日) 01:25:37.00 _USER9

政府は小説や音楽の著作権の保護期間を現行より20年長い「作者の死後70年」にする著作権法の改正案を今国会に提出する方針を10日までに固めた。没年が1970年の三島由紀夫や72年の川端康成ら昭和の文豪の作品の一部は数年内に著作権が切れてインターネットなどで無料公開できる見込みだったが、70年に延長されると先延ばしになる。

1970年に制定された現行の著作権法は「死後50年」で、改正されればおよそ半世紀ぶりとなる。

著作権の保護期間は1990年代に欧米の多くの国が「70年」に延ばしている。日本では「遺族を含めた著作権者の利益を守るべき」との主張がある一方、「過去の作品を広く社会が活用するために延長すべきでない」など反対論も強く、文学作品や音楽は「50年」のままだ。

例えば65年に死去した谷崎潤一郎や江戸川乱歩の作品は2015年から許諾なしでインターネットでの無料公開などが可能になった。

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉では米国の要求に応じ、保護期間を文学作品を含め死後70年以上に統一することで合意した。

トランプ政権となって米国が離脱した11カ国の交渉(TPP11)の合意内容では保護期間延長は一時棚上げになっている。だが経済協力開発機構(OECD)諸国の多くが死後70年としていることもあり、政府は3月8日にTPP11に署名した後、著作権法改正案を提出する予定。

成立した場合、TPP11の発効で施行する方向。2017年12月に交渉妥結した日欧の経済連携協定(EPA)の発効が先となれば、TPP11の発効前に施行する可能性もある。政府はいずれの協定も19年の発効を目指している。

映画(会社名作品)については03年の法改正で保護期間が「作品公表後50年」から「70年」に延長されている。

2018年2月10日 21:54
日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26794210Q8A210C1CR8000