絵本・詩歌・その他, 漫画

絵本・詩歌・その他, アニメ

1: 名無しの読者さん 2022/02/02(水) 07:31:56.87 ID:CAP_USER9
海老蔵『プペル歌舞伎』の大誤算…高額席が売れ残り、異例の値下げも敢行


「公演関係者に体調不良が確認されたことで、19日と千穐楽の20日の公演が中止に。21日から同会場で行われる予定だった海老蔵さんの企画公演『いぶき、』も中止になりました」(舞台関係者)

波乱の終幕となった市川海老蔵(44)による新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』。海老蔵も25日にブログで《ここ数日なかなか起きれませんでした》とつづるなど、相当ショックを受けている様子だった。


実は公演初日である1月3日、対照的な海老蔵の姿を本誌は目撃している。
終演後、東京・新橋演舞場の楽屋口から出演者でもある長女・ぼたん(10)と長男・勸玄(8)とともに現れた海老蔵。

サングラスをかけ、高級ブランドのダウンに身を包み、ファンの声援に「ありがとう!」と笑顔で応じて、車に乗り込んでいた。

千穐楽中止という“笑えない”事態にあった海老蔵だが、『プペル歌舞伎』に懸ける情熱は相当なものだったようだ。
「原作となったキングコングの西野亮廣さん(41)が手掛けた絵本に海老蔵さんがほれ込み、自ら歌舞伎化オファーを西野さんにしたそうです」(前出・舞台関係者)


実は、海老蔵にとって公演中止以上に衝撃的なことが起こっていたと、ある歌舞伎関係者はいう。

「空席が目立つ日もあったそうなんです。『プペル歌舞伎』のSS席の値段は3万円。歌舞伎座での通常公演の最も高い席の倍近い値段で、かなりの高額設定です。安い席は早々に完売しましたが、1万円以上の席の売れ行きが予想より伸びなかったと聞いています。海老蔵さんが出演する新橋演舞場での新春歌舞伎といえば、毎年チケット争奪戦になっていたので、驚きましたね……」


まさかの“売れ残り”に海老蔵サイドは苦渋の決断をくだす。

「あるチケット販売サイトでは、1万4千円のS席が、サイトの会員限定価格として1万2千円で販売されていたんです。歌舞伎座や新橋演舞場など、松竹直営の劇場で行われる歌舞伎公演で、値下げをすることはありません。しかし、『プペル歌舞伎』の主催者である実行委員会に松竹の名前はない。赤字が出た場合、海老蔵さんと西野さんサイドがかぶることになりますから、少しでもチケットの売り上げを伸ばすために値下げを敢行したのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)


全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/67517602af1efb896bd18ad2e5674fd418c21bff?page=1

絵本・詩歌・その他, アニメ



文学, ノンフィクション・エッセイ, 絵本・詩歌・その他

文学, ノンフィクション・エッセイ, 絵本・詩歌・その他

絵本・詩歌・その他, 出版業界, 漫画

1: 名無しの読者さん 2021/08/01(日) 23:52:32.953
そのサイトが潰れたら
今まで買った電子書籍がすべてパーになるじゃん
DL出来るならともかくDL出来ないサイトの方が多いし
危険すぎじゃね?

絵本・詩歌・その他, 出版業界

 

絵本・詩歌・その他, ニュース・時事ネタ

 

1: 名無しの読者さん 2021/07/20(火) 16:25:07.41 ID:CAP_USER9

 東京五輪・パラリンピック文化プログラムの「東京2020 NIPPONフェスティバル」に参加している絵本作家のぶみさんが、出演を辞退したことが分かった。イベント公式サイトで発表された。
サイトで「のぶみさんご本人のご意思により出演は辞退されました」と説明した。

のぶみさんは「東京2020 NIPPONフェスティバル」のひとつで、多様性や共生社会の実現をテーマにする「MAZEKOZEアイランドツアー」(8月22日午後4時から映像配信)内のアートワークショップに参加予定だった。

過去に著書やSNSなどで展開した持論や教員に対する言動について、インターネットを中心に問題視する声が挙がっていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/20/kiji/20210720s00041000381000c.html

絵本・詩歌・その他

1: 名無しの読者さん 2021/06/29(火) 18:21:06.94 ID:cTSfzLcE9

2021年06月29日 11時33分 公開
オカルト情報誌『ムー』、記事に誤りがあったと謝罪 取材した相手がなりすましだった
記事「漫画家『たつき諒』が富士山噴火を警告!!」に誤りがあったとしています。

[ねとらぼ]

オカルト情報誌『ムー』の編集部は6月28日、2021年7月号の記事に誤りがあったとして謝罪しました。


謝罪文

当該の記事「漫画家『たつき諒』が富士山噴火を警告!!」は、漫画家・たつき諒さんの作品『私が見た未来』の内容に基づいて、取材協力者を通じて作者と称した人物からコメントを得て作成。


2021年7月号(画像はAmazonから)

しかし記事掲載後に、取材協力者がやりとりしていた人物がたつきさん本人でないことが発覚したとしています。記事のコメントはたつきさん本人の発言ではなく、またたつき諒さんの許諾を得ずに『私が見た未来』の図版を使用したとして、同誌は謝罪。

「取材、編集の過程でご本人確認に不備があり、たつき諒先生、読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」(ムー編集部)

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2106/29/news083_0.html

文学, ノンフィクション・エッセイ, 絵本・詩歌・その他