その他のジャンル

その他のジャンル

文学, その他のジャンル

1: 名無しの読者さん 2009/12/14(月) 08:34:53
読書を良くする人に薦められる本は難しくてよくわかんないから、あんまり本を読まない人同士で
出会った良書を紹介し合いましょう。
私が最近読んだ本は斎藤孝って人の『<貧乏>のススメ』って本
わかりやすく貧乏の怖さ楽しさ心構えを教えてくれる本です。


文学, その他のジャンル

1: 名無しの読者さん 2019/05/29(水) 22:29:12.16

ボストンコンサルティング社長として名を馳せたビジネス界きっての読書家が、どう読書と向き合ってきたか、何を得てきたか、どう活かしてきたかを縦横無尽に語り尽くす。
自分を高める教養と洞察力が身につき、本を武器に一生を楽しむ、トップ1%が実践する『できる人の読書術』を説き明かす。

読書には時間がかかる。
デジタルネイティブでなくても、インターネットに慣れていると、読書を非効率的に感じる人が多いのもわかる気がする。
しかし、それは近視眼的なのである。

古典に慣れ親しんで学び、巨人の肩に乗るのは、むしろ効率的なのだ。
過去の先達が人生をかけて、苦労して結晶化した知識をわずか4~5時間で学べるのだから、こんなにありがたくて狡い話は、実はないのである。

 ネットでも知識は得られる。
 けれど、そこで得られる知識は玉石混淆だ。
 他人の受け売りもあれば、明らかに誤ったものも多く含まれる。
 ネットでの情報発信は、誰でも好き勝手にできるからだ。

 その点、書籍は誰でも自由に出すわけにいかない(自費出版などの例外は脇に置く)。
 出版社と編集者が「これはより多くの人に知ってもらいたい内容だ」と評価したものだけが、書籍化されて日の目を見る。

 すべての本に読む価値があるとは限らない。
 しかし、少なくともネット上で自由に発信されている情報や知識よりは、価値があるものに出会える確率は高いと考えて間違いない。

なかでも「古典」と称される書物の存在は、この上なくありがたい。
高い価値を多くの人びとに認められて長年の風雪に耐え、時代を超えて伝えられてきた古典には、普遍的な価値があり、私たちに巨人の肩を惜しみなく提供してくれる。
そして、古典の作者は、例学なくそれ以前に学んでいる。それは17世紀の科学革命の後も、営々と続けられている。

たとえば、20世紀を代表するドイツの哲学者マルティン・ハイデッカーは、同じくドイツの哲学者であるフッサール、ヘーゲル、カントらの古典を学び、独特の哲学を編み出した。
2018年に亡くなった物理学者のスティーヴン・ホーキング博士は、ニュートン、アインシュタイン、プランクといった偉大な物理学者の古典的な研究を踏まえて、宇宙の謎に挑もうとした。

人類が紡いできた知は、古典が古典に学ぶハイレベルなディープラーニングの反復によって、少しずつ形作られてきた。

ビジネスパーソンでも、古典を含む読書でディープラーニングを繰り返すと、AIと共存共栄できるだけの知恵と教養と洞察力が体得できる。
インターネット全盛時代だからこそ、活字でディープラーニングできる人材の希少性は高まるのだ。

5/29(水) 6:00配信 ダイヤモンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00203803-diamond-soci

写真
no title

その他のジャンル

1: 名無しの読者さん 19/05/12(日)00:36:56 ID:4l7
胡散臭すぎない?

その他のジャンル

1: 名無しの読者さん 2019/05/21(火) 20:58:27.20 ID:t89QZrhj0

カント「汝の意思の格率が常に同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」

ニーチェ「未来と、最も遠いこととが、君の「今日」の原因であれ。君の友の内部に、君は君の原因としての超人を愛さねばならぬ」

キルゲゴール「人間とは精神である。しかし、精神とは何であるか。精神とは自己である。しかし、自己とは何であるか。自己とは、一つの関係、その関係それ自身に関係する関係である。
あるいは、その関係において、その関係がそれ自身に関係するということ、そのことである。
自己とは関係そのものではなくして、関係がそれ自身に関係するということなのである。 」

彡(゚)(゚)「…ラノベでも読むか」

その他のジャンル

その他のジャンル

1: 名無しの読者さん 2019/05/23(木) 00:07:01.22

うれしいことがあったとき、自然と私は空を見上げます。

悲しいことがあったときも、ふと目のはしに飛び込んできた水色に心を助けてもらったりもします。

私がうれしくても、悲しくても、笑っていても、泣いていても、ぼーっとしていても、いつも空はそこにいて、干渉はしてこないけど、あたたかさで包みこんでくれています。

でも、空がなにものなのか、私にはわかりません。

どんなときも同じあたたかさで見守っていてくれるのかと思ったら、そうではないときもあります。

というのは、空は見ている人の心によって、その時の気持ちによって、まったく姿を変えてしまうと思うということです。
同じ空って二度とないのに、さらに人によってフィルターのかかり方も変わってしまうとなると、不思議な感じがします。
みんなと同じ空を見ながら、私だけの空を見ている。
なんだか空は素敵だな、と。

というわけで、サイリウムカラーは水色とオレンジで空と朝焼けの色にします。

http://blog.nogizaka46.com/fourth/smph/2019/05/050803.php?cp=540