心理カウンセラー「ラノベ・アニメは中高生向けという建前とは裏腹に、30代がメインターゲットとなっています」

30代おっさん「うおおおラノベ最高!異世界転生おもしれええ!!」 中高生「何が面白いのこれ?キモいし幼稚すぎて無理」

1: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:38:33.807

実はこういうことらしい

転生ラノベやアニメのブームの中心層は30代だった
https://news.yahoo.co.jp/byline/iotatatsunari/20190326-00119690/

アニメ・ライトノベルのジャンルで「転生もの」「異世界もの」が大人気となっています。

一度死んだ主人公が、まったく違う世界で生を得て大活躍するというストーリー。ヒットの裏には、業界の事情、時代の変化が見てとれます。

転生したら島耕作だった?
この春、マンガ雑誌「イブニング」(講談社)誌上において、ある作品が話題となっています。それが「転生したら島耕作だった件」。これは国民的マンガ「島耕作」シリーズと、「転生したらスライムだった件」という作品のコラボ企画です。

「転生したらスライムだった件」とは、小説投稿サイト「小説家になろう」をきっかけにライトノベル化、マンガ化、アニメ化されている、超ヒットコンテンツ。

ストーリーは、通り魔に刺されて死んだ会社員の主人公が、異世界の洞窟でなんとスライムとして生まれ変わる、というもの。「転生したら島耕作だった件」は、主人公が生まれ変わったら37歳の島耕作だった、という設定で展開されるスピンオフ企画です。

35年の長きにわたって連載している「島耕作シリーズ」と肩を並べる形となった「転生したらスライムだった件」以外にも、現在、ライトノベル・マンガ・アニメのジャンルで「転生もの」がひとつのブームとなっています。

ヒット作は「転生もの」だらけ
ライトノベル作家への登竜門ともなっている「小説家になろう」において、「転生したらスライムだった件」に抜かれるまで長らく累計人気ランキング1位を保ってきた「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」も、アニメ化が決定。関東近郊のJRの駅構内に大判ポスターが掲出され、話題となりました。

その他、「この素晴らしい世界に祝福を!」や「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」など、数え上げればキリがありません。

ではなぜ、これほどまでに「転生もの」がウケているのでしょうか? ヒットコンテンツには、時代の空気が反映されます。もちろん、「転生ブーム」も例外ではありません。

読んでいるのはオトナ男子
まず、業界の前提として、ライトノベル・アニメを支持する購買層は、男性が大半を占めています。しかも「中高生向け」という建前とは裏腹に、その年齢は年々上がり、今では30代がメインターゲットとなっています。

男性向けのライトノベル・アニメといえば、以前は「冴えない中高生男子が、ある日突然美少女たちに囲まれた学園生活を送るようになる」という設定が定番でした。

ですが現在は、読者たちも大人になり、サラリーマンとして働くように。取り巻く現実世界はより厳しいものになっています。

「転生もの」の、サラリーマンの主人公が殺されて生まれ変わるという設定には、「いまの環境はどうやっても打開するのは難しい無理ゲー」「いっそのことリセットさせてくれ。そうすれば自分は活躍できるはず」という心理が見て取れます。

”生まれ変わり”は本来女性にウケる
さらに言うと、そもそも「冴えない日常が、ある日突然バラ色のモノになる」「普通だった自分が、可能性を見出されて花開く」というのは、女性向けのマンガ・ドラマの定番設定でした。

古いおとぎ話からディズニーアニメ作品にいたるまで一貫して強調され続け、すり込まれている変身願望は「シンデレラコンプレックス」とも称されます。

そういった意味で「転生もの」は「生まれ変わる」という点で、女性ウケもいいはず。新たな読者を取り込みたい業界にとっても追い風になっていることでしょう。

少年ジャンプに共感できない男もいる
マンガによって男性にすり込まれている心理と言えば、少年ジャンプの「友情・勝利・努力」があります。

しかし時代は変わりました。当たり前ですが、すべての男の子がヒーローになれるわけではありません。オトナになり、暗い現実にうちひしがれた男たちは、もう、少年ジャンプの世界に共感できない。

それでも諦めてしまったわけではなく、環境さえ変われば自分はやれる。と、思いたい。その願望も「転生もの」に反映されています。

実際、主人公たちは転生した先では、文字通り生まれ変わったように、生前の記憶とスキルを活かして大活躍します。その様子は、まさに「友情・努力・勝利」を地でいくものです。

男からも女からもウケるファンタジー
「いいオトナが、子どもが読むようなものを読むなんて」「そんなの現実逃避に過ぎない」と批判する声もあるでしょう。

しかし、そうやってひととき空想の世界に浸って、現実を生きるためのエネルギーを充填することこそ、ファンタジー・物語の揺るぎない効用です。

大きくなってようやく現実を見始めた男の子からも、早くからクールに世の中を見ていた女の子からも支持されるファンタジー、それこそが「転生もの」だと言えるでしょう。

五百田達成
作家・心理カウンセラー
シリーズ60万部「察しない男 説明しない女」「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」「話し方で損する人 得する人」。角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「男女コミュニケーション」「生まれ順性格分析」「ことばと心理」「伝え方とSNS」などをテーマに執筆。米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。

出典 アニメ界の「転生ブーム」は、年齢の壁・ジェンダーの垣根を越えるか。(五百田達成) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

5: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:41:13.291
異世界ものは現実逃避にちょうどいいぞ

 

6: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:41:28.122
若者は転生しなくても将来があるじゃん
将来がない奴しか転生なんて望まない

 

7: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:44:34.361
おっさんでも理解しづらいしオタクの好みがガラパゴスすぎるわ

 

9: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:48:09.294
勘違いして欲しくないのはラノベを読むおっさんはおっさんの中でも駄目なおっさんだからな
全ての30代おっさんが読むわけじゃないかんな

 

10: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:48:22.019
50位のおっさんが本屋でなろう系のコーナー物色してるのよく見るよ

 

12: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:50:29.015
オタクが若者の文化だと勘違いしてるキッズは現実見たほうがいい
ド底辺で万年金欠のおっさんでも購買力は中高生より上
人生終わったおじさんの現実逃避先としてアニメやラノベがあるのであって
厨房の妄想の受け皿として存在してるわけじゃない

 

13: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:50:51.797
それだけこの国のおっさんには未来がないんだよイワセンナ(*^Д^*)ハズカシイ

 

14: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:51:46.995
こういう世代分けって意味あるのか

 

15: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:53:52.519
クソクソ言われてても1000枚ちかくは売れてそれ以下はたくさんでてくるし

 

16: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 17:54:30.427
現実社会に落胆や絶望が無きゃダンプで弾かれて異世界転生とか受け入れられる訳が無いよな

 

17: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:03:52.049
見てるか?ガキが読んでるとか言ってたやつ
違うよキッズより頭悪いおっさんだよ

 

18: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:08:30.880
ガキはネットで馬鹿にされるのにビビって読めないだろうな

 

19: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:09:18.392
俺は40のおっさんだがどんなやつが読んでるか前から見えてる
20過ぎてけいおんブームやまとブロブーム直撃世代、日常萌えで育って頭が幼稚なままオタクカルチャーを認識してる層
日常系やまとブロにも飽きてまとブロの様に気軽に読みながら脳死で現実逃避できるなろう系に行ったやつらだ

 

21: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:12:12.551
異世界ものはそうだろうけど
普通のラノベは10代中心だと思ってる

 

23: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:13:56.459
VIPだと日常系で止まってそのまま取り残されてるやつらも多いがVIPはアフィ嫌いたからそこがネック
なろうの長文タイトルはラノベからじゃなくてまとめブログの2chのスレタイから派生してる
長文タイトルにすんなり入れるかどうかもここらへん

 

26: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:22:16.964
30代を過ぎると未来が無いからな
昔だったら無能は役場で働かされたけどな

 

27: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:22:39.897
転移はまだしも転生は人生リセットしてやり直したい感が出すぎている

 

29: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:25:24.766
最近はどうだかしらねーけど
なろうは斬新!って活動が顕著だった頃思い返すと
90年代あたりの文脈が抜け落ちてたあたり人口比って訳でもないと思うよ

 

31: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:45:13.725
日常系もそうだったけど
大抵の無駄に起伏つける展開に飽きたり疲れたりしてだらっと楽しむ層と
それを新鮮なものとしてとして楽しむ層がいるって前提抜け落ちるよね

 

33: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 18:47:01.982
電車で人のタブレットとかスマホとか盗み見するのが好きな俺の印象ではむしろ40台以上のほうが多い

 

34: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 19:09:31.941
単純にサブカル中毒なんだろうなと思う
そのうちタバコとか酒と同じように依存性が問題視されるかもしれん

 

35: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 19:15:49.631
サブカル要素なんぞどこにもないがな
まんま水商売の営業トーク

 

36: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 19:17:14.825
購買層は大抵が30代じゃね

 

37: 名無しの読者さん 2019/04/01(月) 19:18:03.436
25過ぎてアニメやラノベはマジで痛いと思う
正直23~25でもちょっと引く

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1554107913/

 

 


勝ち組はどういう趣味持ってるんでしょうね。熱帯魚とかでしょうか。(適当)

関連記事
なろうアニメ『転生したらスライムだった件』第2期制作決定
なろう小説『無職転生』アニメ化企画進行中
異世界転生の主人公ってなんで元の世界に未練ないの?