世間で評価されているものがわからないのはクリエイターとして未熟?

 

※『巨人の星』について言ったようです。

 小学館の青年向けマンガ雑誌『ビッグコミックスペリオール』で、ちょっと変わったマンガの連載が始まったのを皆さん、ご存知でしょうか? その名も『チェイサー』。“漫画の神”を追う男とは?!、というキャッチフレーズのとおり、主人公は手塚治虫……ではなく、手塚治虫を『マネする』男!
戦記マンガを得意ジャンルとし、3本の連載を抱え、……そしてなぜか、何かと手塚治虫の行動を“マネ”してしまうという漫画家・海徳光市を通して、“手塚治虫”を描く!? という挑戦作。今月の虫ん坊では、作者のコージィ城倉さんにお話を伺い、今後の見所や作品にかける意欲、さらにはご自身の「手塚治虫愛」について語っていただきました!

●主人公は『手塚治虫』!

——城倉さんというと、『砂漠の野球部』や『おれはキャプテン』、また、別ペンネームの森高夕次として原作を提供されている『グラゼニ』というように、野球漫画にお強いイメージがありますが、今回は手塚治虫という漫画家をテーマにされていますが、着想のきっかけを教えて下さい。

城倉:  漫画家ならきっと、多くの人がそうだと思うのですが、手塚治虫という漫画家の存在には、何らかの興味があると思うんです。僕は竹内オサムさんや、中野晴行さん、夏目房之介さんなど、多くの漫画研究者が出しているいわゆる「手塚本」を読むのが、以前から大好きだったんです。
あれほどの本が出るということは、皆さんが手塚治虫という人物を研究対象として意義深い、と考えているんだと思うのですが、それを超えても、人柄ひとつ、行動ひとつとってもたくさんのエピソードがあって、ご自身そのものがネタの宝庫というか。

こんな漫画家は他にはいないと思うんですよ。もちろん、トキワ荘出身の諸先生方や、僕も大好きな梶原一騎先生にも、破天荒なエピソードがたくさんありますが、逸話の面白さ、数ともに群を抜いています。そんな、いわゆる「手塚本」をいっぱい読んでいるうちに、こういう作品を書きたくなってしまって。
もう一つ、手塚治虫の才能の「ものすごさ」を伝える本って、活字ではたくさん出ているのに、漫画ではまだまだ出ていないと思っていて。手塚作品のリメイクは何作品か描かれています。ですが、それは手塚治虫の凄さそのものについて描かれているわけではもちろんありません。宮本克さんと吉本浩二さんによる『ブラック・ジャック創作秘話』が「この漫画がすごい!大賞」に選ばれてヒットしましたが、この作品はノンフィクション作品です。フィクションの漫画という形式をとって迫っていく、というジャンルはまだ無いと思うんです。

——城倉さんは、梶原一騎を尊敬し、「梶原派」を自認されている、と伺っていましたので、てっきり、アンチ手塚治虫なのかと心配していました。

城倉:  確かに僕が生まれてはじめて買った単行本は『巨人の星』で、それ以来ずっと梶原一騎の大ファンですが、もちろんそんなことは全くありません! むしろ、梶原一騎の『巨人の星』を、かの手塚治虫が、「これのどこが面白いのか、説明してください!」と言ってアシスタントに意見を迫った、というようなエピソードで、手塚先生の人物像に、より興味を持ちました。ああいうエピソードはわくわくしますね。  僕は、現在の日本の漫画の出版形態だったり、ノウハウやいろいろなものを作り上げたのは、やっぱり二大巨頭である手塚治虫と、梶原一騎だと思っていますからね。

虫ん坊 2012年10月号(127):TezukaOsamu.net(JP)

 

 

 

 

 

 

 


最近ヒットした映画の中では『ボヘミアン・ラプソディ』の良さがわからなくて、この感性では不味いんじゃないかとちょっと悩みました。
『風立ちぬ』は黒川さんのキャラが好きです。

関連記事
クリエイター「作品がつまらない?ほならね、自分が作ってみろって話でしょ?」
映画や小説で「ホットスタートが嫌い」とか言ってた奴が案の定なろう脳だった話
なろう主人公「俺また何かやっちゃいましたか?」おんj民「きっしょ」

漫画

Posted by yomisoku