ラノベで「共和国」に王族が出てくる件

 

 

 

 

 

「共和国」とは

共和国とは、リパブリック(Republic)の訳語。君主を頂かず国民全体によって国家が所有されている国家形態を指す。民主主義を採ることが多いが実質は独裁政治であっても建前として、国名としては共和国を名乗る場合も多い。(例・中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、ジンバブエ等)

古代ローマの「レース・プーブリカ」(Res Publica)を由来とする。これはラテン語で「公のこと」を意味する。共和制も参照。

フィクションではしばしば「王国」「帝国」と対峙する存在として描かれるほか(『王立宇宙軍』『ZOIDS』など)、古代ローマをモチーフに「共和国」が変化した姿が「帝国」であると描かれることもある(『STARWARS』など)。

現在、正式な国名に「共和国」の付く国は少なくないが、略称としてはその前の部分が使われることが多い(ex.フランス共和国)。一方で共和国の国民が自国を指す際に「共和国」の語を使うことも珍しくない。

出典 【ピクシブ百科事典】

 


作品内の歴史・政治は作者の自由ですが、共和国という言葉の意味を完全に無視して字面や音の響きだけ借りるのはさすがにどうかと思います。

関連記事
なろうの「中世ヨーロッパ風」、あれ実は近世だよな
素人が趣味で書いてる小説に「もっと調べろ」とかケチつける奴なんなの?
バカ「ラノベはゴミしかない、読んでる奴は頭悪い」←転生したらスライムだった件とか盾の勇者の成り上がり読んでから言えよ
なろう系は主人公を作者と同等の知性にして、その世界の人間全員自分よりもバカにするくらいでちょうどいい